キャッシング延滞中の新たなキャッシングは可能なの?

生活費や急遽の出費などに役立つのがカードローンやキャッシングですが、この返済が遅れると延滞という扱いになってしまいます。

そして、この情報は個人の金融機関利用状況をまとめる機関である、信用情報機関に登録されます。その上で、ここの情報をそれぞれの金融機関が閲覧するなどして共有しますので、延滞中に他の金融業者からお金を借りようと借り入れの申し込みをしても、審査が通らないことが多いのです。

JICCやCICなど、国内にはクレジット情報がキャッシング情報や借入状況や返済状況など、賃金業者の利用状況をまとめる信用情報機関が複数存在しております。

銀行カードローンや消費者金融のキャッシング、クレジットカードへの申し込みをおこなうと、それぞれの業者は審査のためにこれらの情報を必ずチェックします。そこで、延滞の事実も知ることとなりますので、基本的には延滞ブラックとなってしまうと新たな融資は承認を得られないこととなってしまいます。

しかし、延滞ブラックでも借りれる方法が世の中には存在していますので、仮にすでに延滞ブラックの状態にある方で、これからキャッシングやカードローンなど何かしらの方法で借入をしたいとの希望があるのであれば、ぜひこの点を頭に入れておきましょう。

そして、一体どうすればそのような結果が得られるのか、不思議に思う人もいるかもしれません。たしかに、すべての賃金業者から延滞ブラックでも借りれるとは言えません。

あくまでも一部の業者のみと言えますが、それでも困っている最中に手を貸してくれる業者は存在していますので、賃貸物件に住んでいる際の家賃支払いやお子さんの入学金など、どうしても必要なお金があって困っているのであれば前向きに利用を検討しましょう。

具体的には、街金やサラ金などと呼ばれる部類の消費者金融の場合には、延滞中であっても借りれるケースが多いのです。総量規制さえクリアしていれば、こうした消費者金融ならば審査も緩い場合が多いため、申し込んでおくべき価値が高いと言われているのです。そのため、入用の際にはぜひとも利用を検討してみましょう。