総量規制対象外のフリーローンとは?

最初から総量規制対象外の借入をしたいのなら、銀行融資の目的ローン、フリーローンなどになります。

目的ローンとは、借入目的が決まっている住宅ローン、自動車ローン、教育ローンなどですが、フリーローンは原則使用目的が自由です。年収と信用情報を保証会社で審査をして、審査通過で一度に限度額が借入できる内容です。

返済専用のローン

フリーローンはローンカードがあり、キャッシングとは違います。一度借りたとして、あとは返済のみです。追加の借入もできないですから、追加融資であれば新たに借入をすることが必要です。

フリーローンの特徴としては銀行系では総量規制対象外ですが、一応審査は厳しい内容が多いです。既に大手消費者金融カードローンを利用していたり、銀行カードローンで借入ができないから、フリーローンの申込では審査通過はないでしょう。

中小消費者金融にもフリーローンってあるけれど

中小消費者金融のフリーローンは、銀行系フリーローンとは少し違います。

中小消費者金融の借り方としては、カードローンのように限度額が設定されるものではなく、申し込みに対して借りれるというものです。ですから、中小消費者金融のフリーローンも一度借りたら返済専用のキャッシングであり、銀行系フリーローンと内容は同じです。

ただ、限度額が総量規制対象内であり、自身の年収3分の一以上の借入ができないです。中小消費者金融のフリーローンとは、大手消費者金融などの限度額があるカードローンに対しての言葉です。

まとめローンについて

中小消費者金融は貸金業法の借入ですから、原則は総量規制のキャッシングです。ただし、大手消費者金融同様にまとめローンも存在しています。

高金利の中小消費者金融ですが、まとまった金額になれば貸金業法の規則によって低金利のキャッシングができます。大手消費者金融よりも審査が甘いので、多重債務者で総量規制以上のまとめローンの可能性を中小消費者金融に求めることもできます。

金額が多いほど低金利になるはずですが、大手消費者金融よりは高い金利になってしまうことは多いです。また、いたずらに返済期間を伸ばす中小消費者金融もあり、まとめローンは簡単に契約ができたと喜んでいると、総返済額がとても多い場合もあります。

ただ、中小消費者金融のまとめローンでは、途中返済も繰り上げ返済大歓迎のところもあります。親身になって融資相談、返済計画を練ってくれる中小消費者金融もありますので、総量規制以上のまとめローンの借入を本気で考えている方には、オススメの場合もあります。

しかし、総量規制以上の借入をしている、これからの返済が正直言ってできないのであれば、無理してまとめローンではなく債務整理の道も検討してください。