中小消費者金融のブラックでも借りれるというのは?

 
中小消費者金融の説明では、ブラック対応、ブラックOKとされています。

これは公式サイトの内容ではなく、情報サイトです。無責任な情報では、いかにもブラックリストでも借りれるようですが、必ず最後まで読み続けてください。

最終的には、ブラックリストでも審査次第では借りれるかもしれないとの結論になります。ですから、中小消費者金融はブラックリストでも絶対借りれるわけではありません。

ブラックリストとは?

ブラックリストというと、とても広範囲な金融事故者を指します。大手消費者金融で審査落ちだとしてもブラックリスト、自己破産してもブラックリストです。

ですから、情報サイトとしては、正確には借りれるかもしれないブラックリストが存在しているということです。

中小消費者金融の多くは、担当者が口頭で個別に審査します。そこで、担当者の目によるブラックリストでも借りれるということの判断をしますので、情報サイトでも説明が出来ない部分があります。ある中小消費者金融では、他社で借り入れができない方も相談ができますとあります。この文言をそのままブラックリストでも借りれると解釈するのは危険です。

他社で借り入れができないというのが、ブラックリストであることの証明です。証明というは大げさですが、たいてい異動情報などが個人信用情報機関に記録されていて、大手消費者金融や銀行カードローンの借り入れができない方たちです。

そこで、中小消費者金融に行くことで、その程度の異動情報では借り入れができると判断されることがあります。これが、ブラック対応であり、ブラックOKで対応している中小消費者金融の審査基準です。

ブラックリストの内容

債務整理した方に対しては、人によっては任意整理中でも借りれている方がいます。

では、その消費者金融は任意整理中の借り入れができると大々的に宣伝するのは危ないことです。というのも、上記のように担当者が直接審査をすることでは、任意整理中でも借りれる人と借りれない人が出ます。

中小消費者金融にも審査体制がありますので、任意整理中の申し込みに関しては、審査の内容ではどうしてもはっきりとした対応が出来ないようです。そこで、この中小消費者金融では任意整理中の借り入れができるという情報があったとしても、実際は借りれないこともあるということです。

ブラックリストでも借りれるというのは、公式発表ではなく、情報サイトでの情報です。その中で、任意整理中でも借りれた方がいると、ひょっとして借りれる?程度の内容になります。

任意整理中の借り入れの保証はない

中小消費者金融の情報サイト、口コミでは任意整理中でも借りれるとの金融業者の紹介があります。この中小消費者金融では、ブラックリストでも借りれることが多いようです。

債務整理者の審査

大手消費者金融も銀行カードローンも債務整理してしまったときは、5年程度はブラックリストのままです。クレジットカードも各種ローンも全て審査落ちになります。

個人信用情報では、債務整理している場合は異動情報として確認をされます。債務整理では、任意整理、個人再生、自己破産などがありますが、債務整理に関してはしばらく借り入れが出来ないとされています。それが、債務整理者の扱いです。

大手消費者金融などでは、こうしたしばらく借り入れが出来ない時期をブラックリストということになります。その間の借り入れが中小消費者金融でもできる。それが債務整理者でも借り入れができることになります。

中小消費者金融の審査

債務整理していると借りれるだけではなく、ブラックリストでは債務整理後も指します。中小消費者金融では、債務整理完結後でも借りれることが多いです。完結というのは、任意整理や個人再生の完済のタイミングです。

任意整理と個人再生では、債務整理したい借金を返済できる範囲内で債務を残すことになります。それを計画的に返済していくことを選択します。

自己破産では借金の免責であり、返済がなくなる展開です。このときに、返済がある任意整理と個人再生では、完済したのなら、借金がなくなります。その時点での中小消費者金融の借り入れができることが多いというのが特徴です。

異動情報をどう見る?

