銀行カードローンしか申込できない現実

専業主婦のキャッシング事情については、借りれるカードローンの種類が限定されています。

消費者金融がサラ金と呼ばれたり、無収入でもキャッシングができた時代では、専業主婦でも大手消費者金融カードローンの借入ができました。しかし、現在は貸金業法が大きく改正されて、専業主婦キャッシングは銀行カードローンのみ対応しているのが現状です。

専業主婦の多重債務

ということで、専業主婦の多重債務と言えば、数箇所の銀行カードローンを駆使していることが精一杯です。

銀行カードローンは、専業主婦では限度額が決まっています。旦那がいることを前提の審査では、基本的に専業主婦自身の信用情報だけが審査要件です。旦那の信用情報は無関係であり、銀行で決められた限度額だけが借入ができます。

いくらくらい借りれるの?

まずは銀行カードローンと言っても、種類は豊富です。ネット銀行、大手銀行、地方銀行、信用金庫と専業主婦が作れるカードローンはそれぞれです。限度額ですが、10万円から50万円程度です。50万円を超える専業主婦のカードローン限度額は存在していません。

ちなみに、人気の楽天銀行スーパーローンは50万円です。そこで、楽天銀行スーパーローンの審査に通ったあとに、他の銀行カードローンの借入ができるのか?多分、信用情報でスーパーローンの借入をしたあとでは、審査は通らないことが多いと言います。

反対に、10万円の限度額の銀行カードローンの借入のあとに、楽天銀行スーパーローンの審査は通るのか?こちらは、信用情報で金融事故も無ければ、審査通過の可能性はあります。

甘い審査の銀行カードローンを探す

専業主婦では、属性として正社員?パート?などの審査がありません。不安定な収入も何も、主人の年収を聞かれたとしても旦那の審査もありません。ですから、専業主婦の信用情報だけが重要な審査になります。

そこで、借入をしているだけで銀行カードローンの審査が通らないこともあります。限度額が決められているので、総量規制もないのですが、とりあえず甘いと評判の銀行カードローンの審査で、多重債務の可能性を検討してみて下さい。

できれば、最初に限度額が大きな銀行カードローンに申込、50万円までで我慢というのが妥当です。

多重債務はしないほうが良い

今後のことを考えて、専業主婦は1枚の銀行カードローンを大切に使うことをオススメします。

自分の収入を問われることがないのですが、キャッシングの選択肢があまりにも狭いので、銀行カードローンの審査が最後のチャンスと位置づけて行くことをオススメします。できないとは断言できないのですが、専業主婦の銀行カードローンの多重債務は現実的ではありません。