専業主婦は銀行カードローンだけ多重債務が可能?

専業主婦のキャッシング事情は、普通に収入がある方のものとは大きく異なります。

消費者金融カードローンは持てない

専業主婦は大手消費者金融カードローンの申込ができません。大手消費者金融の審査要件では、収入がないことが理由で審査対象にならないです。申込は、私は専業主婦ですというだけで、信用情報で金融事故がなくても借入ができません。

大手消費者金融は専業主婦を否定しています。その現実を知ったとしても、まだ銀行カードローンの借入ができます。

銀行カードローンならOK

特に最近では、銀行なら専業主婦も契約者になることができます。金融機関のキャッシングでは、収入がない専業主婦は配偶者がいれば大丈夫です。

ここで、配偶者の審査をすることがなく、旦那がいるという申告だけで良いです。婚姻証明書も必要なく、うちの旦那は収入がありますからというだけでOKです。夫がいて、生活基盤が盤石な専業主婦でございますという身分で、銀行カードローンの申込ができます。

銀行カードローンの多重債務はできる?

違う銀行カードローンの多重債務は多分可能です。多分というのは、それぞれ少額融資をしている場合であり、銀行カードローンではせいぜい50万円程度が限度額となっています。

人気の楽天銀行

楽天銀行のカードローンでは、専業主婦でも申込ができます。限度額が専業主婦最高の50万円であり、身分証明書だけでOKです。楽天銀行のスーパーローンももちろん、専業主婦も大丈夫です。

銀行と消費者金融の法律は違う

銀行カードローンと消費者金融カードローンの法律は違います。

収入のない専業主婦では、銀行法のカードローンも契約ができます。カードローンの他に、楽天銀行のキャッシングもできるなどの対応があります。

金融機関では、楽天銀行の利用が頻度が多いとか、取引が長いなどの実績で信用が高くなります。楽天銀行では専業主婦ですが、ショッピング枠で200万円程度、キャッシング枠で30万円程度が普通に付きます。それとは別に、カードローンで50万円が付帯されています。

要するに、収入がない専業主婦であったとしても、楽天銀行などでは銀行対応が良いとなっているだけでも、普通に借入ができます。消費者金融の多重債務は基本的にできないのですが、各銀行のカードローンの申込ができます。

少額融資であるのなら数枚の銀行カードローンが作れます。金融機関だけでもあちこち借入ができます。しかし、楽天銀行だけですと、十分な借入限度額が付きます。多重債務者より1つの金融機関の取引で、より多くの限度額が貯まる方が良いです。

専業主婦の場合に多く借りたい時には、銀行カードローンを大切に使っていくことが必要でしょう。収入がある方のように、あちこち多重債務になることができません。