ブラックでも借りれない街金の場合もあり

融資ブラック、ブラック融資の街金。これは、ブラックリストにお金を貸す審査の金融業者のことです。多くの街金では、信用情報の金融事故がある方でも、小口融資が期待ができます。

多くの情報サイトでブラック対応、ブラックOKとあって宣伝の形で伝えたとしても、さして反論もないです。中小消費者金融と街金の立場としては、本当にブラックリストに堂々と貸金をしています。

誰がブラックと決めた?

街金の立場としては、たまたま会社の審査基準に通ったので契約をしているといった感じです。

申込者の信用情報では、金融事故があるけれど、我が社ではその金融事故は大丈夫という言った感じです。大手とはキャッシング業者として審査基準が違うので、大した問題ではないというのです。

2社の多重債務で大手消費者金融は審査に落ちました

これで街金に行ったとします。街金の平均借入件数の許容範囲は4社です。ということは、2社の大手消費者金融審査落ちの申込者は、街金ではブラックではないということ。この場合、普通に借りれることがあります。それも即日融資の街金なら、すぐに借入ができます。

融資ブラックはお断り

そんな街金ですが、大手、消費者金融と同じ審査落ちの要件があります。それが、総量規制です。総量規制とは貸金業法の限度額です。申込者の年収3分の一が範囲内ですが、多重債務者では合算されます。街金ではこの総量規制の扱いが大手消費者金融と全く同じです。

2社の多重債務で大手消費者金融審査落ちした原因が、実は借入件数だけではなく借入額が総量規制いっぱいだとしたら、街金でも借入ができないことになります。大手消費者金融審査落ちの原因が総量規制である場合は、街金も同様の審査内容になります。

遅滞延滞も同じ

ブラック融資が絶対にできない方が、延滞と遅滞をしている方です。返済をしていない利用者は、即審査落ちです。街金の延滞をしたのなら、即取り立てです。

債務者が返済もしないで、新規キャッシングの申込をしてしまうのは、借りれる街金でも首を横にふることになります。返済能力を問われる審査で、今の時点で延滞をしているようでは、絶対に借入ができないことになります。

だから審査をしないとわからない

大手消費者金融や銀行カードローンの審査に通らない方をブラックと呼ぶことがあります。その方がブラック対応の街金で借りれるのに、必ず審査をしなくては内容がわからないです。総量規制、延滞遅滞が大手消費者金融で借りられない理由だとしたら、街金でも借りられないことになります。

ここはどんな街金も中小消費者金融も同じ審査になります。