銀行カードローンなら総量規制対象外

キャッシングやカードローンの話題では、総量規制の言葉が出てきます。総量規制以上は借りれないとか、総量規制範囲内の借入しかできないというものです。

ところで、この総量規制とは何のことでしょう?

総量規制とは?

貸金業法のキャッシングに関する利用限度額のことです。

貸金業法とは、消費者金融とクレジットカードのキャッシング枠の限度額です。総量規制の額は、年収3分の一以内です。300万円の年収なら100万円が総量規制です。銀行カードローン、カーローン、教育ローンなどは総量規制は関係ないです。

消費者金融の限度額は、多重債務でも合算されることになります。借金の貸し借りはすべて個人信用情報機関に記録するのですが、貸金業法内での記録では総量規制範囲内での借入しかできないと言うことになります。

ですから、銀行カードローンのキャッシングは総量規制対象外であり、消費者金融の限度額には含まれないです。

総量規制対象外のキャッシングなら

それなら、最初から銀行カードローンに申し込みをしたらよいでしょう。消費者金融で総量規制になってしまったら、銀行カードローンに鞍替えしたら良いこと。

しかし、大手消費者金融カードローンなどで借入がおおいと、銀行カードローンの審査が通らない場合が多いです。総量規制範囲内ではないけれど、多重債務者、借入金が多い銀行カードローンの申し込みでは、新たなキャッシングができない場合が多いです。

限度額が大きいとされる銀行カードローンですが、消費者金融の借金が大きい場合の審査では借入ができないと思ったほうが良いでしょう。

多く借りたいと感じたら

キャッシングの最初で銀行カードローンの選択をすることです。消費者金融系カードローンでは、総量規制で決まってしまいます。それなら、消費者金融には行かず、銀行カードローンの選択をすることで、とりあえず総量規制以上の限度額のキャッシングができます。

専業主婦は、無職ですが銀行カードローンの借入ができますが、消費者金融の申し込みすらできないです。総量規制の関係から年収が0円ですから、当然の対応です(配偶者貸付は例外)。

銀行カードローンの総量規制対象外のカードローン、キャッシングしかできないです。銀行カードローンの審査は多少厳しさはありますが、貸付金利も低くいです。即日融資はできないのですが、返済負担を考えると銀行カードローンの方がお得になります。

そして、銀行カードローン審査通過であれば、あとで消費者金融の審査も通らないことはないです。これは、審査基準が消費者金融の方が甘く、銀行カードローンの借入以外での総量規制範囲内の限度額が設定されることもあります。

したがって、総量規制を意識をするのなら、まずは銀行カードローンの申し込みがベストです。