消費者金融の限度額、総量規制について

消費者金融カードローンの申し込みの時に勝手に限度額が決められます。それは、申込者の年収3分の一です。貸金業法の総量規制の決まりです。

総量規制について

貸金業者が返済能力の基準として、申込者に対しては限度額を決めました。対象は、消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠です。

銀行カードローンではそれぞれが独自の限度額設定になっています。申込者がすでに債務がある時には、総量規制の範囲からその債務を差し引いた金額の限度額になります。

要するに、消費者金融なら大手消費者金融と中小消費者金融、大手消費者金融の多重債務でも常に、全ての債務の限度額が総量規制範囲内になると言う縛りです。大手消費者金融カードローン申込の時には、その範囲内だけが常に借りれる金額になります。

銀行カードローンは総量規制対象外

銀行カードローンに関しては、総量規制対象外とされています。ですから、大手消費者金融カードローンの申込の時に、銀行カードローンの債務があるとしても、総量規制から債務分を引かれることはありません。

カードローン会社と銀行カードローンではそれぞれの限度額設定になります。ここは要チェックです。総量規制はわかっているけれど、多重債務になった時に前の債務が消費者金融やクレジットカードのキャッシングなのか、銀行カードローンなのかで今度の借りれる総量規制範囲が決まります。

すべては審査次第

大手消費者金融申込の時に、債務の有無を自己申告します。この時には借入件数だったり、借入金額になりますが、正確に申告して下さい。審査では、自己申告と信用情報の確認をします。この時に借りているのに、書かないことでは虚偽申告になってしまうことがあります。

大手消費者金融カードローンの申し込みでは、どうしても総量規制の縛られた限度額になります。もし、どうしても年収3分の一以上のキャッシングをしたいのなら、銀行カードローンの申し込みをすることです。

審査次第で銀行で決めた総量規制以上の限度額になることがあります。金融事故がない場合ですが、消費者金融では最初から総量規制という限度額が存在していることを確認してからの申し込み検討して下さい。

銀行カードローンなら総量規制より借りれるということであり、大手消費者金融のカードローンでは、年収3分の一以上のキャッシングが不可能です。これは貸金業法で決まっていることです。債務がある多重債務の申し込みでは、当然限度額は下がります。

総量規制と審査の厳しさは比例する?

カードローン会社では、限度額が総量規制になります。総量規制とは年収3分の一の限度額を指します。返済能力の限界として決められた法律です。普通のカードローン申し込みでは、これ以上の借入ができないとされています。

甘い審査の中小消費者金融では?

中小消費者金融の存在は、大手消費者金融カードローンの審査落ちでも借りれる。ブラックリスト対応との口コミ情報が多いです。大手消費者金融で総量規制で縛られたキャッシングではなく、それ以上借りたい時に中小消費者金融に行くとします。

しかし、中小消費者金融でも消費者金融ですから、やはり総量規制以上の借入はできません。大手と中小消費者金融の審査の違いは、金融事故の有無などで、総量規制では全く同じです。多く借りている時、総量規制の債務が達している時には、中小消費者金融も審査落ちになります。

銀行カードローン審査に行く?

大手消費者金融よりも多くの限度額がある銀行カードローンです。総量規制対象外ですが、審査基準は消費者金融より厳しいです。

この銀行カードローンが総量規制対象外になっている理由は、法律が違うからです。銀行カードローンでは銀行法のキャッシングであり、審査が違います。消費者金融と違い、保証会社の保証が必要になっていて、消費者金融よりは多く借入ができるけれど、審査はしんどいと言います。

大手消費者金融審査落ちでは、銀行カードローンは借入ができないようです。これは直接総量規制とは関係ないのですが、キャッシングそのものは消費者金融の方が身近です。そのことは、結果的に審査なら総量規制範囲内の消費者金融が妥当です。

総量規制以上借りたい

多く借りたい時に銀行カードローンになります。ただし、消費者金融では借入ができない。申し込みで自信がない時には、総量規制だけのカードローン審査に甘んじることになります。

