厳しい審査を前にして銀行から融資が得られない場合の対処方法


金融機関の代表格と言えば、銀行があります。銀行は家を建てる際の住宅ローン、自動車購入資金のためのオートローンがありますし、教育ローンなどもあります。そのほか、今は個人に向けて用途自由のフリーローンである銀行カードローンも用意されています。また、事業者向けの融資もあります。

このように、銀行はお金を貸す会社として存在して多くの人に愛用されているのですが、銀行の審査が厳しいのは昔も今も同じです。即日審査や即日融資をおこなっている銀行カードローンなどは、かつての銀行のイメージとは異なりますが、それでもほかの賃金業者と比較した場合に審査は厳しいです。そのため、融資のために審査を受けても、そこを通過できずに融資も得られないという人が多いのです。

もしも、このようなハードルにぶつかってしまって頭を抱えているのであれば、銀行以外の業者に目を向けてみましょう。銀行以外にも消費者金融やキャッシング会社など、いわゆるノンバンクと呼ばれる事業者がたくさん存在していますので、こうした会社への申し込みを考えていけば、今までとは違った回答が得られる可能性があるのです。

ノンバンクは必ず融資してくれるとまでは言えません。しかしながら、銀行カードローンやそのほかの銀行からの融資に関する審査に比較すれば甘い部分があります。

銀行に融資の申し込みをして即座にNGを伝えられたような人であっても、銀行以外の消費者金融やキャッシング会社ならば承認を得ることができたというケースも世の中には意外に多くありますので、このようなケースに自分も当てはまることを期待して、銀行以外の賃金業者への申し込みを考えてみましょう。

銀行に申し込みをして融資を断られてしまうと、その時点で融資を諦めてしまう人もいますが、それはあくまでも審査が厳しいところに申し込んだからです。ほかの会社に目を向ければまた違った答えが得られる可能性がありますので、諦めずに前を向いて歩きましょう。

中には、個人向けの融資のみならず、消費者金融やキャッシング会社は事業所への融資をおこなっているところもあるため、会社の運転資金の相談などにも使ってみましょう。

総量規制オーバーで消費者金融からの融資がNGの場合は銀行が良い


お金がないときにお金を貸してくれるのが銀行です。また、銀行以外にもノンバンク系の金融機関として、消費者金融やキャッシング会社があります。これらの会社はキャッシングやカードローンなどの名目で、個人に対して無利息かつ無担保でお金を融資してくれます。これは、とてもありがたいことですが、お金に困ってつい借りすぎてしまうこともあります。

しかし、借りすぎて返済が難しくならないように日本には総量規制というルールがあります。年収額に応じて借りられる上限額が決まっているのです。このようなルールによって規制することで、自己破産者などを減らし借金で苦しむ人を減らそうという消費者を保護するための法律です。

ですが、借りる側からするとこのルールが厄介な存在になることもあります。それは、借りたいお金があるものの総量規制オーバーになってしまい、融資が受けられないケースです。言ってみればありがた迷惑のようなものです。たくさんのお金を借りていてもその返済ができる人は多いですから、一律で規制されてしまうことに迷惑している人もいます。

ここでひとつ覚えておきたいのは、総量規制は銀行以外の消費者金融やキャッシング会社などに適用されるルールだということです。つまり、銀行の提供している個人向けの融資である銀行カードローンはその適用外なのです。

銀行からの融資まで総量規制に含めれば、住宅ローンや自動車ローンが組めなくなります。住宅ローンなどは余裕で年収以上の金額となりますので、そこに総量規制の概念が入れば誰も融資を組めません。そのため、総量規制のルールからは銀行は除外されているのです。

したがって、総量規制オーバーによって新たな融資を得られないとお悩みなのであれば、銀行カードローンを有効活用することを考えてみましょう。銀行カードローンも今は大型化しており、数百万円単位のお金も貸してくれることがあります。ですから、様々な用途のために使えるはずです。

さらに、審査も早くそのあたりの条件は消費者金融やキャッシング会社と同様ですから、銀行をかつてのイメージで見ているのであれば、それはもう昔の話であるということも認識しておきましょう。

同じ金額を借りるならお得に!無利息期間などキャンペーンも有効活用


キャッシングやカードローンなどのサービスを用いてお金を借りる場合、その相手は銀行であるケースが多いですが、銀行以外にも消費者金融などがあります。しかし、それぞれの会社ごとに利息は違います。できるだけ利息の低い会社から借りたほうがお得ということは誰もが分かるはずです。

ここで、もっとお得な方法もあります。そのひとつが無利息でお金を貸してくれる会社の利用です。業者は、融資したお金だけではなく利息も上乗せした金額を返済してもらうことで企業としての利益を得ていますので、どこの会社も利息をとるのが当然です。

そのため、無利息と言われてもいまいちピンとこない方もいるかもしれませんが、このような不可能に思える物事を実現している事業者は存在します。特に、消費者金融のカードローンやキャッシングサービスに多いのですが、キャンペーンや特典のような形でこうした制度を特別に提供しているケースが多いのです。

