直接話すことができれば大丈夫かな?

借金延滞は、金融機関が一番嫌うことです。大手消費者金融では、過去の延滞についての厳しく審査するのですが、中小消費者金融の場合でも長期に関しては審査に通らないこともあります。

それが、現在進行形で申込の時点で延滞があるのなら、大手では一発で審査落ちです。望みの綱は中小消費者金融ということになるのですが。口コミなどでは通らなかったと言うものが多いのですが、審査担当者談などでは必ず明快な回答はなく、直接ご相談くださいと言われます。

延滞中でも借りられる消費者金融一覧などのサイトもあります。信用情報機関の報告をあまり重視しない、自己破産でも借りられるという会社ばかりです。

金融ブラックとして、ブラックリストにも貸付けをする正規会社ばかりですが、延滞についての詳細な情報がないのが現状です。債務整理後数年で借りられた、多重債務だけとに借りられたと口コミばかり目立ちます。

審査が柔軟な金融機関に関しては、大手消費者金融にあるようなこの条件だけが対象者ということはありません。中小消費者金融の中でも、必ず面接をして融資を決めるところがあります。そういうところの方が審査が甘いと言われています。一見面倒なことですが、延滞してることの弁明の余地があると考えることができます。

どんな理由にしても、お金を借りたい方にとっては、まずは私の話しを聞いてくださいと言いたい方は多いでしょう。返済できなかったのはこうした理由があったんですといえれば、ひょっとしたら、借入ができる。その理由さえ理解してくれたら、と。

街金などでは最初から面接重視の融資になります。これは、インターネットが普及している現在では古臭いシステムですが、弁明の場があると思えば、延滞している、金融事故がある、どこからも借入が出来なかった方にとっては、有り難い存在かもしれません。

どこからも借りることができない延滞もしている方にとって、中小消費者金融でも直接自分のことを話しができる面接できるところを選んで申込をしてみるのも一つの手です。返済ができなかった理由を理路整然と説明することができれば、なんとか融資してもらえる可能性も出てきます。

ちなみに、この時に巧妙な嘘を言うのは厳禁です。相手は金貸し屋のプロですから、嘘は簡単に見破られます。