と言いつつも、消費者金融でも総量規制対象外のおまとめローンがあります。これは、債務者の借り換えであり、新規で借りれるローンではありません。金利が新規キャッシングよりも低く早くに完済ができるというのですが、こちらの審査も厳しいです。要するに、多くの金額の借入では審査も厳しくなるということです。

現在各種ローンにおいても、個人では住宅ローン審査が最も厳しいでしょう。数千万円の借入を何十年間もかけて返済できる能力が必要です。その審査基準は、大手消費者金融カードローンとは比にならないほど厳しいです。

ちなみに、住宅ローンの申し込みの時に大手消費者金融カードローンの契約があると審査落ちの場合もあります。返済をきちんとしていたとしても、キャッシングする申込者には貸さないということです。

総量規制対象外のおまとめローン

普通のカードローンでは、限度額が総量規制範囲内です。ところが、おまとめローンの商品は、総量規制以上の借入ができます。

多重債務での申し込みをすること。そのときに債務分の元金だけの借入をするのがおまとめローンです。

総量規制対象外

おまとめローンとは、個人信用情報機関上では単なる借り換えです。数社にそれぞれある債務分の借入ですが、数字的には同じです。件数が1つになり、おまとめローンは返済専用のローンです。借りたとしたら、返済しかないという内容であり、カードローン審査とは違います。

原則的に総量規制以上というのは、金融業者によっては銀行カードローンも含めることもできますが、銀行カードローン以外の金額の場合もあります。総量規制対象外であれば、全ての債務対象など対応はいろいろです。

個人信用情報機関の多重債務では全て完済になり、新たなおまとめローン1本になります。借金の一本化と言われる場合もあります。

どうして借り換え?

多重債務者では、それぞれ高い金利になっています。おまとめローンでは1つの大きな金額の借入になります。多額の借入では低金利になるのですが、これがおまとめローンのメリットです。

100万円の債務があるとします。数社多重債務で少しずつ借りていると、平均金利が17%程度です。これが、おまとめローンなら15%になります。そのことで2%ダウンすることになります。その点で、低い金利でおまとめローンの完済ができることになります。これがメリットになります。

カードローン会社だけではなく

中小消費者金融でもおまとめローンがあります。100万円で15%の金利とは同じです。審査基準が甘い場合は、それでも返済能力があるのなら借りれることになります。

そのときに総量規制以上でも対応というのが、おまとめローンです。総量規制以上でも借りれるのは債務に有利なキャッシングだからということです。フリーローンでは返済能力のために総量規制ですが、返済専用ということであれば総量規制は撤廃してくれることになります。

ただし、いくら高い限度額ではなく、年収に近い場合は、おまとめローンも契約ができないでしょう。契約ができないということは、信用情報の確認によるもので、貸金業法の範囲では、返済ができる人だけが借りれるのがおまとめローンになります。

ブラックリストで中小消費者金融に行くことでは、おまとめローンは絶対にできないとされています。それは中小消費者金融にしても、返済ができない時には、簡単に借りれないということです。甘い審査ですが、おまとめローンはなかなか借りれないことも多いです。

個人事業主に朗報です

カードローンの申し込み対象者は、20歳以上で収入がある方です。正社員だけではなく、パートやアルバイト、派遣社員も借りれるのですが、個人事業主も対象になります。

ちなみに、中小消費者金融で有名になっているフクホーがあります。大手消費者金融審査落ちでも借りれるのですが、個人事業主は審査対象ではありません。

個人事業主が可愛そう?

