66歳、大手消費者金融カードローンで申込してみる 

キャッシングの基本的な申し込み条件は、20歳以上で安定収入がある方です。

ところが、66歳の方は借りれるのでしょうか?66歳というのは確かに20歳以上ですが、上限年齢は存在しているのでしょうか?

大手消費者金融カードローンの上限年齢

現在、大手消費者金融各社では、上限年齢を69歳、70歳となっています。ということは、66歳であったとしても普通に申し込みが出来る年齢であることがわかります。

以前は64歳等のところもありましたが、2020年現在では、70歳くらいまで借り入れが出来ることでは、66歳の方も安心です。

安定収入とは?

安定収入とは、年金受給者は大丈夫でしょうか?それが、大手消費者金融カードローンの場合は、年金以外の安定収入が必要です。

年収150万円程度が必要ですが、それが年金が加わるのか、それとも年金以外の年収なのかが不明です。ただ、大手消費者金融では年金だけの収入では審査に通らないことがあります。

年金受給者と言っても

年金額は大きな差があります。年間100円万台の方もいれば、500万円台の方もいます。

要するに、年金だけど、十分すぎる年収であれば、審査上で要相談になります。他に安定収入としても100円万台だとしても、年金そのものが500万円台の場合は、借りれるかもしれません。

年金収入というと、誰でも低額のイメージですが、実際には、そうではない高給取りの方も存在しているのは確かです。このあたりの審査では、大手消費者金融の担当者の判断になります。

ブラックリストではない

66歳の申込者の審査では、教育ローン、住宅ローン等の返済をしている方もいます。

個人信用情報で確認ができますが、返済能力をみます。それが、実際にはブラックリストではないことが必要です。各種ローンがあるとしてもまだ借り入れが出来る範囲であれば、66歳でもキャッシングができます。

年齢制限としては、66歳はまだ借りれることになります。それは、年収もあり、借り入れも出来るし返済ができる。年齢ではなくて、収入が問題になります。

大手消費者金融では、若い方だけではなく、60歳代であれば借りれることになります。年金が多額にあるだけではなく、安定収入としてバイトでも家賃収入もあることでは、カードローンが持てることになります。

大手消費者金融カードローンに関しては、収入と年齢が基本的には必要要件になります。審査次第になりますが、年金収入ですが、というときに500万円以上であれば、借りれるのではないか?と憶測があります。審査次第ですが、借りれる可能性はあるでしょう。

66歳で銀行カードローンを持ちたい

66歳のキャッシングでは、銀行カードローンでは一応年齢制限に引っかかることがあります。

大手消費者金融カードローンは66歳は申込が出来る年齢ですが、銀行カードローンはいろいろです。たいてい65歳が上限となっています。ということで、66歳の銀行カードローンはしても困難になります。

審査が厳しいから

一応カードローンで言えば、銀行カードローンでは大手消費者金融よりも一段厳しい内容になります。

インターネットバンキングでは、楽天銀行カードローンでは年齢制限が62歳になっています。その他のネット銀行では、66歳では申し込みができることがあります。

意外に検討しているのが

地方の銀行カードローンになります。地域によりますが、地元の銀行であり、高齢者だけど営業マンとの関係もよく、収入だけではなく、返済能力が高いのであれば、借り入れができることがあります。

インターネットの紹介では、全国対応だったりネット銀行関係になります。こちらでは64歳まで、65歳未満が大きく年齢制限になってしまうようです。

大手のみずほ銀行カードローンでは、カードローンは65歳未満となっています。64歳が申し込みの上限年齢になっています。実態としては、このような内容が多いです。66歳、微妙です。

銀行カードローンの要件

ざっくりとして基準ですが、66歳の銀行カードローンの条件としては、いくつかあります。

年金受給者の場合は、年金以外で150万円以上の年収がある方。勤続年数が6ヶ月以上の方です。バイト程度で良いのですが、年金以外の安定した収入が必要とのことです。

気をつけたい銀行

それは、66歳で銀行カードローンの利用しようというときには、普段取引がある銀行に申し込みをすることです。

新規で銀行カードローンの申し込み目的の口座開設は審査は難しいとのことです。審査次第ですが、年金制限に近い点では高齢者キャッシングは銀行カードローンは含まれないことになります。

