中小消費者金融のまとめローンについて

中小消費者金融の中には、まとめローンがあるところもあります。まとめローンとは、多重債務を1つのローンにまとめることを言います。

消費者金融の借入限度額は総量規制の関係から年収の3分の一になっていますが、まとめローンは対象外です。ですから、多額の多重債務者にとっても、全ての債務をまとめローンにすることは消費者金融でも可能です。

大手では審査が特別厳しいのですが、中小消費者金融の場合は柔軟な審査で相談に乗ってくれる場合があります。しかし、そろそろ多重債務の返済も苦しくなって来たし、滞納もある時点での中小消費者金融のまとめローンの申込に関しては、担当者の厳しい目が光ります。

滞納しているということは返済ができないことを意味するのですが、大手ではその事実だけで審査落ちです。中小の審査では、その返済できない経緯などを話す機会があります。多重債務+延滞は、もう少し返済額が少なければ対応できるとか、もう少し経てば昇給の話しがあるなど、返済額の減額が原因であることが多いです。

安定した収入であり、このようなことが担当者にきちんと伝われば、まとめローンの契約もできないことはありません。その滞納が1ヶ月か2ヶ月程度であること、多重債務の件数と額があまりにも多くないことが条件になります。

余談ですが、返済額の調整は、現在多重債務をしている会社に対して交渉することも可能です。自分が多重債務であることは言わなくても分かっています。きちんとした返済をしたいから、なんとか調整できないものかと申し出ることで、多重債務先の会社では対応してくれることになります。

もちろん、月々の負担は小さくなりますが、返済期間が長くなり総返済額は大きくなりますし、この時点でブラックリスト、個人信用情報にも報告がいくことになります。それでも、延滞を回避することは可能です。

中小消費者金融のまとめローンはそういう意味ではなく、全ての多重債務を一つにする提案です。金融事故に至る以前の提案なのですが、延滞をしている状態で審査が通るかどうか。少し時間はかかりますが、中小消費者金融での対応は期待したいところです。

安定した収入がある方で、本当に昇給などの話しがあるのなら考えてくれることでしょう。まとめローンのある中小消費者金融にあたってみてください。