フクホーで借入ができない理由は安定した収入だからです。正社員、パートもアルバイトは毎月決まった収入があります。

個人事業主は不安定収入が審査落ちの原因です。給与証明として確定申告書くが必要ですが、毎月安定した収入はありません。また、確定申告の時に節税対策している方もいます。そのときに低い収入申告がありますが、そのときには限度額も低くなります。

総量規制範囲内の借入ですが、収入が低い個人事業主では全く借入できない場合もあります。節税は個人事業主では行うことですが、総量規制範囲内と言えば、カードローンも借りれないことになってしまいます。

個人事業主って事業者ローンが組める

個人事業主は事業で収入を得ています。カードローン会社ではなく、事業者ローンの申し込みができますが、事業のための資金調達ができます。これは、収入だけではなく、事業の所得が関係しています。要するに、カードローンとは違い、事業のためのキャッシングができることになります。そのときは、総量規制以上の借入ができることになります。

正社員ではなく、個人事業主は不安定収入ですが、信用情報で金融事故がないことでは、ビジネスローンでの資金調達ができます。それがプライベート資金にも使えます。

ということで、可愛そうな収入が少ない個人事業主は、カードローンでのキャッシングではなく最初から事業者ローン対応です。総量規制無関係の限度額になります。もちろん、ある程度の収入換算はありますが、総量規制は無関係です。

事業者ローン

事業者ローンと言えば何百万円というものが多いです。個人に対する貸付ではありません。事業のためですが、個人事業主は自身の事業に使うローンも組めるということです。

銀行融資も対象ですが、ビジネスローンが手軽です。金利は大手消費者金融カードローンと同じくらいです。個人事業主の借入は事業のためのものが良いのですが、審査通過のために事業内容だけはしっかりと継続させることが必要です。

在宅ワーク、1人だけの社員個人事業主でも対応しています。開業届があるとより審査に有利でしょう。

クレジットカードのキャッシングって総量規制は関係あり?

クレジットカードにはキャッシング枠の付帯ができます。審査次第ですが、原則的に少ないでしょう。これは、最初からクレジットカードは、ショッピング枠が主体の商品であり、キャッシング枠は別物です。

収入が安定している条件などで審査に通ります。そして、これが総量規制に関係しています。

クレジットカードのショッピング

ショッピングとキャッシングは別物です。10万円程度のクレジットカードのショッピングだけなら、学生でも専業主婦でも申し込みができます。

そうした簡単審査ですが、キャッシング枠はつける事ができません。そして、すでに大手消費者金融カードローンなどで債務がある時もキャッシング枠付帯ができないことが多いです。

信販会社では保証会社の審査もありますが、本来お金ではなく買い物だけが目的としていることがクレジットカードです。キャッシング枠は厳しいとされています。総量規制で借入があるとなかなか難しいでしょう。

クレジットカードのキャッシング枠のメリットはない

例えば、大手消費者金融の場合は、無利息期間などがあるサービスもあります。クレジットカードのキャッシング枠ではそうしたサービスはあまりなく、メリットは少ないです。

消費者金融のキャッシングだけが総量規制が関係していて、クレジットカードのキャッシングは総量規制無関係だと思っている方は多いです。実はしっかり関係してしまうのです。銀行カードローンの借入だけが、普通キャッシングで総量規制対象外とされています。

銀行で言えば

カードローンもありますが、多額の借入では低金利のフリーローンがあります。まとまった資金、結婚や教育、カーローンなどの目的があれば、こちらもドンと借入ができます。

もちろんこれに各種ローンでは、総量規制対象外であり、銀行カードローンとても別物です。特徴としては、断然低金利になっていて、何に使うという目的がある。フリーローンにしても借入だけで追加で借りないまとまった資金であれば、カードローン申し込み前に検討してみて下さい。大手消費者金融にはない、総量規制対象外の商品は銀行にはとても多いです。

ちなみに、全ての審査は厳しいです。カードローンではパートなどでも借りれるのですが、フリーローンは正社員以外は厳しいです。

総量規制関係ないと言えば

専業主婦です。完璧収入0、総量規制0の専業主婦も銀行カードローンなら借入ができます。

個人信用情報機関で金融事故がないことが条件ですが、少額のカードローンの契約ができます。これぞ総量規制関係なしのキャッシングになります。無職ではなく、必ず専業主婦であることが必要です。

厳格な提出書類はありませんが、配偶者がいることが条件になります。最大でも50万円程度です。