お金をなんとかして借りたい


長い人生の中で、お金が急に必要になるということはよくあります。それも一度や二度ではないでしょう。困った時は誰でも何とかしようと思うもので、どうにもならないことで切羽詰まっても何とかなるから不思議です。そのときは、きっとこれまでに無いような知恵や力を振り絞ってピンチを切り抜けていることでしょう。

必要なお金があって、手持ち資金ではどうしようもないくらいの金額の場合はどうしたらいいのでしょうか。そのときは、銀行などの金融機関あるいは消費者金融会社などの貸金業社に融資の申し込みをするしかないでしょう。

少額でしたら、これまでも友人知人に頼るとか身内に頼るとかでなんとかなったかもしれません。ですが、数十万円あるいは数百万円のお金が必要というときは、友人知人に頼るわけにはいきませんし、身内も相当な資産家ではない限り無理でしょう。仮に老後の資金を借りるようになると、その老後の生活を台無しにしかねませんし、こちらが老後の面倒を見なくてはいけなくなります。

いずれにしても、金融機関あるいは貸金業者からお金を借りるようになるのは間違いないでしょう。そういうことでしたら、まずは銀行からお金を借りる方法を考えなくてはいけません。

銀行カードローンでしたら、消費者金融会社のカードローンよりも金利が低いので、お金を借りても返済利息が少なくて済みます。ですから、このことを考えても、消費者金融会社のカードローンを借りるよりも銀行カードローンからお金を借りるほうがいいのです。

ところが、銀行カードローンでネックがあるとしたら、銀行カードローンの審査が厳しいことです。誰でも銀行カードローンを借りることができるわけではないのです。銀行もカードローンの申込者に対して高い返済能力を求めているのです。なので、銀行としても貸し倒れをなんとしても避けたいですから、審査基準も厳しくなってしまうのです。

それでは、銀行カードローンの審査に通る人はどういった人たちなのでしょうか。お金の借りやすさを量る尺度あるいは指標というものに属性という言葉をよく使います。

これは、借りる側からみると、信用度あるいは返済能力を表わすものと考えていいでしょう。この属性が高いと銀行カードローンを借りやすくなりますし、反対に属性が低いと銀行カードローンの借り入れは難しいと考えていいでしょう。

具体的には属性が高い人というのはどういった人たちなのでしょうか。一般的に、属性の高い人というのは、雇用形態が正規雇用の人です。いわゆる正社員ということですね。

そうなると、属性の低い人というのはどういった人たちかというと、正規雇用の反対ですから、非正規雇用の人ということになります。パートアルバイト、派遣社員、契約社員といった人が非正規雇用の人ということになります。

借りやすさや借りにくさ、属性の高い低いというのは、返済能力の差ということになるのですが、正規雇用の人が収入が多いからといった問題ではないのです。もちろん無いよりは収入があったほうがいいのは間違いないのですが、収入に継続性があることが求められるのです。

ですから、正規雇用の人は終身雇用制が崩れたと言われるなかでも、なかなかクビになることは無く、リストラも本人が認めない限り会社に居続けることができます。

大半の人は会社から冷遇されて辞めてしまうことが多いのですが、望めばずっと会社に居続けることができますし、会社としても簡単に社員をクビにすることはできないのです。そのため、将来的にも安定した収入が、そして雇用形態が会社によって保障されているといっていいのです。

一方の非正規雇用の人はどうかというと、雇用契約が有期になります。これは、3ヵ月単位あるいは6ヵ月単位、1年単位といった期間で雇用契約を随時更新するというものです。

短いものでしたら、1ヵ月単位の雇用契約の更新というものもありますし、3ヵ月ごと、6ヵ月ごと、1年ごとの雇用契約の更新があります。更新月に雇用契約が更新されれば継続となるのですが、更新の決定権は会社にあるので、会社が更新しなければその時点で会社はクビとなってしまうのです。

事前に通告があるのが一般的ですが、雇用が保障されていないので、会社側が雇用契約を更新しなければすぐにクビとなります。このように会社の一存で雇用契約を更新しなくてもいいので、正社員と違って人数の確保や削減が簡単にできるので、正社員を少なめにして経費を抑え非正規雇用を増やしてきたのが、バブル以降10年20年の日本企業の歩みだったのです。

いずれにしても、銀行カードローンの融資の申込み条件が、年齢が20歳以上であり、なおかつ安定した収入のある人ということですから、安定した収入というのは正規雇用の人を指し、安定した収入でないのが非正規雇用の人ということになるのです。

もちろん、非正規雇用の人でもまったく銀行カードローンからお金を借りることができないのかというと、そんなことはなく、借入額を必要最小限に抑えることで、銀行カードローンの審査に通ることも可能でしょう。

