消費者金融のレディースローンはどう?

大手消費者金融では、レディースローンも存在しています。女性担当者が応対する女性だけが申込ができるキャッシングです。そこには、主婦も申込ができるとあります。

レディースローンと専業主婦

専業主婦が契約できるのは銀行カードローンだけです。銀行カードローンにはレディースローンの商品はありませんが、消費者金融では一部条件付きでのキャッシングができます。

専業主婦も消費者金融で借りれる場合もゼロではありません。それが、レディースローンということではありません。

レディースローンの意味

女性で借金をしたい時に、なんとなく気が引けるという場合、担当者が女性に設定することで気軽に借りて下さいというのがレディースローンです。

大手消費者金融カードローンでレディースローンとあるのは、主婦でも収入がある専業主婦以外を対象としています。正社員はもちろんですが、パート主婦、アルバイト主婦、在宅ワーク主婦も歓迎です。

とにかく収入があることを証明されることで、女性も簡単にキャッシングができるというものです。風俗嬢も申込ができ、各問い合わせもすべて女性スタッフが対応してくれます。

ただ、大手消費者金融では、収入がない専業主婦は丁重に審査落ちです。金融事故とか信用情報でNGではなく、最初から借入ができないと断られることになります。

中堅消費者金融のレディースローン

一部条件付きで借りれるレディースローンというのが、中小消費者金融、中堅消費者金融、街金などの金融会社の商品です。商品紹介で、配偶者貸付とある場合です。

配偶者貸付とは、同居している主人がいる場合で収入が存在していることです。キャッシングだけではなく、ローンの種類として夫婦で収入を合算して契約をする場合があります。

夫婦の収入、世帯の収入で借入ができる契約がありますが、配偶者貸付も同じです。二人で収入があることの確認であり、この場合は配偶者の審査も必要です。そして、配偶者は自分で年収3分の一の総量規制範囲内のキャッシングができます。

専業主婦では、総量規制の一部しか借入ができないのが現状です。それがレディースローンの形です。普通のキャッシングとして、配偶者貸付もできますが。

銀行カードローン審査落ちで配偶者貸付

唯一の借入ができる消費者金融が、中小消費者金融の配偶者貸付の対応です。銀行カードローンと中小消費者金融の多重債務が可能ですが、審査は多少難しいです。金融事故があるから、借入ができないという場合もあります。

中小消費者金融はブラックリストでも借入ができますが、専業主婦の配偶者貸付では、配偶者がブラックリストでは審査落ち。そして、専業主婦の信用情報も金融事故があると、借入がではないこともあります。所詮、専業主婦は、消費者金融は冷たい対応です。