ブラックリストに入った債務者にも有難い!独自審査や自社審査の制度!


金融機関や賃金業者といった類の会社は、個人や法人にお金を貸すのもメインの仕事のひとつです。そのため、申し込みをおこなえば喜んで対応してくれます。

しかし、中には招かれざる客とでも言うような人もいます。それは信用度が低く、お金を貸しても返ってこない可能性が高い方々です。このような人にお金を貸したところで返済してもらえないかもしれないため、業者や銀行としては受け付けをしても審査で落としてしまいます。

特にブラックリストなどに入っているような債務整理をおこなった方などは、審査でほぼ弾かれます。業者の立場で考えれば、ボランティア活動ではないためにそれは当たり前のことなのですが、お金を借りる側の人の立場で考えた場合には、このような画一的な対応に悲しくなってしまう人もいるはずです。

たしかに、ワケあってブラックリストと呼ばれるほどに信用情報に傷がついたものの、それは過去のことであって今は生まれ変わったという人もいます。それでも信用情報は一定期間消えてくれないので、このような扱いを受けてしまうのです。

もしもこうした状況でお悩みなのであれば、銀行カードローンやクレジットカード会社、大手消費者金融などへの申し込みを避け、サラ金や街金などと呼ばれる会社に目を向けてください。

これらは小規模消費者金融とも言うべき会社で、基本的な立ち位置はプロミスなどと同じような消費者金融会社ですが、規模が小さいために独自のシステムもあります。そのひとつが自社審査や独自審査などと呼ばれる審査手法で、他社が当たり前におこなう信用情報機関の照会をおこなわないのです。そのため、信用情報がブラックであっても審査に通してくれることがあるのです。

これは他社で断られまくって頭を抱えている人にとっては朗報になるはずです。ですので、これからどうしてもお金を借りたい事情があるものの、過去の問題があるために大手や銀行では借りられないということであれば、サラ金や街金などと呼ばれている小規模消費者金融に目を向け、その独自審査や自社審査を受け、良い返事をもられるように願ってみましょう。実際、大手などでNGだった人が承認を受けることがあるため、期待しておきましょう。

自社審査という大手消費者金融や銀行には不可能な審査制度がスゴい!


お金を貸してくれる業者として、銀行カードローンやクレジットカード会社、消費者金融会社やキャッシング会社などが存在します。これらの会社からお金を借りる際には必ず審査があり、この審査を通過しない限りは借りられません。あくまでも審査ですから、それをクリアできない人もいます。

安定収入があり、過去の借り入れや今現在の借入状況に特に問題がなければ審査も通過できることが多いのですが、何かの問題があれば審査でも不承認となりますので、お金を借りることはできないのです。そのため、こうした会社から誰もがお金を借りられるわけではないため、その点は覚えておくべきです。

しかし、問題なく承認が得られるならば気にすることもありませんが、借りられないとなれば多くの人は困ってしまうものです。無論、借りられない事情がわかっている方も多いはずです。特に他社において借りたお金を長期延滞していたり、債務整理をしているような場合には、信用ブラックということになってしまい、本人がどんなに願ってもなかなかお金を貸してもらえません。

ですが、申込先を変えることによって借りられることもあります。多くの人は知名度が高いということで、銀行カードローンや大手消費者金融会社などへの申し込みを考えるものです。三井住友銀行カードローンやみずほ銀行カードローン、プロミスやアイフル、アコムやレイクなどへの申し込みをおこなう人は多いです。しかしながら、こうした大手にばかり申し込みをおこなうからこそ、審査で承認を得られないのです。

特に、消費者金融会社は大手以外にも中堅消費者金融や中小消費者金融会社などもあります。その中でも、サラ金や街金などと呼ばれる小規模消費者金融会社は自社審査や独自審査などを採用し、信用情報をチェックしないままに審査を終えることが多いのです。

つまり、個人信用情報機関にある情報がたとえブラックであっても、お金を貸してもらえることがあるのです。だからこそ、このような審査制度を設けている会社を利用し、良い返事をもらうようにしましょう。ほかの会社ではほぼ審査NGとなってしまうような人でも、サラ金や街金であれば承認してもらえる可能性がありますので、このような会社を有効活用しましょう。

個人信用情報機関がブラックでも独自審査や自社審査なら通過できる?


銀行にしても消費者金融会社にしても、こうした業者からお金を借りる場合には必ず審査があります。そして、審査では年収や勤務先、在職年数などが調べられます。さらに、今現在や過去の借金情報も調べられます。

信用情報機関には、各種銀行や消費者金融などを利用した内容がすべて登録されています。それぞれの社は自社の顧客情報はわかりますが、他社のことまではわかりません。そのため、すでに多重債務者となっているような場合でも、他社の情報がわからない場合には審査しようがありません。

つまり、返済能力がほとんどない人にも貸してしまう可能性があります。そのために第三者機関として信用情報機関があるのです。ここにそれぞれの社が情報を集めることで、それぞれの社が情報を共有し合い、自社を守っているのです。

しかし、こうした機関が存在することから、お金を借りたいと願ってもすでに何かの問題を抱えているような場合には良い返事がもらえません。たとえば、債務整理をしているような場合や延滞しているような場合、いわゆるブラック債務者となってしまうためにお金を貸してもらえません。

