総量規制対象外のキャッシングができる専業主婦とは?

総量規制は申込者の年収をもとに限度額を決める制度です。貸金業法の消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠では、年収の3分の一以内の限度額設定が決まっています。

ですから、年収が少ない場合は限度額も少ない。そして、無職の場合は年収が0円申告ですから、借入ができないです。

総量規制対象外なら借りれる

それが、貸金業法ではない銀行カードローンの審査です。銀行カードローンでは貸金業法ではなく、銀行法の審査です。保証会社が別にあり審査が決まるのですが、銀行法には総量規制はありません。限度額に関しては、それぞれの銀行で決定されることになります。

無職の場合は、さすがに借入ができないです。職業なしで収入なしでは銀行法でも対応できないですが、専業主婦だけは借りれることがあります。

専業主婦契約の銀行カードローン

現在、多くの銀行カードローンでは収入0円の専業主婦は、低い限度額で借入ができます。まさに総量規制対象外のキャッシングができます。問題になるのは、本人の信用情報のみです。

一応配偶者に収入がある方限定ですが、収入証明書の提出もないです。婚姻証明も必要ないので、専業主婦は信用情報で問題がないと、最高50万円程度の借入ができます。銀行カードローンだけの措置であり、消費者金融では専業主婦契約の借入はできないです。

配偶者貸付の場合

ただし、大手消費者金融以外の中小消費者金融や街金と言われる貸金業者では、配偶者貸付の形で専業主婦もキャッシングができる場合があります。

こちらは、配偶者の総量規制範囲内が条件であり、総量規制対象外は専業主婦の枠だけです。配偶者の残っている総量規制範囲内のキャッシングになりますから、同意書と婚姻関係の証明書、配偶者の収入証明書なども必要になります。

配偶者の個人信用情報機関の内容も審査対象になります。厳密には総量規制は大きく関係しますが、お金を借りたい専業主婦の総量規制は無関係と言うことになります。

実は配偶者貸付は、夫婦の収入を合わせて2人が共通の総量規制範囲内のキャッシングということになります。ですから、専業主婦も少しだけ収入がある場合は、総量規制の範囲が広がることがあります。

銀行系カードローン審査落ちの専業主婦へ

中小消費者金融の配偶者貸付のキャッシングは、総量規制対象外の銀行カードローンの審査に通らない方向けの商品です。配偶者がキャッシングをしていたり、金融事故がある場合は借入ができないです。

収入がない専業主婦だけの特権とされていますが、審査上では、多くの限度額の設定はしないです。返すのは本人ではなく、原則配偶者の収入からと言うことになります。

単なる無職では総量規制もないのですが、専業主婦だけはキャッシングができる機会があります。