学生ローンは学生の特権キャッシング

一部の方限定のキャッシングの方法もあります。例えば、大手消費者金融などのレディースローンですが、学生なら学生ローンがあります。

学生ローンとは?

キャッシングの審査対象が大学生のためのローンです。2つのパターンがあり、1つは収入がない方で親などが保証人になって借りられる場合です。契約者が親になってしまう、返済責任がないけれど、親の収入で借りられる場合です。

もう1つが、学生本人が契約者になることです。こちらはある程度の収入があること、20歳以上であることが条件になりますが、親に内緒でローンが組めます。この場合、大手消費者金融でも銀行カードローンでも申込みができます。

しかし、学生であれば、学生ローンの方が審査は甘いです。そして、多少金利が低めですが、銀行カードローン並です。限度額は少ないですが、返済に関しても寛容な部分があるとされています。

以前は大学のそばに金融業者として存在していることが多かったですが、現在は学生ローンの検索でインターネットで申込みができます。

本当の審査が甘い?

既にキャッシングをしていて、信用情報機関で金融事故がある方に対しては厳しいです。

そうではなく、学生で親にも言えないお金の工面。バイトしながら返済しますという真面目な学生には、なかなかの審査です。ここは信用第一ですが、家庭の事情なども考慮してくれる審査が、学生ローンにはあります。

今すぐ1万円借りたい

アルバイトをしている20歳以上の学生なら、大手消費者金融のカードローンもすぐに作れます。ただ、多分学生ローンで相談した方が低金利で、自制の意味もあり、借り過ぎができない雰囲気になるのでオススメです。

個人信用情報機関には借入の記録が残り、社会的には大手消費者金融も学生ローンも同じキャッシングと言うことになります。学生だからというのではなく、学生ローンの方が恩恵は大きいでしょう。期間限定ではないのですが、学生ローンを使える時には大手消費者金融以前の選択肢としてはオススメになります。

大学生だけではなく、専門学校や働きながら学校に通っている、学生証があれば、学生ローンの対象になる場合もあります。

担保もなし

保証人が親になるキャッシングでは、借りづらいでしょう。親にも言えないお金では、自分で返済できる事が条件になります。アルバイトの収入によって限度額は変わりますが、学生ローンは一応お勧めしたいです。

返済ができないと、就職に響くか?というと、直接は関係ないです。ただし、ブラックになってしまうのは避けましょう。もし、就職した会社が信販会社だったり、銀行ということになれば、洒落にならないのでは?それと、ギャンブルにはまっての学生ローンもしないほうが身のためだと思われますが。