お金を借りたい


お金を借りたいのでしたら、銀行カードローンが一番いいでしょう。なによりも、金利が低く借りることができるのが大きなメリットなのです。そのため、誰でも銀行カードローンからお金を借りたいと思います。

しかし、誰もが気軽に銀行カードローンを利用することはできないのです。というのも、銀行カードローンの審査は厳しく誰で審査に通ることはできないのです。

銀行カードローンの審査に通る事のできる人は、雇用形態でいうと正規雇用されている人です。それ以外の人は銀行カードローンに融資の申し込みをしても審査に通ることはないでしょう。

銀行カードローンの融資の申し込み条件というのはシンプルです。満年齢が20歳以上と、安定した収入のある人といったものだけなのです。年齢はいいとしても、安定した収入というのがいろいろな解釈の仕方があるのです。

正規雇用されている人は確かに収入が安定しています。一方のパートアルバイトなどの非正規雇用の人はどうでしょうか。働いた分だけお金はもらえるのですが、働かなければ収入を得ることはできません。ですから、収入が安定していないと言えば安定していないのです。

収入の多さというのもあるのですが、一番の違いは雇用が保証されているかどうかということです。終身雇用制は崩れたといっても、正規雇用されている人は雇用が保証されています。自ら辞めると言わない限りは簡単には仕事を辞めさせることはできません。

いっぽうの非正規雇用の人でしたら、雇用契約を結んでも数ヶ月長くて1年です。それ以降は更新しなければ辞めなくてはいけません。そういったように正規雇用と非正規雇用、パートアルバイトの人では雇用形態に大きな違いがあるのです。以上のことから、銀行カードローンでお金を借りることができるのは、正規雇用されている正社員ということになります。

そして、銀行カードローンですが、一頃はスピード融資という言葉が踊っていたのですが、今はそういった文言を見ることができません。というのも即日融資やスピード融資ができなくなったからです。それは、警察庁のデータベースへの照会が義務づけられたためです。不正融資防止のためなのですが、それによって審査が翌日に渡って行わなければいけなくなりました。

警察庁のデータベースに照会して、照会情報を得られるのが最短で翌日ということからです。ですから、すぐにお金が欲しいというときには、銀行カードローンや役立ちそうにありません。金利が低く返済利息が少なくて済むのは魅力なのですが、スピード融資に対応していないのが残念なところです。

残念といえば、最近の銀行カードローンは総量規制を自主的に行っているようです。ですから、これまで消費者金融会社では年収の3分の1までしか借りることができなかったのですが、自主規制によって銀行カードローンも年収の3分の1までしか借りることができなくなったのです。

もっとも自主規制ですから、自主規制を行っていない銀行もあるでしょう。銀行カードローンを利用できる正社員でも、勤続年数が1年に満たない人、さらには他社借り入れが多ければ、銀行カードローンを借りることができないでしょう。

銀行は返済能力もしっかりチェックしているからです。勤続年数が短ければ、まだ試用期間と言うことも考えられます。他社借り入れが多いとお金に困っている、借金の返済に借金を充てているのではと思われるのです。

銀行カードローンを借りることができない人の受け皿的な存在になっているのが、消費者金融会社のカードローンです。審査基準は銀行カードローンよりも低く、パートアルバイトや非正規雇用の人でも消費者金融会社のカードローンの審査に通ることができます。先述したように総量規制が適用されるので、年収の3分の1までしかトータルで借りることができません。それでも借りすぎの防止には大きく貢献しているのは確かです。

さらに、消費者金融会社のカードローンを取り扱っているのは、アコムやプロミス、アイフルにレイク、モビットといった大手消費者金融会社です。また、一部の中小消費者金融会社がカードローンを扱っています。

消費者金融会社は全国に2,000社近くあるとされていますが、カードローンを取り扱っているのは10社程度でしょう。その他の多くの消費者金融会社は中小消費者金融会社と、街金と呼ばれる小規模な消費者金融会社なのです。中小消費者金融会社や街金の審査基準はさらに緩くなっているので、属性が低くなっている人でも借りやすいのがメリットです。

しかし、その分金利が高くなっているので注意が必要です。もっとも、上限金利が法律で決められていて、20%を超える年利を設定してはいけないことになっているので、安心です。20%もかなりの高利なのですが、それ以上の金利になることはありません。

