高齢者がお金に困ったときの救いの手はドコにある?


今の世の中、高齢者が土地や建物などの資産を持って貯蓄も豊富で、若者にはお金が流れない状態になっていると言われています。

しかしながら、そうは言っても結局はケースバイケースです。若い世代でも大金を持っている人はいますし、高齢者でも自己破産者などもいますし、まったくお金がなく苦しんでいる人はいます。そのために、年金生活を送る66歳などの高齢者が今日明日の生活費に困ったり、急な予定外の出費で困っている人もいるものです。

このような場合、多くの人は年齢がネックとなって、どこの会社からも借りられないと考えている人が多いのではないでしょうか。たしかに、現役世代として会社勤務をしているような人に比べればネックとなってしまうこともありますが、66歳であっても貸してくれる会社もあることは覚えておきましょう。

もちろんすべての会社とは言えませんが、66歳が借りれる中小企業消費者金融もあることだけは忘れてはいけません。お金を貸してくれる企業といえば、大企業であるプロミスなどの大手消費者金融会社を思い浮かべますが、大手企業があるということは中小企業もあるのです。これらの中小企業消費者金融は大手と比較して審査が甘い部分もあります。

さらに、そもそも論として、高齢者であっても年金という収入があれば信用度はかなり高いのです。業者によっては、下手な企業の給料収入よりも公的な制度である年金収入のほうが信用度が高いと考えているケースもあります。給与はあくまでも民間企業が支払うものですから、経済情勢によって変動がありますが、年金は日本政府の保証付きです。数十年後などを考えれば減額などの可能性もあると言われていますが、とりあえず今現在はそのような心配もなく2カ月に1度きちんと定額が振り込まれます。

そのため、このような収入がある人は、たとえ66歳以上や70歳以上であったとしても、希望するお金を即座に貸してもらえる可能性があるのです。何かの事情で急遽お金が必要になったときには無理をすることなく、こうしたサービスをうまく使ってハードルを乗り越えることを考えておきたいものです。

孫が生まれて大喜び!でも意外にお金がかかる現実を救ってくれる金融業者


結婚して子供が生まれ、やがてその子供が成人すれば親としての責任は果たしたこととなり、晴れて自由の身です。しかし、そのあとはお孫さんが生まれるなど新たな変化もあります。子育てを苦労しておこなったからこそ、目に入れても痛くないカワイイ孫に会えるわけですが、この孫が生まれたときには幸せでいっぱいなものの、同時に金銭面での負担も大きくなってしまうことがあります。

実際、年金をもらうような年齢になっても、パートやアルバイトなどをしている人は多いものですが、その多くが自分の生活のためではなく孫にかかるお金のためというケースなのです。誕生日やクリスマスにはおもちゃを買ってあげたいものですし、入園や卒園、入学や卒業といった節目のお祝いもありますし、七五三やランドセルの購入などもあります。お年玉などもそうです。このようになんだかんだでお金が出ていくこととなり、場合によっては大きなお金になることもあります。

また、お子さんがお父さんお母さんになっても子育てをおこなう際の経済的な負担が大きいことから、これをフォローしてあげている祖父母も多いです。そうなると、さらに大きなお金が出ていくこととなり、とても年金やアルバイトだけでは賄えないこともあります。

このようなとき、払わないという選択肢もありますが、お子さんやお孫さんのために払いたい気持ちがあることから、お金を借りてでも工面する人もいます。しかしながら、このときに自分が66歳以上などの場合には業者からの信用がないためにお金を借りられないのではないかと考えてしまう人も多いです。

たしかに、若い世代などの現役世代に比べて信用度が落ちるようなイメージがありますが、高齢者に優しい金融業者、つまりは66歳が借りれる中小企業消費者金融があるのです。大手消費者金融会社となればハードルもやや高めになってしまいますが、規模が中小の消費者金融ならば高齢者や後期高齢者でもお金を貸してくれる可能性があります。そのため、どうしても必要なお金があるのであれば、こうした業者に相談してみて、必要額を用意してもらうようにしましょう。

予期せぬ事故やトラブルで賠償金?中高年が金策に困った際の解決策


人間年齢を重ねていくことで体力が衰え、注意力も散漫になります。そのため、たとえば自動車を運転しながら事故を起こしてしまうなど、予期せぬトラブルを抱えてしまうこともあります。

さらに自動車だけではなく自転車でも同じですし、仕事先で大問題を起こしてしまうこともあります。また、自分が被害者側になってけがをしてしまうこともありますし、それこそ自宅の階段でケガをするようなこともあります。

このような場合、社会的な責任を負うか自らの責任において医療費を支出するような事態になりますが、医療保険もなく預貯金もないギリギリの生活の場合にはかなり大きな負担となります。このような事態に備えてお金を用意しておきたいものですが、それぞれの事情があってそれができないこともあるわけです。

しかしながら、支出が必要なのはすでに決まっているわけですから、どうにかしてお金を工面しなければなりません。お子さんなどがいれば頼れるかもしれませんが、お子さんがいたとしても親の心情として頼れないケースも多いです。そのため、このような事態で困ったときにはお金を借りるということも選択肢のひとつとして考えておきましょう。

