専業主婦の多重債務は無理

多重債務になることができるのは、原則的に収入がある方でしょう。

大手消費者金融でプロミスとアコムのカードローンを使っている。ブラックリストになったから中小消費者金融の借入もしています。

すべて総量規制範囲内のこと

消費者金融の法律は貸金業法であり、すべて年収3分の一の総量規制範囲内での多重債務になります。多重債務では、中小消費者金融ではブラックリストでも借入ができるなど、数万円単位も総量規制範囲内なら借入ができます。

ところが、専業主婦が借りたいと言っても、総量規制がゼロです。収入が0円ですから、3分の一の総量規制もすべて0円です。よって、大手消費者金融のアコムもプロミスも借入ができません。専業主婦=無職です。

銀行カードローンは銀行法

消費者金融と法律が違う銀行カードローンでは、専業主婦は申告で旦那が収入があると言えば、信用情報の審査で金融事故がなければ借入ができます。

申込と言えば、クレジットカードのショッピング枠の申込は普通にできます。クレジットカードでは、真面目に使っていたら自然と限度額も増えます。基本的にカードローンとクレジットカードは違うので、審査基準も違います。

専業主婦でもカードでお買い物ができます。銀行カードローンでは審査次第でカードローンができ、消費者金融ではできません。

多重債務者も難しい

銀行カードローンの限度額が低いので、あちこちの借入は申込はしないことです。返済を普通にできていたとしても、実際には突然審査落ちしてしまうことがあります。

総量規制対象外の銀行カードローンですが、専業主婦の借入は限定的です。貴重な銀行カードローンの借入ですから、返済をきちんと行うことが必要です。

配偶者貸付もあるけれど

中小消費者金融では配偶者貸付で、旦那の総量規制の一部の借入ができます。この場合、配偶者の審査があり同意書も必要です。

専業主婦では、旦那に内緒でキャッシングしたいと言う時、配偶者貸付はNGです。レディースローンで専業主婦対応の中小消費者金融配偶者貸付もありますが、旦那の了解が必要です。消費者金融に関しては、専業主婦は多重債務者にもなりませんし辛いところです。

専業主婦も無職もOK

もしこんな金融会社があるとしたら、ここは間違いなく闇金です。専業主婦が闇金に行く傾向も多いのは借りれるところが少ないからです。

しかし、闇金の借入では、直で旦那の勤務先などにも迷惑をかけることになります。人生もめちゃくちゃにされます。自分が収入がないことで、旦那に多大な迷惑もかけることになりますが、実際には冷静なことではありません。