カードローンは誰でもOKではない?

カードローンとは、個人に対する使用目的が自由な無担保ローンです。利用限度額の設定があり、審査は信用情報が問題になります。

現在、消費者金融、銀行、クレジットカードで契約ができます。借りるものは、何かを購入という目的を提示する事なく、お金を手にすることができます。限度額の範囲内なら、何度でもATMでローンカードで引き出す事ができます。

誰でも作れるのは最低条件クリアした場合

作れる事の前に、申し込みができるのは、定職に就いている。安定した収入がある。そして、20歳以上である(上限ではせいぜい70歳)。この条件であれば申込者になれるのですが、あとは審査を受ける事ができます。

最大の特徴として、収入制限は厳密ではありません。それは、パートやアルバイトでも借りれる事が理解ができます。

この時点で借りれる人が特定される

無職は借りれない事がわかります。ただし、特例として専業主婦が銀行カードローンの申し込みができます。無職で収入ゼロけれど、専業主婦という立場での申し込みができます。

消費者金融では、大手消費者金融に限定では申し込みすらできません。甘い審査の中小消費者金融などでは、夫の収入の一部の借入ができます。

ただし、カードローンを持つ事は専業主婦では難しいでしょう。ローンカードがないお金の借入で数万円のキャッシングができる程度です。ですから、専業主婦のカードローンでは銀行のみの対応です。

ネット銀行では、専業主婦でもローンカードを持つ事ができます。その他、家事手伝いとかアルバイトでも年収10万円程度の少額では申し込みしても審査に通らないでしょう。

20歳以上で収入があるとしても

申込者の情報では、堂々と収入がありますと言っても他の審査では借りれない方もいます。その理由は種類も多いですが、信用情報の内容で各カードローンでは審査基準が設定されています。

大手消費者金融では、ほぼ金融事故情報があると借入ができないでしょう。カードローンの審査落ちの多くは、この金融事故によるものです。

個人信用情報では、いくつか項目があります。利用者の借りれる可能性があるのは、審査では大きなポイントです。個人信用情報機関では、今までクレジットの利用やローンの記録。完済、継続などがあり、申込者は全て確認するのが審査です。

審査では、どんな借金が継続しているのか?完済している事がある?いやいや、返済していない借金があるじゃない?という内容で、審査が行われることになります。

誰でも借りれるわけではない

無職、収入がない方は申し込みもできない。専業主婦は銀行カードローンだけが対象になる。未成年でもクレジットカードの申し込みができますが、カードローンは対象外です。

そして、審査内容で個人信用情報機関で調べられて、いくら年収が高いとしても、金融事故情報があると申し込みしても審査落ちになることでしょう。

銀行カードローンについて掘り下げる

カードローンの中も銀行カードローンに注目してみましょう。

大手消費者金融カードローンとは違う

カードローンの法律は、貸金業法と銀行法の違いがあります。

銀行カードローンでは、銀行法によるものです。ですから、大手消費者金融にある総量規制の限度額がない、専業主婦でも借りれるなどのメリットがあります。そして、大手消費者金融より低金利の商品提供をしていて、最初のカードローンとしてはオススメです。

ネット銀行だけではなく、地元の地銀や信用金庫もカードローンを持っています。それは、それぞれの地域での申し込みになります。地域限定で言えば、口座開設をしているとか、日頃から取引しているなどの銀行にも有利な条件が出てきます。

そこで、カードローンの種類としては、銀行全般的にもいくつか選択ができます。インターネット上バナーだけではなく、いつも使っている銀行のカードローン、キャッシングなども選べることになります。

審査は難しい

メリットだけではなく、デメリットとしては大手消費者金融よりは審査が厳しい内容でしょう。銀行カードローンでは、クレジットカード同様の保証会社の審査が必要です。消費者金融にはない保証会社の存在ですが、2段階の審査を通り抜ける事が必要です。

デメリットとしては、総量規制がないため、限度額も銀行が決めた金額なります。それは最初から10万円しか借入ができないなどの指摘もあります。

事故情報があると借りれない

これは、貸金業法も同じですが、銀行法の銀行カードローンも事故情報が存在している方の借入ができないことです。

もっと言うと、大手消費者金融カードローンの利用しているだけで審査に通らない場合があります。事故情報ではありませんが、すでにキャッシングをしている事が個人信用情報機関にあると審査が難しいようです。