65歳以上では難関

66歳での借り入れでは、銀行カードローンではとても敷居が高いことになります。

地方銀行カードローン、信用金庫カードローンでは、長期間取引があるとか、年金の振替口座がある。懇意にしている場合で70歳までの年齢制限であれば、銀行カードローンの申し込みと審査通過ができることがあります。

66歳で銀行カードローンの申し込みでは、地元に行ってみることです。ネット銀行でも一部では、よく頻繁に取引しているのであれば、申し込みをしてみてください。

個人信用情報の金融事故がある方は最初から審査落ちですが、身も心も個人信用情報も金融事故がない、年齢だけが、どうしても厳しいのが現状です。

年金担保融資で借り入れができる

金融業者からの借り入れでは、66歳では何かと困難です。大手消費者金融では、66歳では年齢制限ではまだセーフです。

銀行カードローンでは一部で借りれる程度の年齢です。すでに年金受給者になっていて、審査では年金収入以外の安定収入が求められることが多いです。バイトやパート等、すでに正社員の方ではない場合でも安定収入があることが条件です。

ちょっと待って、年金収入がある方

カードローン、キャッシングも良いのですが、年金担保融資ができることがあります。公的の融資制度であり、年金受給者は自分の年金からの借り入れです。

1万円からのキャッシングができる。キャッシングというと、自分のお金だしと思うのですが、金利では2%程度です。カードローンでは15%以上の金利です。返済負担も小さくなります。

はっきり言うと

大手消費者金融、銀行カードローンでは66歳の申し込みでは借り入れができないことが多いのです。66歳で年金受給者だけであれば、カードローンの申し込みができないことがあります。

そこで、どうしても資金調達したいときに、自分の年金から借りる、しかも低金利になっていることは利用価値が高いです。このことは、年金が担保となることでは返済が可能です。金額はもちろんですが、公的資金からの借金はぜひ確認してください。

あまりオススメしない

66歳からの金融業者の利用では、しっかりと個人信用情報機関の記録がされます。その後何かのクレジットだったり、借り入れではあまり良い印象ではありません。

年金担保融資では、各日本政策金融公庫の支店での対応ですが、役所等での確認もできます。まだ、66歳で現役である。そうした場合でも、銀行カードローンの審査に通るかもしれないとしても年金受給しているのなら、年金担保融資がオススメです。年齢だけではなく、せっかく年金からの借り入れができるのですから、利用しない手はありません。

年金担保融資に関しては、借金ですが、個人信用情報機関の記録はなしです。要するに、ブラックリストになることではなく、自分の年金から借り入れができることになります。低額年金だとしても、相談ができます。

できれば、カードローン等ではなく、年金の利用がオススメになります。

まずは問い合わせを

66歳で資金がほしい。すでに収入では年金だけでは、カードローン等の申し込みができません。

アルバイトをしているとしても、審査が通るかどうかは不明です。ただ、年金担保融資に関しては、自分の年金からの借り入れであり、審査も無関係です。ここが妥当じゃないですか?という話しです。

まずは、直接問い合わせをしてみて下さい。

甘い審査の中小消費者金融の借り入れとは?

中小消費者金融では、一応66歳でも借りれる場合が多いです。はっきりとした年齢制限がないことがあり、実際には65歳以上でも借りれるとされています。

ここが審査の甘さ

中小消費者金融とは、大手消費者金融、銀行カードローンと違い、審査基準が甘いとされています。その時には、ブラックリストでも借りれるとの内容だけではありません。

ブラックリストとは金融事故があることですが、66歳というのは単に年齢が高いことです。大手消費者金融では、66歳でも借り入れができることになります。

大手消費者金融の66歳問題

66歳とは限らないのですが、収入が年金収入だけでは借り入れができないことがあります。

年齢的には69歳までの借り入れができることになりますが、その時に審査で年金だけでは借りれない。それが、年金だけでも中小消費者金融では借りれることでは審査基準が甘いといえるでしょう。