もっとも、銀行カードローンにもデメリットがあるのです。それは、銀行カードローンは即日融資に対応していないのです。これは、すぐにでもお金が欲しいという人にとっては厳しいと言えるでしょう。一頃はメガバンクを中心として即日融資とかスピード審査を謳い文句にしていたのですが、それもどうやらなくなっています。

というのも、審査に時間がかかるようになったのが、銀行カードローンの即日融資ができなくなった原因があります。その原因というのが、警察庁のデータベースにアクセスしなくてはいけなくなったのです。

アクセスして照会情報を得なくてはいけないのですが、その紹介情報を得るのが当日では不可能ということです。そのため紹介情報を得るのは翌日以降となるので、その時点で当日にお金を銀行カードローンで借りることはできなくなったのです。

したがって、それを見越して早めに銀行カードローンに融資の申し込みをするようにしましょう。そうすることで、審査に時間がかかる問題をカバーすることができるのです。

もっとも銀行カードローンの審査に通らない人はどうしたらいいのでしょうか。そうなると、後は消費者金融会社のカードローンからお金を借りるしかありません。

消費者金融会社のカードローン


銀行カードローンの審査は厳しいので、誰もが気軽にお金を借りることはできません。そうなると、消費者金融会社からお金を借りるしかありません。正規雇用の人は銀行カードローンからお金を借りやすいのですが、債務件数が増えてくると銀行カードローンの審査に落ちるようになるのです。

債務が増えるごとに属性がどんどん下がっていくからに他ならないのですが、これは銀行でも消費者金融会社でも複数の債務がある人については審査が厳しくなりますし、さらに債務件数が増えた人は多重債務者となり、銀行カードローンはもちろん消費者金融会社のカードローンも審査に通ることはないでしょう。

それでは、消費者金融会社のカードローンですが、これは審査基準が銀行カードローンよりも厳しくなく、非正規雇用の人で銀行カードローンからの借入れが難しかった人は、消費者金融会社のカードローンでは審査を突破してお金を借りることができるでしょう。

特に大手消費者金融会社でしたら、あちこちに無人契約機が設定されていますから、それを利用して融資の申し込みをすることができます。何時まで大丈夫かというと24時間365日利用が可能なのです。

当日にどうしてもお金が必要というときは、当日の22時までに無人契約機で手続きを済ませるようにしましょう。審査に通ればローンカードがATMより発行されて、すぐにでもコンビニにいって必要なお金をキャッシングすることができるのです。

中小消費者金融会社のカードローン


私たちが消費者金融会社のカードローンというと、たいていはアコムやプロミス、レイクにアイフルといった大手消費者金融会社のカードローンを指しています。そして、カードローンはこういった大手消費者金融会社でしか扱っていないと思っている人が多いのが現実でしょう。

しかし、実はそうではなく一部の中小消費者金融会社でもカードローンを金融商品として扱っているのです。その形態もいろいろあって、北海道のある消費者金融会社でしたら、道内のみでローンカードが使えるような仕組みを構築しています。

他のある全国規模の業容を誇る中小消費者金融会社でしたら、全国のコンビニでローンカードが使えるようなシステム構築をしています。ですから、消費者金融会社のカードローンというと、大手消費者金融会社の専売特許ではないということで、中小消費者金融会社のがんばっているのです。

借りやすい中小消費者金融会社のカードローン


一般的に、消費者金融会社の中でも大手消費者金融会社のカードローンが一番審査基準が厳しくなっています。その次が中小消費者金融会社、そしてその次が小規模な消費者金融会社である街金です。ですから、大手消費者金融会社のカードローンで審査に落ちることがあると、次に頼りにするのは中小消費者金融会社のカードローンということになるのです。

中小消費者金融会社に融資の申し込みをする時点で、本人の属性は相当低くなっていることでしょう。中には債務整理中という人もいるかもしれません。借金の総額も消費者金融会社には総量規制という問題があるので、それに引っ掛かって中小消費者金融会社からはお金を借りることができないという面も出てくるのです。

大手以外のカードローン


カードローンはローンの中でも、利用可能限度額の範囲内であれば、何度でも入出金を繰り返すことができるといった便利なローンとなっています。また、借りやすいローンとしても定評があり、一部の情報では、ブラックでも中小消費者金融会社のカードローンから融資を受けることができた声も口コミサイトに投稿されているくらいなのです。

そのため、大手消費者金融会社のカードローンが銀行カードローンの審査に通らなかった人の受け皿になっているのと同様に、中小消費者金融会社のカードローンは大手消費者金融会社のカードローンの審査に通らなかった人の受け皿になっているといっていいでしょう。