中小消費者金融では、審査の上で個人信用情報機関で異動情報があるとしても、返済能力が高いことが認められることで審査通過になります。もう債務整理は解決していることで、今後はきちんと返済ができるでしょうとの予測になります。

個人信用情報の異動情報、金融事故に関して、中小消費者金融では許容範囲内のキャッシングがデキることがあります。このときに任意整理中の借り入れでは、できないと公言してる中小消費者金融もあります。

しかし、実際には、曖昧な表現があり、ブラックリストでも借り入れができる内容では、任意整理中のキャッシング成功の話しもあります。その中小消費者金融では、全員に対応しているか?というと、実際には任意整理中のキャッシングが出来ないことが多いです。

それが、債務整理中でも借りれるというのは不確かな話しであり、条件によっては、という場合がほとんどです。できれば、任意整理も完済後の申し込みがオススメなのですが。

任意整理中の中小消費者金融の申し込みはできるけれど

甘い審査とか、緩い審査の金融業者では、債務整理者にも貸すという情報があります。ただし、口コミだけであり、それぞれの審査次第です。

中小消費者金融に申し込みしてみた

ある任意整理中の方が、中小消費者金融に少額融資の申し込みをしました。審査を受けたのですが、その時には、過去の債務整理の内容の確認だけではなく、問題としては、全ての債務の完済能力だったと言います。

任意整理中だとしても、あと数回で完済してしまう。それではなく、まだ残債が多い、任意整理したばかりでは、審査としては借り入れが出来ないというようです。

事故情報として、一口に任意整理中と言っても、その状況が違います。一口に任意整理中の借り入れと言っても、その内容と残債に大きな関係になるでしょう。結局、任意整理中だからということで、審査落ちになってしまう結果になることが多いと言います。

任意整理中ということは?

任意整理は、債務整理の中で一番減額率が低いことになります。

借金があり、返済をしていて、残債の元金だけの返済で良いと言うのが任意整理です。これは将来の利息の支払いをしないことを約束するものです。

10万円の借金で18%の金利の場合、任意整理では10万円だけの返済をすることになります。その時に、きっちりと計画して最大3年間で完済できるに計算されます。その時に、任意整理中でも中小消費者金融に申し込みをしたときに、あと数回で完済という状態では借り入れができる可能性が高いと言います。

要は、任意整理したとしても、あと少しの返済額であることで、借りれる可能性があるということです。任意整理も1つの債務として考えると言えば、もう少しで完済であり、総量規制に余裕があるとして審査通過になります。

債務が少ないと

任意整理中の申し込みだとしても、たいていの債務の返済をしてしまった。残りは少ないし、今も安定収入が続いている。そこで、中小消費者金融の少額融資の希望では借りれる確率が高くなると言えます。

確率の問題で断言はできないのですが、希望額が少ないというのは完済可能であること。債務が少ない任意整理の返済では、返せる実績などが関係するでしょう。

任意整理もだいぶ進んでいて、多くの返済がしているときのタイミングが必要です。ブラック対応の中小消費者金融であり、自分がきちんと完済ができると判断されることが必要です。

もっと言えば、担当者のさじ加減という話しがありますが、中小消費者金融の審査基準では、債務整理者、任意整理中に関しては、なんとも言えないでしょう。

任意整理中の借り入れができるのは?

個人信用情報機関の事故情報では、ブラックリストとして称されることになります。その事故情報の1つに任意整理があります。

任意整理とは?

債務整理の中で、裁判所も通さない、債権者である金融業者に対して、直接交渉ができるのが任意整理です。

このときに、これからの支払うはずの金利の支払いをしない。元金だけの返済をしますので、金融業者としても承諾しやすいでしょう。

その時に、申込者としての条件としては、安定収入があることと、その元金分の返済が確実にできることです。任意整理ができるというのは、きちんと返済ができるけれど、今よりは少し負担を小さくしたいという場合です。

ここで、リストラにあって無職になった、どうしても返済ができないという収入の場合は、任意整理ができないと言えます。債務整理の中でも、最も借金が減らない種類のものであり、誰でもできることではありません。

