キャレントキャッシングの審査に落ちてしまう理由

キャレントキャッシングは審査通過率が高いと言われていますが、100%どなたでも審査に通るという訳ではありません。審査通過しない人も、中にはいらっしゃいます。

キャレントキャッシングの審査に通過しないのは、どのような理由があるのでしょうか。キャレントキャッシングの審査に落ちてしまう理由を、ご紹介していきます。

キャレントキャッシングの審査に落ちてしまう理由

キャレントキャッシングの審査に落ちてしまう理由は、これらが挙げられます。

申し込み内容に不備がある

キャレントの申し込みはインターネットでの申し込みが主流なので、入力間違いで間違った情報で申し込んでしまう方は少なくありません。軽微な入力ミスであれば問題ないようですが、問題なのは明らかな嘘を書いてしまうことです。

勤務先や年収、他社ご利用金額などの嘘がある場合は、審査に通りません。特に他社ご利用金額は、個人信用情報で必ず閲覧して確認するので、絶対に違いバレてしまいます。嘘を書いているとわかると、その時点で審査の対象とはならなくなってしまいます。嘘は必ずバレてしまいますので、正直な内容を書いて申し込みをするようにしましょう。

勤務状態が良くない

中小消費者金融は、勤務状態に対してはかなり柔軟な対応をしてもらえます。しかし、入社半年以内や収入の安定さが明らかにない場合は、審査に通りません。中小消費者金融でも、入社半年以上であり安定した収入があることが大事となります。入社半年以前の人は、入社半年以上になるまでご利用を待つといいでしょう。

他社ご利用金額が多すぎる

キャレントは消費者金融ですので、総量規制法という法律が該当します。総量規制法は年収の3分の1を超えて貸付ができない法律であり、既に他社借入金額が年収の3分の1に迫っている場合は、審査の対象とならない場合があります。

複数社に同時に申し込みをしている

キャッシングの審査は、1カ月以内に3社以上に申し込みをした場合審査には通りません。申し込みブラックといい、1カ月以内に3社以上に申し込みをする方はお金に相当困っている人と判断されるのです。

よって、返済が滞る場合があると認識され審査に通りません。申し込みブラックになった場合、半年間はどの消費者金融からも借入ができなくなってしまいます。他の消費者金融にも申し込みをしたい場合は、合わせて2社以内の申し込みとするようにしましょう。

ブラックになってから1年以内

キャレントの場合は、ブラックになってから1年以内の場合は審査に通りにくい傾向があるようです。

キャレントはブラックの方に柔軟な対応をしてくれるのですが、まだ1年未満の方は対象とはしないみたいです。ブラックになって1年未満の方は、1年を超えるまで待って申し込みを行うようにしましょう。

吹き出し1

いかがでしたでしょうか。
キャレントの審査に落ちた場合は、これらのポイントの見直しをして検討してみると良いでしょう。キャレントの審査は通過しやすい傾向があるので、審査落ちした原因を解消させる事で審査に通る可能性も出てきます。

キャレントはコチラ>>>