延滞記録があったら中小消費者金融に申し込む

大手消費者金融カードローンの審査では、過去に延滞があることで審査落ちになります。これは長期、短期の延滞でも同じです。

金融事故の延滞

延滞とは、金融業者によって61日か3ヶ月以上の遅滞が続いている状態です。それがある程度続くことでは、最悪の金融事故になっていきます。

大手消費者金融カードローンでは、過去の金融事故もしばらく時間が経たなければ審査に通らないでしょう。ブラックリストでは、5年以上は借りられないようです。

ブラックリストと言えば債務整理

債務整理もブラックリストですが、延滞の記録も同じです。債務整理と延滞の大きな差です。

債務整理は自分で返済ができないと思ったときに、弁護士などに依頼して法的に借金減額になります。それは、後審査基準としては過去に借入したけれど、自分から返済の始末をした判定です。

ところが、延滞では返済をしない態度です。それは返済義務を破棄したことであり、債務整理よりも評価がとても低いです。よって、返済をしていなかった、債務整理もしなかったことで、アコムなどの大手消費者金融カードローンでお金を借りるときには、当分借入ができないとなります。

延滞後の借入

中小消費者金融の甘い審査なら、過去の延滞記録もある程度無視した内容になります。それがブラックリスト対応の審査です。過去の延滞については、その理由が正当であれば良いでしょう。

それは、中小消費者金融の担当者が納得いく理由であれば良いでしょう。支払いができる収入が安定していることが必要であり、債務者であったとしても借入ができるのは返済ができるとされることです。

審査では過去のブラックリストだけではなく、これから返済ができるのであれば借入ができることがあります。過去の金融事故が延滞であったとしても、理由が正当であることが必要です。キャッシングで作った延滞であったとしても、中小消費者金融の甘い審査なら、解決していることが必要です。

延滞の解決は、債務整理と債権者との交渉になります。

遅延損害金などの交渉で支払いを長期間で返済をしていくか、自己破産などでの解決してからの中小消費者金融の申込が必要です。延滞してしまったときには、そのまま申込をしたり、延滞期間を長引かせないことです。できるだけ早く債務整理をするか、債権者に話しをして完済していく形になります。

ただ、債権回収会社に移行してしまったときには、それができない事態になってしまうので、債務整理しか選択肢がなくなります。それが、最善の方法です。延滞している間の申込はできないのですが、延滞が解決した後の中小消費者金融の申込であれば借りれることがあります。