どこから借りるのかといえば、キャッシング会社や消費者金融会社などの金融業者です。こうした会社から借りる場合には保証人や担保は要りません。また、たとえ相手が家族であっても借入している事実は秘密にしてくれますので、誰にも知られずに、尚且つ誰にも迷惑をかけずにお金を用意できるのです。

しかし、借りる際には審査があるために、これをネックに考えてしまう人も多いです。若い人ならまだしも、66歳を超えて年金をもらうような年齢になっていると、その年齢をマイナスにとらえて審査など受かるはずがないと考えてしまう人も多いです。ですが、それは誤解です。たとえ66歳を超えるような高齢者であってもお金を貸してくれる会社はたくさんあるのです。

そのため、勝手に諦めずにまずは相談しましょう。特に66歳が借りれる中小企業消費者金融は要注目の存在です。大手ではなく、あえて中小企業の消費者金融を狙うことでその可能性が高まるために、お金に困ったときには話を聞いてもらいましょう。

現役世代をリタイアした高齢者が借金は不可能?その解決方法を伝授


人間、学生を卒業して社会人になれば、基本的には就職もしくは起業するなどして仕事をします。それによって、得る収入や給料をもとに生活していくためです。

このような働いている世代を現役世代と呼びますが、それに比較するようにリタイア世代と呼ばれる世代もあります。それは高齢者と呼ばれるような年代の方たちです。このような年齢の収入源は日本の場合には年金があります。公的な制度なので、そのルールの変化こそあれど支払ってきた人にはきちんと相応の額が払われます。

そのため、このようなお金をもとに生活をしていくわけですが、このような年齢を迎えてしまったときによきせぬ出費があって困る人もいるはずです。つつましい生活をしていたものの、予期せぬ出費があり、お金を借りたいような場合です。これが、現役世代であれば消費者金融や銀行カードローン、キャッシング会社などに迷うことなく申し込みをおこなうものですが、リタイア組となると躊躇してしまう人も多いはずです。

たしかに年金生活者となると信用されないような気がして、申し込みたいほどの事情があっても躊躇してしまうこともありますが、それは誤解だと考えておきましょう。なぜなら、たとえ現役世代ではなくても、年金という安定収入があるために信用してくれる業者はたくさんあるのです。

国内には銀行がおこなう銀行系カードローンもありますし、ノンバンクの信販会社のクレジットカードによるキャッシングサービスや消費者金融などがおこなうカードローンサービスなどがありますが、その中にはたとえ年金生活者であっても問題なくお金を融資するとの決断を下してくれる会社があるのです。そのため、簡単に諦めずに貸してくれる会社を探しましょう。

特に覚えておきたいのが、66歳が借りれる中小企業消費者金融です。消費者金融は審査も甘いと言われますが、中でも大手ではない中小規模の消費者金融は親身になってくれます。そのため、66歳以上などの高齢者であっても融通をきかせてくれる場合が多いので、こうした規模の消費者金融に相談してみましょう。

収入が年金のみの高齢者はキャッシング会社から借金可能なのか?


高齢者と呼ばれる年代になれば、その収入は会社から得るのではなく国から得るようになります。年金による生活です。このようなお金をもらうために、現役時代に少しずつお金を納めてきたわけですから、遠慮なく受け取って人生の後半戦を謳歌するべきですが、この年金だけでは生活が成り立たない人もいます。また、生活は年金でどうにかなっても、それ以外に生じた予定外の出費によってお金が足りなくなる人もいるものです。

このような場合に頭を抱えてしまう人も意外に多いものです。若いころであれば、会社からの安定収入があったために銀行カードローンや消費者金融などのキャッシングを利用していたものの、さすがに年金しか収入がないとなれば審査も通らないだろうと考えて、お金を借りたい気持ちはあっても行動に移せない人も多いのです。

しかし、これは勝手な固定概念と言わざるを得ません。66歳以上などの高齢者であっても年金という安定収入があるのです。また、このようなお金は日本政府が責任をもって払っているお金ですから、支払いが急にとまってしまったり、払われない月があるというようなことは基本的にありません。そのため、必ず入ってくるお金ということになり、逆にそれが信用につながることもあり、審査を余裕で通してくれる会社もあるのです。

だからこそ、このような固定概念を捨ててお金をキャッシング会社やカードローン会社などから借りることも考えてみましょう。無駄なお金を使うということであれば、下手に手を出さないほうがいいのですが、どうしても必要なお金であれば借りてでも用意したいわけですから、66歳以上の年齢であっても問題なく融資してくれる会社を頼りましょう。

特に、大手の企業ではなく賃金業者の中でも中小企業の部類に入る消費者金融は、審査がスムーズになる可能性があります。銀行カードローンや大手消費者金融会社の場合には、どうしても審査も厳しくなりがちですが、中小企業ならば答えも変わってきますので、66歳が借りれる中小企業消費者金融をターゲットとしてお金を借りるべく、まずは申し込んでみましょう。