お金借りれる窓口なんてありません

消費者金融カードローンについては、大手消費者金融などでは公式サイトが存在しています。情報サイトでお金借りれる窓口とあったとしても、それぞれの申し込みサイトの紹介がある程度です。

借りれる情報サイト

例えば、大手消費者金融ばかり、銀行カードローンばかりのサイトもあります。信用金庫の金融機関の紹介、カード発行の方法などです。

融資が困難な方へは、甘い審査の中小消費者金融の紹介もありますが、窓口としてここからの申し込みではなく、やはり中小消費者金融の紹介とそのサイトからの申し込みへの先導の形です。

これはヤミ金?

良くあるパターンとして、お金借りれる窓口として、ここから申し込みとある場合、応募フォームは存在しています。しかし、そのキャッシングの金利や限度額などの説明なしに、申し込みだけをしてくださいとあります。会社もわからず、申し込み入力はバリバリ個人情報です。

これが正規の申し込みなら、個人情報保護などで外にバレることはないでしょう。しかし、何も説明がない応募フォームは危険です。いかにもブラックで借りられない人のために相談窓口という雰囲気がありますが、この形は闇金の可能性が高いです。

お金借りれる窓口は危険?

消費者金融の会社名、説明、登録番号などが全くない金融業者への安易な申し込みはしないことです。

もっと言えば、どんな人でも借りれるとか、無審査、無職でも借りれるとの文言がある場合は、金融業者ではない可能性があります。一応、名前の知らないところからの借り入れに関しては、会社名を確認の上、中小消費者金融では口コミ情報がある金融業者が安全です。

お金借りれる窓口、安心ローン

正規の貸金業者は金融庁のデータベースにすべて掲載しています。現在貸金業者で、お金借りれる窓口、お金借りれる安心ローン、安心ローンの会社は1つもないです。ですから、キャッシングでこの名前がある申し込みはしないことです。

実際には、お金借りれる安心ローンというサイトがあります。そこでも、いきなり申し込みフォームがこことありますが、金利説明などが一切ないサイトです。ブラックだと、すぐに借りたい、安心ローンの言葉は媚薬です。

ですが、そんなサービスのキャッシングは現在は行っていないようですから、怪しいサイトからの借り入れはしないことです。

お金借りれる窓口は公的資金で審査だけではなく、キャッシングでない方法でしか借りれないと思ってください。カードローンの要領では、この文言は禁物です。