延滞中でも申込をしてみたら?

消費者金融では、延滞している場合は基本的に審査に通ることはありません。特に大手消費者金融の場合は、他社の延滞がある時点で審査落ちです。

大手と一線を画した中小消費者金融に目を向けると、延滞中でも10万円程度の借入ができるところもあります。金融会社として届け出もしている闇金ではない小規模なところですが、「柔軟な審査」「独自審査」によって、事故情報のある方にも対応しているのが特徴です。

しかし、過去の債務整理などには比較的前向きですが、現在他社支払いをしていない状態ですと、審査にも時間がかかります。はっきり言って、このような中小の消費者金融会社でも、100%の融資保証はありません。

柔軟という幅がありすぎて、

  • 自己破産をした方は審査に通った
  • 現在2社の支払いができていないから審査落ち
  • 3社の延滞だけど、なんとか10万円は借りれた

など口コミ情報もさまざまです。

上記の方は、大手消費者金融や銀行では審査に通らない方たちばかりですが、柔軟な審査と言っても、しっかりとして基準は明記されていません。

中小消費者金融の審査では、時間をかけて会話をすることが多いです。機械が判定するのではなく、いろいろ事情を聞いた上で借入の判断をします。

会話の意味するところは、ここにくるまでの経緯(数社審査落ちをしてきた)や現在の収入や支出など具体的なことを聞くことが多いです。これは、延滞をしていてもお金を借りたい本当の理由と人間性などを確認するためです。

延滞している身で、ここでお金を借りたとしても、その先はどうするのか?どうやって返済をするのか、そのことを確認できた方にだけ融資をするのが柔軟な審査だと言います。ですから、多重債務者によって対応はケースバイケースになり、一概にここは大丈夫と言えないのです。

少なくとも、申込をしたときに即決で審査落ちにならないことだけ断言できます。ブラックな個人情報を踏まえて現在の事情を話してもらい、延滞の理由や返済計画などを立てることができる、そうなると延滞しても借りられる可能性は出てきます。

正規中小消費者金融ばかりを掲載した、消費者金融一覧などを参考にしてみてください。一度に申込をすると、申込ブラックと言って審査が通らないと言われることもあります。

中小消費者金融の場合は、それはあまり考えず、とにかく話しを聞いてもらえるところを探してください。もともとブラックなのですから。