自己破産や任意整理、個人再生などの経験があれば、その内容に応じて数年間にわたって情報が信用情報機関に残りますので、その期間が過ぎるまではお金が借りられないのです。そのため、こうしたケースがあることも念頭に申し込み先を考えておかないといけないのです。

したがって、ワケありのブラック債務者がこれからお金を借りたいのであれば、大手消費者金融会社や銀行カードローンばかりに申し込みをおこなっていてもいい返事をもらえません。そのため、小規模消費者金融会社であるサラ金や街金などを頼ってみましょう。

これらの会社は大手とは違い、独自審査や自社審査といった方法を採用していることが多く信用情報機関の情報を参照しないことも多いのです。ですので、審査が甘くなるなど大手よりも魅力があるのです。だからこそ、ワケありの人にとってはありがたい会社となりますので、大手や銀行などで審査が通らない人はこうした会社の可能性に賭けてみましょう。

街金の魅力は独自に審査をおこなって信用情報を無視するところ!


消費者金融会社といえば、多くの人がプロミスやアイフルなど広告や看板をよく見かける会社を思い浮かべるものです。そのため、お金を消費者金融から借りたい場合にはこうした会社への申し込みを考えるものです。知名度の高い会社のほうが安心感も大きいからこそ、申し込む際にもこれらの会社を頼る人が多いものです。

しかしながら、事情があって信用ブラックなどになっているのであれば、その際には申込先を変えることも大切です。大手は銀行カードローンやクレジットカード会社などと同じようにどちらかといえば審査が厳しめだからです。

何の問題もない人であれば、多少審査が厳しい会社であってもお金をスムーズに借りられることが多いのですが、問題を抱えている人の場合にはこうした大手消費者金融会社などからは承認を得られないことが多いのです。

そのため、小規模消費者金融会社に目を向けてみましょう。小規模消費者金融会社と言われても、どのような会社なのかわからないという人も多いかもしれませんが、いわゆるサラ金や街金などと呼ばれる業者がここに分類されます。

消費者金融であることには変わりがないため、プロミスやアイフルなどと同じです。利息なども法律の範囲内であり、その存在も合法です。ただし、会社としての規模が小さいためにあまり名前が知られていません。大手のように全国に支店があるわけではなく、ひとつの店舗のみで経営されていることも多いのです。

これらの会社が銀行系カードローンや大手消費者金融会社などと同じようなスタンスで仕事をしていれば、やはり知名度の高い大手などに利用者が流れてしまうために、審査が甘いなどの特徴で差別化をはかっていることが多いのです。

特に独自審査や自社審査などと言われる信用情報機関の情報を照会せずに自社で独自の審査をおこなう手法が有名です。こうした審査によって信用情報機関にある個人情報に問題があり、信用ブラックなどになっている人であっても、お金を貸してもらえることがあるのです。そのため、自己破産などで信用ブラックになってしまった人ほど、こうした会社を頼りたいものです。

債務整理して信用ブラックでも審査が通る?街金の自社審査について


借りたお金が返せなくなったとき、債務整理という方法もあります。自己破産や任意整理などがその代表例です。こうした手法によって返済義務が免除されたり、返済がラクになる方法もあります。

しかしながら、このようなメリットがある一方で、当然ながらデメリットもあります。借りたお金を返さなくていい上にデメリットが何もないのであれば、誰もがこのような手法でお金を返さなくなってしまいます。

具体的には今後の借入に大きな影響があります。キャッシングやカードローン、住宅ローンやオートローンなどが利用できないのです。住居への入居審査でも保証会社からNGと言われて、賃貸に住めなくなることもあります。信用情報機関があり、そこに各社の情報があるために、新たな借入をしようと思ってもそれが不可能となります。

銀行カードローンやクレジットカード会社、消費者金融など様々な会社があり、それらの業者がお金を貸してくれるわけですが、必ずその際には審査があります。そのため、審査時に信用情報機関にあるその人の情報をチェックしますので、過去に自己破産などの経験があるのであれば、お金を貸してもらえません。そのために信用情報機関が存在しているようなものですから、こればかりは仕方ありません。

ただし、こうした信用情報機関の情報を審査時に確認しない業者もあります。そのため、過去に自己破産や任意整理をしており、まだその事実が信用情報機関から消えていないうちにお金を借りたい場合、そのような業者を有効活用しましょう。

具体的にはサラ金や街金などと呼ばれている小規模消費者金融です。これらはサラ金や街金などと呼ばれているものの、その内容はプロミスやアイフルなどのような消費者金融と同じです。

しかしながら、会社としての規模が小さいために大手との差別化をはかるために、審査基準が緩いことが多いのです。自社審査や独自審査などを採用し、信用情報機関にある個人情報は閲覧しないのです。だからこそ、普通ならば余裕で審査に落ちるような人であっても審査に受かることがあります。

したがって、自己破産や任意整理などをした過去があっても、どうしてもお金を借りたい場合には、こうしたサラ金や街金などからお金を借りるようにしましょう。すべての人が必ず審査を通るとまでは言えませんが、その可能性が高いために覚えておきましょう。