ただし、住宅ローン、カーローンなどはあまり影響がないと言います。そして、長年取引があるとか、定期預金があるなどの銀行にとつて良い客では、審査も有利になります。事故情報がゼロであることは必要ですが。

債務整理後、返済していない遅滞者などでは、簡単に銀行カードローンを持つ事ができないでしょう。

専業主婦は注目

専業主婦は、貸金業法での契約者になることができません。ただ銀行法の銀行カードローンだけは専業主婦で収入がゼロだとしても、個人信用情報機関で金融事故がないことを条件として契約することができます。専業主婦は、銀行カードローンしか申し込みができないので、信用情報は気をつけましょう。

無収入での無職は、専業主婦とは違います。無職では、銀行カードローンの申し込みはできません。又、アルバイトやパートの申し込みはできますが、学生がアルバイトの収入での申し込みができないことがあります。

カードローンと言えば大手消費者金融

大手消費者金融カードローンは、カードローンの代表的なキャッシング法です。CMでもお馴染みであり、都市部には店舗もATMも多く見かけます。

少し歴史を遡ると

消費者金融そのものは、昔で言うサラ金です。以前のサラ金では、お金を高い金利で貸す金融機関でした。事件などもありますが、貸金業法が混沌としている時代では、お金を借りるなんてという偏見もありました。

しかし、消費者金融と名称が変わって、貸金業法も制定されていて、現在は利息制限法20%が上限金利になり、限度額も年収3分の一の総量規制として決まっています。

サラ金時代と比較して借入金額が少なくなったのは確かですが、金利が20%以上にならない。その上、返済ができなくなったとしたときには、債務整理も簡単に行う事ができるようになりました。タレントを起用したCMが行われている時点で、大手消費者金融カードローンそのものは世間的にも安心している内容になります。

問題にすることは?

大手消費者金融の審査は貸金業法の範囲内です。その内容では、20歳以上の収入がある方です。最初の申込者の審査では、簡易な借入診断がホームページのTOPにもあります。そこで、簡単に借入ができるかを確認できます。収入がない専業主婦、無職では借入ができません。

実際の審査では、申し込みをしてみないとわからないことであり、実際には20歳以上でアルバイトでもパートでも審査が開始されます。そして、個人信用情報機関の審査になり、コンピュータースコアリングシステムで行うスピードです。インターネット申し込みではそのままコンピューターにインプットになります。

電話や店舗でも申し込みでも同様の方法になります。ですから、最短1時間半程度で審査も完了し、CMも行なっていて、カードローンの代表格になっています。

審査はどう?

個人信用情報機関上で金融事故がないことが基本です。債務があるとしても、きちんと返済している。返済額も少ない状態では2社程度は問題なくカードローンを持つことができるでしょう。

誰でも借りれるという評判で言えば、銀行カードローンよりも審査基準が多少低いとか、総量規制範囲内なら何度でもローンカードで借りれる。限度額が年収3分の一とわかりやすい内容であり、どうせ持つなら大手消費者金融カードローンがベストとなります。

初回利用では、30日は無利息になるなどのキャンペーンも行なっていて、その点でも人気になります。金利上限は18%が多いですが、リボ払いで無理なく借入ができます。少額の借入がオススメですが、申し込みも簡単であり、カードローン利用ができる点でもキャッシングの敷居が低い存在といえるでしょう。

カードローンと個人信用情報機関

個人信用情報機関とは、今までの借金の記録が網羅されているものです。国内には3つの個人信用情報機関があります。

審査では必ず確認するもの

カードローンの申し込みしたときには、金融機関では自社が加盟している個人信用情報機関を確認します。3つ全てに加盟しているところもありますが、1つ2つしか加盟しているところもありません。そこで、確認したいのは、債務の存在と返済記録になります。

信用情報では、借りている、返済している情報がほしいことであり、申込者が申告する債務内容との合致する事も必要です。単に30歳です、収入がありますという情報だけでは、借入ができないのがカードローンの審査です。

