二流消費者金融カードローンの紹介

ものは言いようですが、消費者金融の紹介サイトではたまに二流消費者金融の会社名が列挙されることがあります。

二流消費者金融とは?

この消費者金融に関しては、一流、二流では審査基準の違いを表現していると考えて下さい。一流が厳しい審査であり、大手消費者金融や銀行カードローンなどです。そして、二流は審査基準が甘く、ブラックリストでも借りれるといった内容です。

ですから、紹介サイトにある二流消費者金融とは、ブラックリストでも借りれる、大手消費者金融や銀行カードローンの厳しい審査に取らない方でもお金が借りれる場合です。言い方としては非常に失礼ですが、金融業者の地位としては登録業者であり、れっきとした消費者金融です。

そして、二流消費者金融の多くは存在しているだけで、宣伝も派手ではありません。ホームページがあれば、インターネット申し込みをして口コミサイトで生まれています。そうした二流消費者金融の情報があちこちで展開しています。

キャッシングしたい方として、ブラックリストの金融事故がある個人信用情報機関でも、審査次第で借りれるという金融業者です。信用情報で傷があるとしても借りれる金融業者になります。

優良中小消カードローン

カードでキャッシングというのは、大手消費者金融と銀行カードローンになります。クレジットカードのキャッシングも同様ですが、二流消費者金融ではローンカードはまだまだ少ないです。しかし、一部のローン審査では、カードローンが存在してます。

ローンカードがあるということは、ATMがなくてはならないのですが、セントラルでは自動契約機もある二流消費者金融です。松山市に本社がありますが、自動契約機は首都圏にも進出しています。自動契約機利用だけではなく、全国のセブン銀行ATMでの取り扱いも可能です。

まだまだ存在しているカードローン

東京のライフティも親会社が一般企業でIT系です。ローンカードもあり、ポイントも付与したり、フェイスブックやインスタ展開もしています。こちらもセブン銀行ATMの利用ができます。24時間対応であり、大手消費者金融同様の使い方ができます。

福岡にはしんわが復活してます。老舗消費者金融であり、以前は自動契約機もある金融業者でしたが、今回はセブン銀行ATMの利用でカードローンでの入出金ができます。紆余曲折あり、今の形になりましたが、インターネット申し込みで全国展開中です。

その他プロミスのATMの利用ができるユニーファイナンス、いつものカードローンは、本社前のATMが使えます。いずれもブラックリストでも申し込みができ、カードローン展開しているキャッシングです。

審査では、ブラックリストである事を隠す事なく、担当者との直接会話で審査が進行してきます。安定収入がある方の申し込みが良いでしょう。

二流消費者金融の審査とは?

二流消費者金融として評判になっているのが、ブラックリストでも借りれるブラック融資の金融業者です。多重債務者、債務整理者でも借りれるブラック対応の消費者金融として、二流消費者金融と言われる事があります。

金融業者としては、正規のきちんとした会社であり、単に信用情報で金融事故がある方にも受け入れるという良心的審査が注目です。

アコムとかプロミスと同じ?

あえて、ネームバリューがある大手消費者金融では二流消費者金融にはならないです。なぜなら、金融事故があると即刻審査落ちだからです。冷たいということではなく、こうした厳しい審査と二流消費者金融のように甘い審査のキャッシングがあり、金融業として同じ土俵で成立しています。

使われる法律は貸金業法で同じです。ですから、消費者金融全体の共通した審査内容があります。それが、申込者に収入がある事、年収3分の一の総量規制範囲内のキャッシングである事です。

甘い審査でも譲れないのが、延滞遅滞者の申し込みです。他社の借り入れでは、返済していない事故がある方は、二流消費者金融でも審査に通らないでしょう。貸金業法の範囲内の審査基準ですが、審査通過したのなら利息制限法20%行かの金利での借り入れができます。

ローン審査では、この貸金業法がすべての鍵を握っています。

二流消費者金融の基本

返済能力があるブラックリストでも借りれるということです。それぞれの審査は画一的ではなく、少し厳しい、少し甘い、極甘などに区別されています。文字で書くと簡単ですが、審査次第です。