たとえば、新規利用者のみにこうした特典を適用しているケースです。初回利用者に限って初回の融資額に関しては無利息としているケースです。細かいルールはそれぞれの業者ごとに異なりますが、たとえば借入れた最初の月に関しては無利息にしていたり、それ以上に長い期間を無利息としているなど無利息期間を設けている会社が多いです。

融資を得るときに少しでも得したいと考えているのであれば、このようなキャンペーンを用意している会社に目を向けてみましょう。特に3万円や5万円、10万円などのどちらかと言えば少額の融資を希望している方にとってはお得です。

借りたお金が大きいとそれを分割で長い期間にわたって返済していくこととなりますが、少額融資ならば1カ月以内などの短期間で全額返済できてしまうことも多いはずです。このような形での返済が可能なのであれば、利息がないほうがお得です。

実際、複数の消費者金融やキャッシング会社などが無利息融資をおこなっていますので、どうせ同じ金額を借りるのであれば、こうした方法を知った上で少しでもお得に借りておきましょう。

金融機関や賃金業者も銀行系と大手事業者と小規模事業者では審査基準が違う


お金を貸してくれる会社と言えば、銀行や消費者金融があります。これらはお金を貸してくれる企業であることと、銀行とノンバンクという違いがあることは誰もがご存知のはずですが、実はそれ以外にも違うものがあります。それは、審査基準の違いです。

銀行であってもどこの会社であっても、融資の申し込みを受けたからといって無条件にすべての人にお金を貸しているわけではありません。必ず審査をおこなった上で融資の可否を決めています。そして、この審査基準が会社ごとに異なるのです。

銀行は、住宅ローンや自動車ローンなどをサービスとして提供していますが、これらの審査はとても厳しいです。また、今は銀行系カードローンがあり、個人に無担保ローンを提供していますが、こちらも個人向けのフリーローンに関する審査の中では審査が厳しめです。銀行以外の消費者金融やキャッシング会社などに比べるとやや厳しいのです。

また、銀行以外のノンバンクである消費者金融やキャッシング会社なども、会社の規模に応じて審査の厳しさは違います。たとえば、アイフルやプロミスやアコムなどの誰もが知るような消費者金融は超大手です。これらは、場合によっては銀行カードローン並みに審査も厳しいです。そして、それ以外にも中堅消費者金融や中小消費者金融などもあり、このように会社としての規模が小さくなるに従って審査も甘くなる傾向にあります。

審査が甘いと言っても、あくまでも審査なので誰でもということではないのですが、大手の消費者金融と比べれば審査は甘めです。そのために、お金を融資してもらいたいとの思いがあっても、思うように融資承認の答えをもらえずに困っているのであれば、それは銀行や大手消費者金融など審査が厳しい会社にばかり申し込みをしているからかもしれません。

したがって、このような悩みを抱えているときには小規模消費者金融会社に注目してみましょう。サラ金や街金などと呼ばれる会社がここに属するため、これまで銀行カードローンや知名度の高い大手消費者金融ばかりに融資の相談をしていたのであれば、目先をちょっと変えてみてください。

事業性の運転資金は銀行以外も貸してくれる可能性がある


個人的な融資を得たい場合、消費者金融や銀行カードローン、またはクレジットカードを使ってキャッシングするなどして現金を獲得できます。反面、会社としてお金を借りたい場合、それは事業性資金となります。

会社の運転資金が枯渇すれば、経営者としては厳しい判断を迫られるわけですが、こうした難局を乗り越えるために銀行などから融資を得ている企業は世の中に多数あります。しかし、どこの企業も必ず銀行から融資を得られるとは限りません。個人に10万円を貸すのとは違い、数千万円や数億円という融資も当たり前にあるのが企業への融資ですから、お金を貸す側もより慎重になります。

貸し渋りなどという言葉があるように、銀行もリスクを避けるために中小企業などには特に貸さないことも多いです。メガバンクや都市銀行などの大手行はもちろん、地方銀行や信用金庫、ネットバンクなどに目を向けても、良い返事がもらえないケースもあります。

会社としての歴史が浅かったり、すでに多額の融資を得ているような場合にはこのような状況に陥ることもあります。そして、会社の運転資金や内部留保がなく売り上げや今後の支払いなどを考えた場合には、社員への給料の支払いや取引先への支払いなどでも問題が生じてきてしまいます。

もしも、このような状態で悩んでいるのであれば、銀行以外の賃金業者や金融機関に目を向けてみましょう。銀行以外はノンバンクと呼ばれ、消費者金融がその代表格です。こうした会社は個人にのみ融資をおこなっていると思われがちですが、今は事業性資金などを融資している会社も増えています。しかも、低金利となっていますので一考する価値はあります。

難局を乗り越えるために、これまでは銀行一辺倒だった視線を消費者金融やキャッシング会社などのノンバンク系の企業にも目を向けるようにして、今後のことを相談していきましょう。

融資の可否に関してはケースバイケースとなりますが、これまでは銀行でまったく相手にされなかったような企業であってもこうした会社ならば良い返事をしてくれることもありますので、まずは話を聞いてみましょう。