いずれにしても借りたら返済するという気持ちをもって、できたらきちんとした返済計画を立てて借りるようにしたいものです。

大阪の街金で借りる


お金をどうしても借りることができない、融資の申し込みをしてもカードローンの審査に落ちてしまうといった人は、属性が低くなっているので審査に通ることができません。

銀行カードローンの場合は特に審査基準が厳しくなっているので、フリーローンの審査に通ることはできないでしょう。カードローン利用者であれば、利用限度額の増枠申請をしたほうが、審査に通りやすいと思います。もっとも、延滞などをしていない場合に限るのはいうまでもありません。

消費者金融会社のカードローンとなると取り扱っているのは、アコムやプロミスといった大手消費者金融会社となっています。他には、一部の中小消費者金融会社がカードローンを取り扱っているくらいです。大手消費者金融会社のカードローンは消費者金融会社の中でも審査が厳しく、誰でもカードローンを借りることはできないでしょう。

あるデータによると、大手消費者金融会社のカードローンでも2人に1人は審査に通ることができないということです。つまり、審査通過率は50%ということになります。銀行カードローンの審査に落ちた人が大手消費者金融会社のカードローンに申し込むことが多いので、もともと属性がそれほど高くない人たちですから、審査通過率も自ずと悪くなるということです。

大手消費者金融会社のカードローンの審査に通ることができなくなると、どうしたらいいでしょうか。対策としては、中小消費者金融会社や街金に融資の申し込みをすることです。

大阪は商業の街ですから、中小消費者金融会社や街金の数は全国的にも多いのです。株式会社アルクや日本保証フリーローン、フクホー、スピリッツといった消費者金融会社もあります。大阪の街金だったら借りやすいと考えている人もいることでしょう。

大阪の中小消費者金融会社や街金は、大手消費者金融会社のカードローンの審査に通らなかった人の受け皿的な位置づけになります。そのため、もともと属性の低い人たちが融資の申し込みをするので、中小消費者金融会社や街金の審査基準が緩いといっても、誰でも借りることができるというわけではありません。

審査に通って契約まで持ち込むには、ある程度の審査が必要ですし、属性が低くなっている原因の多くは複数の借り入れです。まだ複数の借り入れで済んでいればいいのですが、多重債務となると審査に通ることは難しいでしょう。

延滞していると難しい


消費者金融会社が融資をする際に契約するのですが、延滞は明かな契約違反ということになります。返済の約束をしているのに、その日までにお金を用意できなかったのですから、その日を境にして電話がかかったり、メールが入ったりし、数日後には督促状が届くことでしょう。

うっかりミスで口座にお金を入れ忘れていたということでも、状況はそれほど変わりません。うっかりミスよりも、事前にお金が返済日までに用意できない…といったほうが対策としてはいいくらいです。

うっかりミスも考えようでは借金に対して無頓着とも取られかねません。ですから、返済日にお金が用意できなかったというのは、信用を落とすには十分なのです。

事実、延滞したという事実は返済したしないにかかわらず、延滞情報として信用情報機関に記録されます。延滞した人が他の消費者金融会社に融資の申し込みをしたときに、信用情報の照会を信用情報機関にするのですが、そのときに延滞したという情報があれば、審査に通ることはできないでしょう。それだけ延滞したということは信用度を落としてしまうのです。

ブラックの人が借りるには


延滞を繰り返していくと、返済が追いつかず、あげくには返済不能となるのでしょう。返済しないでいると、消費者金融会社などから委託を受けた債権回収会社から連絡が来るようになります。

ほぼその時点で解決策としては、全額返済する化、分割払いに応じるかとなるのですが、もうひとつの方法として債務整理があります。任意整理をして、借金の減額に応じてもらい、返済を続けていくか、返済がどうしてもできないなら自己破産するかのいずれかになるのです。

この状態のことを金融事故を起こしたということで、ブラックと呼ばれています。信用情報機関には金融事故として記録されます。この状態になると、どこもお金を貸してくれないでしょう。

大阪の街金なら貸してくれる


大阪には数多くの街金が存在しています。そして、ネットの口コミなどで、ブラックでもお金を借りることができたという書き込みもあるのです。これは、大阪の街金の多くが独自審査を行っているからです。独自審査というのは信用情報機関に照会せずに、街金独自で審査をおこなうものです。

審査内容は、現在の属性のみですから、きちんと働いているのかを確認するために、電話での在籍確認をします。それと収入を証明する書類の提出を求められます。このふたつをクリアすることができたら、街金の場合はお金を借りることができるのです。

ただし、ブラックの人でも、必ずお金を借りることができるというわけではありません。