消費者金融カードローンで借りる

銀行カードローンは即日融資に対応していませんから、すぐにでもお金が必要という場合は、消費者金融会社のカードローンに頼るしかありません。消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをすると、銀行カードローンと同様に審査を受けることになります。

消費者金融会社の審査は銀行カードローンよりも厳しくなく、どちらかと言うと銀行カードローンの審査に通らなかった人の受け皿的存在のカードローンと考えていいかもしれません。

とはいっても、消費者金融会社のカードローンは銀行カードローンと比べても使い勝手が良く、金利の高いところが難点と言えますが、他の多くの部分では消費者金融会社のカードローンのほうが銀行カードローンを上回っているのです。

サービス面においては、融資の申し込みの段階でWEB完結の申し込み方法もそうですが、無人契約機が全国各地に設置してあるのが大きいです。これによって24時間365日いつでも、融資の申し込みができるのです。

夜の22時まででしたら、モニターの向こうにオペレータがいるので、審査を受けることが可能で手続きが22時までに終わることができたら、無人契約機からローンカードが発行されてすぐにコンビニATMでキャッシングを利用することができるのです。

また、昨今ではローンカードも発行しないといったサービスが出てきています。スマホがあればカードレスでの出金が可能となってきているのです。消費者金融会社のカードローンはますます便利になってきているのです。

さらに、初回に限りということになるのですが、30日間の無利息キャッシングサービスがあります。初回のキャッシングで30日以内に返済すればそれには返済利息がかからないのです。これはかなり便利なサービスで、少額のお金が必要な場合でしたら利用価値があります。30日以内ということは、その間に給料日がありますから、そのときに全額返済すればいいのです。

あるいは、消費者金融会社では無収入の専業主婦でも、申し込みをすると、お金を借りることができます。収入が無いのにどうして?という声が聞こえてきそうですが、この場合は世帯収入で審査を行うのです。

専業主婦ということは、働かなくても世帯主(配偶者)の収入があるということですから、世帯全体の収入で審査を行います。世帯主の属性によるのですが、他に借り入れなどがなければすんなりと審査に通ることでしょう。加えて、申し込みは電話やファックスでも可能です。

大手消費者金融会社の場合はレディースローンを用意しています。これは女性なら金利が優遇されるのかと思いがちですが、金利も借りることのできるお金も差がありません。それではどこが違うのかというと、スタッフ全員が女性ということなのです。女性目線の借り入れのアドバイスができますし、全て応対は女性が行うといった違いがあり、金額的な違いはありません。