もちろんカードローンだけではなく、フリーローン、各種ローン、クレジットカードも同様の審査は行なっています。銀行側、消費者金融側としては、貸付自粛要因としては、返済していないとか、債務が多いなどの記録があった場合は審査落ちになります。肝心の審査では、この個人信用情報機関がポイントになっています。

審査基準はそれぞれ違う

カードローンと一口に言っても、銀行や消費者金融で商品があります。

銀行では、ネット銀行、大手銀行、地銀、信用金庫などでカードローンがあります。消費者金融では、大手消費者金融だけではなく、最近では中小消費者金融もカードローンがあります。

また、ローンカードがなく、キャッシングの形で現金や振込でカードローンのような借入が出来る事があります。全ての審査は同一する事なく、実際には申し込みしみてどうなの?という判断になります。

誰でも借りれない

審査の個人信用情報機関の内容も肝心ですが、20歳以上で収入がなくてはならないです。

無職では借入ができないようですが、アルバイトやパートの低い収入でも借りれる人はいます。ただ、勤続年数1ヶ月とか短期バイトで少し収入がある程度では借入ができません。収入と言っても安定した、毎月もらっている、最低1年以上などの条件があります。

こちらも審査内容がいろいろです。原則的に保証人も担保も不要ですが、審査では本人の返済能力があることを確認することになります。

審査基準の違いは?

ホームページでは、こんな人でも借りれる情報は存在していません。金融機関では審査をして決めるとあるだけです。

そこで、カードローンについては、借入情報サイトを確認してみましょう。消費者金融の審査落ちの原因では千差万別であり、ブラックリストでも借りれるカードローンも存在している事実もあります。借金があるけれど、まだカードローンが持てるなどの情報が盛りだくさんです。

借入情報サイトを参照するときには、1つではなく複数のサイト参考が必要です。口コミだけではなく、事実としての審査内容の検証がほしいでしょう。

カードローンとセブン銀行の関係

ジャパンネット銀行カードローンでは、ネットキャッシングとして、スマホやパソコンの操作で簡単に借入ができます。インターネットで借入して、ローンカードを使って現金を手にすることができます。

ネット銀行だけではなく、大手消費者金融カードローンなどでも同様です。WEB完結の申し込みで言えば、簡単に誰でも申し込みができます。

大手消費者金融ではもっとすごい

カードローンでお馴染みの大手消費者金融ですが、最近ではアプリを使ったキャッシングがあります。国内の大手消費者金融では導入していますが、ローンカードなくてもスマホのアプリがカードローンのアイテムになります。

この方法では、ローンカードが持たなくて借りれる仕組みです。アプリが全ての機能になります。アプリはセブン銀行ATMでの操作になり、そこで現金が入手できます。

誰でも借りれる

審査通過した事が前提ですが、ATMでない地域でもセブン銀行が存在しています。そこで、今まで大手消費者金融のATMがなく、振込だけでキャッシングしていた方が、アプリでの借入ができます。

インターネットキャッシングではなく、スマートフォンを持っての借入で、日本全国共通したキャッシング展開が出来る事になります。市町村では、たいていセブン銀行が存在している事で言えば、今までカードローンとは無縁だった方も借入が出来る内容になっています。

審査はインターネットで出来る

大手消費者金融ではインターネットの審査で完了です。担当者が行うことは、勤務先に電話をかけることで、契約書などの郵送はありません。

今までは審査通過でローンカードが自宅に送られてきますが、アプリではこのローンカードも不必要です。全ての契約がセブン銀行ATMで行う事ができますので、条件はとても良いでしょう。

ブラックリストはNGの審査

ブラックリストでは大手消費者金融カードローンの審査は通らないでしょう。ジャパンネット銀行カードローンも同様です。ブラックリストというのは、個人信用情報機関で金融事故がある場合であり、多重債務者、債務整理者ではなかなか借入ができない方もいます。

ブラックリストは中小消費者金融

中小消費者金融の一部でもカードローンが存在しています。こちらは、専用ATMがない場合は、セブン銀行ATMでの操作になります。セブン銀行の存在は、こうしたカードローンに大きく寄与しています。

全国のセブン銀行では、大手消費者金融ではアプリを利用したカードローン変わり。中小消費者金融では、ローンカードがあることで、大手消費者金融と同じようなサービスを受けることができます。カードローンとセブン銀行ATMの関係は、現在熱い関係です。