任意整理中にお金がほしい

任意整理で、今の借金では返済負担が小さくなった。しかし、まだ借り入れしたい。

どうしてもキャッシングしたいというときに、ブラック対応の中小消費者金融に申し込みに行くことができます。できますというのは、借りれるという保証がありませんが、審査を受けることができる程度です。

信用情報の事故情報である任意整理が進行中の借り入れです。その多くが、現在任意整理していますねと言われることになります。

それでも借りたいという事実

任意整理のことを中小消費者金融の担当者がどう解釈するか?です。ある金融業者では、1つの借金として順調に返済ができている場合は借りれることがあると言います。

任意整理中の中小消費者金融の申し込みで、延滞遅滞もしていない。順調に返済が続いていることでは、任意整理中でも借りれるらしいとの内容です。このときの担当者の判断では、ひとくくりで決められないことになります。

人によっては借り入れができる場合もありますが、審査落ちもあります。その判断に関しては、担当者次第ですが、任意整理中の申し込みについては、できれば極甘審査の中小消費者金融や街金などに行くことです。

任意整理を1つの債務として考えられる場合では借りれるようになると言います。担当者としては、任意整理中も借りれる場合がありますが、ということは言わないでしょう。

審査次第というベールに包まれた内容ですが、一応極甘審査とされる中小消費者金融では、任意整理中のキャッシングの可能性が高いかもしれません。それが保証のない情報になりますが、口コミでは任意整理中でも借りれるとの情報もあるということです。

任意整理中でも借りれる人とは?

ここの中小消費者金融では、任意整理中でも借りれるとの金融業者があります。

口コミですが、審査してみないと借り入れができるかは不明です。大手消費者金融もそうですが、中小消費者金融も甘い審査の街金に関しても、事故情報がある場合では審査次第の借り入れになります。

多重債務者でも借りれる

多重債務の場合は、債務では総量規制範囲内の借り入れができることがあります。中小消費者金融では借入件数の限度が4件程度です。

その時に、大手消費者金融や銀行カードローンの審査落ちで、債務が多い方も少額融資に借りれることがあると言います。

これがブラックリスト対応でも審査に通ることでは、多く借り入れしている方も甘い審査でまだ借りれる場合があります。それが審査次第ということになります。

債務整理者

確かに審査通過という点で言えば、債務整理者では任意整理と個人再生では完済後の申し込みが妥当です。申し込みをするときに任意整理中の返済をしている場合では、それこそ審査次第になります。

利息カットして元金だけの返済を計画的に行っている任意整理では、金融業者としての扱いでは、返済ができない人と判断することがあります。いきなりの任意整理しているのなら貸せないと言われるケースもあります。

任意整理では、元金だけということでは少ない場合、もう月日が経過していて残債が少ない場合などがあります。担当者が直接話しをしての審査になります。その時の判断を待つしかないでしょう。

信用情報の金融事故

中小消費者金融のことでは、過去の金融事故よりもこれからの返済能力を重視されると言います。これは本当のことですが、任意整理中というのは、債務整理進行中になります。

ただし、任意整理してしまった債務では、普通のキャッシングという認識があるのなら、中小消費者金融でも審査通過ができる人がいます。

借りれるブラックリストと言うのは?

安定収入がある。しかも、任意整理の返済が順調であり、他の債務があるとしても全ての返済ができる保証がある。総量規制で余裕があり、延滞遅滞の金融事故がない。任意整理中の審査では、もう少しで完済ができるタイミングでの申し込みなどです。

そして、最大の中小消費者金融の審査では、心象をよくするために真摯な態度での申し込みが必要です。ブラックリストでも借りれる点としては、事故情報があったとしても、この人は完済ができるという印象を与えることになります。

もちろん審査には提出書類などもありますが、担当者が直接審査をすることでは、この印象が良くなくてはならないという点が大きいです。そこで、任意整理中でも貸してくれるとの口コミがある中小消費者金融でも、この点での審査落ちという展開もあります。

中小消費者金融に関しては、個別の審査が徹底しているので、審査基準が大手消費者金融よりは甘い程度の情報しかありません。