訳ありだったり、ブラックリストしか借り入れができないわけではなく、こうした中小消費者金融では年金でも借りる点では審査が甘いとされることになります。
 

たいていの中小消費者金融では借りれる

個人信用情報の金融事故があっても借りれる。中小消費者金融の特徴ですが、66歳で年金受給者の場合では、少し微妙審査です。

それが、年金収入だけでも安定収入とみなすことができますが、金融事故がある点では、66歳との年齢では借りれない場合もあります。

ブラックリストでは借りれない?

審査次第です。各種ローンが多いとか、まだ住宅ローン等もありブラックリストだとか、すでに多重債務になっているときでは厳しいでしょう。

年金の収入がとても高い等の返済能力が認められることが必要です。返済能力が高ければ、中小消費者金融では借り入れが出来るとされています。

66歳のブラックリストではどう?という点では、年金収入云々だけではなく、高い返済能力がある方なら借りれるとの内容になっています。

70歳までのシルバーローン

中小消費者金融であえてシルバーローンとして、60歳以上の方限定のキャッシングがあります。

中小消費者金融の特徴ですが、年金だけの収入でOKです。その際に中小消費者金融では、担当者との審査がありますので、使途も含めての話しがされることでしょう。こうした返済が出来るとの証明があることで66歳でも、年金受給者でもキャッシングが出来ることがあります。

大手消費者金融で借りれない年金だけの収入の方も注目です。最初に中小消費者金融のホームページの年齢制限だけは確認しておくと良いでしょう。

セゾンに80歳まで申し込みが出来るカードローンがある

セゾンかんたん安心ローンは、60歳から80歳まで申し込みが出来るカードローンです。完全にシルバー対象にしているセゾンカードになります。

セゾンと言えば

信販会社のカードローンになります。クレジットカードのキャッシング枠等がありますが、高齢者に対応しているカードローンの紹介です。

50歳代では申し込みもできないのですが、安定収入があることで借り入れが出来ることになります。年齢制限が80歳というのが大きなポイントです。

たいてい年金収入の方は多いですが、原則相談に乗ってくれます。定期収入であることが必要になります。高齢者をターゲットとしてキャッシングが出来るとして注目されています。

アフターケアが充実している

セゾンのカードローンではあえてシルバー対象にしています。そこで、アフターケアもしっかりとしています。普通のカードローンとは違い、通り一遍等の審査とは違うのは、相談ダイヤル等もあります。

66歳になると新規でのキャッシングがとても厳しい内容です。年金収入だけでは借り入れができない。返済の不安がある等では、担当者との相談も対応しているとのことです。

この口コミは本当?

セゾンのカードローンでは、大手消費者金融以上、中小消費者金融未満の審査基準だといいます。

大手消費者金融では借り入れができないけれど、セゾンのローンカードは持てるということ。このカードに限定してのことですが、66歳になってからのキャッシング、70歳、80歳までもしっかりと申し込みが出来るのなら借りれるとのことです。

入院や病気等で返済不安があるときにも担当者との会話ができます。そこまでの対応では、大手消費者金融にはないサービスはあります。

どうしてもキャッシングしたいけれど、収入で不安。そんな66歳の借り入れでは、セゾンの80歳まで申し込みが出来るカードローンの利用はおすすめになります。

インターネットからの申し込みだけではなく、電話での申し込みができます。一からの説明ができます。

担保、保証人もなし

審査では、本人確認も行われます。66歳では問題がないことですが、勤務していますと在籍確認ができるのならますます信用は高くなります。

年金だけではなく、他に収入があることでは審査に有利になることになります。借りやすいとして、どちらかというと80歳まで借りれることがポイントになりますが、信販会社のカードローンとしてシルバーローンの1つとして申し込みができます。

普通のカードローンですから、各種ローンがある方でも返済能力があればキャッシングが出来ることです。限度額では100万円で少ないですが、50万円以下では身分証明書だけで借り入れができます。