金融事故の種類も多いですが、申込者の信用情報では、その他の要因も複雑に絡んできます。そこで、二流消費者金融では申し込みの内容だけではなく、必ず申込者に確認を取ります。その会話ひとつの審査内容であり、信用情報だけでは判断をしません。口調がいい加減な態度であれば借り入れができません。

そして、電話ではなく、必ず会社で審査を受けて下さいという場合も少なくないです。申込はインターネットだとしても、会社で話しをしなければならないという場合です。そうした二流消費者金融が各地にありますが、これはホームページ開設しているところ限定です。

ホームページがない二流消費者金融では、その内容は不明であり、未だに謎の審査になっています。口コミも存在していないことで、どのようなキャッシングなのかもわかりません。

従ってホームページがない消費者金融に関しては、ブラックリストでも借りれるとも二流消費者金融とも言えないので、各情報サイトで紹介されている二流消費者金融の殆どがホームページがあり、口コミもあるところです。

二流消費者金融の借り方と返済の仕方

ローンカードがないキャッシングもあります。大手消費者金融でも振込ではローンカード不要が選択ができます。

最近のアプリで行うキャッシングでは、アプリがローンカードになります。カードローンがあるのに選択しない。しかし、二流消費者金融の多くはカードを持たないキャッシングです。

振込と現金

最近は、二流消費者金融もブラックリスト対応でインターネット申し込みができます。そうすることで、電話での審査があり、実際の借り入れでは振込対応です。返済も振込ができますが、引き落としではないため、毎月手数料をかけて振込して返済です。

インターネット申し込みではホームページではマイページがあるところ。ホームページは単に紹介と応募フォームの場合などいろいろです。

電話対応していない二流消費者金融もありますが、振込キャッシング対応です。便利ですが、手数料がかかったり土日になると、多少不便なこともあります。返済日では任意で決める事ができますが、毎月コロコロ変わるのはNGです。

とにかく振込では、自宅での借り入れと返済ができる点では嬉しいでしょう。ネット銀行口座があれば良い話しです。

現金で借りるとは?

たいてい会社審査になった上で、その場で借り入れができるケースです。

もともと会社での受け付けをしている、本審査が会社で担当者と対峙して行うシステムでは、借り入れは現金になります。そして、返済では振込対応もしていますが、会社が近くなら毎月現金の返済をオススメします。決まった日に返済ができる場合、信用も倍増します。

まれに現金封筒対応のところもありますが、返済をしたい選択ではどんどん聞いてみましょう。カードローンではない二流消費者金融ではこうした対応ですが、インターネット完結ではない場合が多いです。

二流消費者金融と契約書

二流消費者金融の貸付では紙面の契約書が必要です。審査通過後に書類が送付されて、それにサインしてからの借り入れです。現金でというときには、会社でその場でサインができますが、インターネット、電話申し込みの場合は、時間がかかります。

こうした二流消費者金融の契約書でたいてい存在していて、サイン後なければ借り入れができません。従って、インターネット申し込みで遠くの二流消費者金融の場合は即日融資ができない事情があります。

地域限定で会社審査必須であれば、100%審査通過で現金、即日融資という事です。二流消費者金融としては、インターネット対応で全国からの受け付けもしていますが、会社にきたらすぐに審査で即日融資ができる内容になっています。

二流消費者金融でも老舗金融業者について

二流消費者金融で一流とされる金融業者は、老舗中小消費者金融でしょう。50年という半世紀にわたる金融業者の経営をしているところもあります。そして、このような金融業者では決して甘くない審査内容ですが、金融業者としての信頼が特別厚いのは確かです。

50年間の経営

50年前の消費者金融というと、大手も二流もなくどこも高金利のサラ金です。プロミスにしても30%超の金利で貸付、取り立てもブイブイやっていました。今ではできない取り立てや高い金利ですが、消費者金融に区別はなく金貸しとしては高い金利も当然であり、すべてが普通の高い金利でお金を貸しますというものです。

ただし、審査もいい加減であり、成人には貸したという内容です。無職でも借りれたというとんでもない時代で、金額も大きかったです。老舗の二流消費者金融も当然高い金利で、怖い取り立てで営業していたといいます。

その時代は、その地域での地域限定の金貸し屋です。案外とやんちゃな金融業だったところもあります。

貸金業法改正

度重なる貸金業法の改正では、限度額が総量規制という年収3分の一の範囲内に決まりました。申し込みとしては少ない金額しか借り入れができないのですが、消費者金融としても金利が利息制限法20%以下になります。

