信用情報に延滞の記録が載ると以後の借金は不可能?

銀行や消費者金融、さらにはクレジットカード会社などからお金を借りた場合、その事実は必ず信用情報機関に登録されます。

実際に借入をしなくても、すでに審査が通っていればいつでもお金が借りられるため、その与信枠についても登録されますし、融資が実行されなかったとしても申し込みをしたという事実も登録されます。つまり、キャッシングやカードローンなどの様々な情報が信用情報機関に集約され、ここを見れば個人の借入状況や返済状況、さらに申し込み情報などが把握できます。

また、延滞や遅延、債務整理をおこなった事実なども一目瞭然です。そのため、どのような金融業者も融資の申し込みが新規にあった場合、その人が他社でどのような借入を過去におこなっているのか、遅延や延滞、債務整理などの有無を調べるべく、信用情報機関に照会をおこない、その人の情報を調べるのです。

信用情報機関は金融業者からは独立していますが、だからこそすべての金融業者がこの信用情報機関を通じて、情報を共有している状態にあります。ですから、どこかの会社で返済を延滞してしまうと、その事実はほかの会社にも知れ渡ってしまうわけであり、いわゆる延滞ブラックの扱いとなってどこからも新たな借入ができなくなるのです。

ただし、信用情報機関において延滞ブラックとなっても新たな借入をおこなう方法は存在します。つまりは、延滞ブラックでも借りれる方法があるのです。どのような手法かといえば、人々の評判の中で審査が甘い会社を探せばいいのです。

世の中には多数の金融業者が存在しますが、審査が厳しい会社もあれば審査に甘い会社もあるのです。そのため、審査が甘い会社を探せば延滞ブラックでも借りれる可能性が高いため、延滞中で困りつつも新たな借入をしないと生活が回らないということであれば、こうした会社を活用しましょう。

間違って闇金に手を出す人もいますが、合法の企業であっても問題なく借りれる事例もありますので、無暗に非合法の金融業者には手を出さないようにしましょう。