専業主婦は消費者金融カードローンは持てない現実

専業主婦が持てるのは銀行カードローンだけ。他のカードローンを持つことはできません。多重債務も難しいことです。

消費者金融カードローンは持てない

消費者金融の借入では、総量規制範囲内の限度額です。総量規制は年収3分の一ですが、その時点で専業主婦はゼロになります。ゼロになってしまうのは、審査に通らないことになります。

銀行カードローンは総量規制対象外ですから、消費者金融とは別物です。ですから、銀行カードローンは専業主婦でも限度額が存在しています。限度額はそれぞれきまっていますが、消費者金融ではその金融会社の大きな限度額があります。

実際の借入では、その方の年収3分の一しか借入ができません。専業主婦はこの貸金業法の範囲内でアウトです。大手消費者金融カードローンは持てません。

中小消費者金融カードローンも持てない

現在、一部の中小消費者金融、中堅消費者金融ではローンカードがあるキャッシングができます。松山のセントラルと東京のライフティがランキングサイトでも人気です。ここはブラックリストでも借りれるので、ブラックでローンカードを使いたい方には人気です。

普通、中小消費者金融では、専業主婦も配偶者貸付での借入ができると言います。しかし、この2つの中小消費者金融は専業主婦は厳禁です。

専業主婦、ローンカードは持てないということ?

配偶者貸付は、配偶者が持つ総量規制の一部だけ借入ができます。ところが、カードローンで配偶者貸付が適用されない事になっています。

消費者金融カードローンが大手消費者金融だけではなく、中小消費者金融のローンカードも駆使できないということになります。配偶者貸付では、振込や現金の借入になります。

消費者金融は全滅?

専業主婦は貸金業法では無収入の立場であり、最初から借入ができないと思って下さい。

専業主婦は就職もしていないのですが、普通の生活ができます。その上で、銀行カードローンだけが借入チャンスがありますが、限度額は当然低いです。それは収入がないから仕方のないことですが、やはり消費者金融カードローンは手にすることができないのが現状です。

総量規制対象外とされる銀行カードローンの利用を大切にしていくこと。消費者金融の借入がなかなかできず、ローンカードも持つことができないので、諦めましょう。

専業主婦と言っても

無収入の点では、厳しいことです。借りるのは家計からのやりくりですが、絶対に無理はしないことです。キャッシングの返済のためにパートを始めましたという口コミもありますが、それでは何もならないのです。

しかし、パートも1年程度継続すると、大手消費者金融カードローンが持つ事ができますが。