要するに、この貸金業法では、完済できる範囲内の借り入れしかできなくなってしまいました。債務者は守るのですが、消費者金融にしてみれば、高い金利を徴収できず経営は苦しくなっていきます。

そして、貸金業法の改正では、今までの利息制限法以上の金利は過払い金返還請求として返金しなくてはならない。請求があればですが、今まで高い金利で貸していた人からの過払い金返還請求では多くの金融業者が倒産していったといいます。

二流消費者金融では金利だけが経営の綱だったようで、なくなった二流消費者金融はとても多いです。そこで、50年間変わらず経営で二流消費者金融をしてきたというのは立派な事です。高い金利で優雅な貸金業をしていたけれど、貸金業法の改正で低い金利で経営が続いているところは安心です。

これが現実

誰もが、安心出来る二流消費者金融から借りたいです。

しかし、上記の理由から、二流消費者金融では返せる人しか貸さないというのが信念です。ですから、普通に経営ができるのですが、審査基準から行くと、ブラックリストでも返済が無理な金融事故があると借り入れが出来ないでしょう。

これは、ずっと続く審査基準であり、ベテラン担当者の厳しいチェック入ります。多くのブラックリストをみてきた千里眼では、いい加減なキャッシングが出来ないのが現実です。事情が複雑な場合では、申込者の人間性から貸付だけではなく、適切なアドバイスもあります。

二流消費者金融とは失礼な言い方ですが、あえて訳ありでも、金融事故があるとしても審査次第で借りれる老舗消費者金融は注目です。口コミ評判もとても良いです。50年だけではなく、30年以上の老舗二流消費者金融も多く存在していてホームページも存在、口コミもあります。

確実に二流消費者金融で借りる最適な方法

あえて甘い審査で、ブラックリストでも借りれるのが二流消費者金融と言います。ブラックリストで借りれるというのは、債務整理者には朗報です。

中小消費者金融、街金の事

大手消費者金融カードローンは簡単申込ですが、すぐに借り入れができなくなってしまいます。何が原因なのか、審査落ちになってしまうのですが、それでも資金調達したいのなら二流消費者金融です。

検索では、中小消費者金融、甘い審査の消費者金融、街金でヒットするところです。そこで正規の金融業者の言葉は確認して下さい。

借りれる限界

総量規制範囲内です。ですから、大手消費者金融カードローンで多重債務で債務が多い場合は、二流消費者金融でも難しい審査になります。

ローン審査では、総量規制は大手消費者金融と同じです。まとめローンや不動産担保ローンもありますので、相談してみて下さい。とにかく総量規制だけではなく、二流消費者金融では返済ができる範囲内の借り入れになります。総量規制は銀行ローンなどは入らないのですが。

そこで債務整理のススメ

債務が多いときにはキャッシングは諦めて、債務整理が良いでしょう。債務整理をしてからの二流消費者金融の受け入れが大手消費者金融とは全く違います。

大手消費者金融では5年以上は審査落ちのブラックリストですが、二流消費者金融ではいろいろです。ある二流消費者金融では、任意整理完済後1年程度で借りれます。そして、任意整理完済した瞬間借りれる、なんと任意整理返済中でも審査を受けられる場合もあります。

個人再生、特定調停も同様です。返済がある債務整理の場合は、本人に返済能力があるとして高く評価される事があります。自己破産については、担当者からの話しがあります。事情内容を確認しますが、ポイントは返済能力です。

ちなみに、本人は何も悪くない保証人の債務整理の影響の場合は、二流消費者金融では対応はとても良いです。その際に保証人だった証拠提出が必要であり、それ以外の債務がないときには、二流消費者金融の柔軟審査ですぐに借りれることがあります。

ですから、二流消費者金融の行くときには、債務が少なくなっている債務整理のブラックリストになってしまう事が早道です。

二流消費者金融で確実に借りる

延滞遅滞がない個人信用情報であり、債務ができるだけ少なくする。安定収入は当然ですが、そのために少し前に普通に収入があるけれど、多い債務ものは債務整理してしまう。そこから、二流消費者金融のキャッシングをすることでしょう。債務整理が大きなカギを握るのではないかと思われるのですが。