審査基準が甘い中小消費者金融で借りる

以前キャッシングと言えば、正社員が借入条件だったり、専業主婦でもサラ金なら借りれると情報が錯綜していました。現在は、しっかりとキャッシングの法律が制定されています。

正しく知ろう、キャッシングについて

現在国内では、消費者金融とクレジットカードのキャッシング枠、銀行カードローンが個人向けのキャッシングの方法です。住宅ローンや教育ローンなどはローン契約ですが、キャッシングは別です。

いずれのキャッシングも20歳以上が原則です。収入があることが条件であり、正社員以外のパートやアルバイトの収入でも申込ができます。収入ゼロの専業主婦だけは銀行カードローンの申込ができます。

申込と借入は違う

各金融機関、金融業者ではキャッシングに関しては必ず審査をします。審査基準が違うので、申込した時点では本当に借りれるかどうかは不明です。

専業主婦は別として、本人に収入がある場合は収入の額と本人がこれまで借金をしてきた信用情報から審査を行います。

金融事故者の借入

金融事故とは、信用情報で返済をしていないとか、多重債務者になっていて厳しい審査の消費者金融などから審査落ちの通告を受けた方を指します。

その場合は、審査基準が低い消費者金融にいってみると良いでしょう。ここでも申込と審査がありますので、審査次第で借入ができることがあります。

共通する総量規制

消費者金融とクレジットカードのキャッシング枠では、総量規制の限度額が共通しています。ですから、多重債務で大手消費者金融審査落ちの場合は、中小消費者金融で借りれたとしても少額だったり審査落ちが多いです。

債務整理では、減額された債務では返済能力があれば借りれることが多いです。これがブラックリストでも借りれる中小消費者金融です。

パートとアルバイトの低い収入だとしても

総量規制以上の借入が絶対にできないので、多重債務者も債務整理者もこの範囲内で審査することになります。100万円のパート主婦の総量規制は33万円程度です。大手消費者金融多重債務者で25万円借りていたとしても、あと8万円程度は中小消費者金融で借りれる可能性があります。

自己破産した時には、最低1年程度経過してから相談してみて下さい。その申込したときの収入、信用情報によって柔軟な審査が期待できます。

自己破産後の借入がなく、継続した勤務状態では審査通過も可能性があります。パートやアルバイトの場合は、債務整理後のキャッシングの方が審査に通りやすいかもしれません。