カード延滞がない時にお金は借りましょう。

お金を借りるときの審査では、延滞の記録がないことが必要です。甘い審査の中小消費者金融だとしても、審査通過が絶対にできないと言います。

しかし、一部の延滞者では、担当者と直接話しをすることで、提案される商品があります。それがおまとめローンです。

多重債務者に提案のおまとめローン

おまとめローンとは、多重債務分の借入を行う返済専用のキャッシングです。延滞しているとしても、返済金だけの借入をします。それを一括でできることで、延滞もなくなります。

多重債務は完済ができ、中小消費者金融ではおまとめローンの返済だけが残ります。それが、100万円以上超えるときには、金利が多少下がることがあります。延滞がなくなって、低金利になるのは魅力的ですが、総返済額が大きくなってしまうことがあります。

多少損な取引だけど

普通のおまとめローンでは、延滞もなく単なるブラックリストであれば、あまりオススメできない内容です。高額の総量規制以上のおまとめローンですが長期間のおまとめローンになります。

ただし、延滞している場合は、どんなキャッシングも審査落ちになる可能性が高いです。ところが、延滞があっておまとめローンできるのなら、信用情報的にも良い影響があります。ですから、延滞しているときの申し込みであり、キャッシングができるのであれば、乗るのも良いでしょう。

カードの延滞が、キャッシングだけではなくクレジットカード、住宅ローンなどの各種ローンでも延滞があるのは審査落ちになります。金融機関でも延滞があれば、申し込むこともできないのですが、中小消費者金融のおまとめローンは検討していくことになります。

または債務整理

中小消費者金融でお金を借りるために、債務整理の選択があります。延滞している時点、その前のタイミングで、早くに債務整理をしてからの中小消費者金融の申し込みがOKです。

中小消費者金融では、債務整理者の審査では多重債務者だとしても借入ができるチャンスがあります。それが、ブラックリストでも借入ができることですが、延滞や遅滞の信用情報がないことが必要でしょう。

信用情報での金融事故があるとしても、延滞がないと借りれると言います。ですから、延滞してしまうことで、個人信用情報機関の改善のためには、債務整理がベストです。自己破産後などは1年程度かかるのですが、任意整理などでは、比較的早く借りれる中小消費者金融もあります。

延滞したとしても、少ないときに債務整理が有利です。できれば、カード返済ができないと感じたときの債務整理が最高に良い条件になります。