借りれる街金、一応ブラック対応のようです

街金の定義はいろいろです。わかりやすい言い方をすると、大手消費者金融や銀行カードローンでも借りられない方でもキャッシングができる小規模・中小消費者金融のことを指します。

金融会社として看板だけではなく、昔から金貸し屋として存在しているようなところを指す場合も少なくないです。いわゆる、ワケありでも貸してくれる金融業者的なものを街金と呼ぶことができるでしょう。中小消費者金融、中堅消費者金融と呼ばれる場合も多いです。

規模が小さいけれど

融資が50万円以下の限度額設定のところが多いです。ただし、信用ができると、その街金に合わせた規模で借入額が大きくなります。街金は、店舗こそ小さいですが、貸金業者ですから決してお金がないわけではないです。

多重債務者、債務整理者等返済が困難な方に対して、最低限のキャッシングを与える立場が街金です。完済できない融資はしないということです。

大手消費者金融カードローンのように総量規制範囲内の限度額を与えるのではなく、希望額に対しての審査でキャッシングができるフリーローンの対応です。

審査は、徹底した信用情報の内容確認と収入の確認をします、特に多重債務者の申し込みでは、他社の返済もできるほどの返済能力を要求します。そうなると、必然的に小口融資にならざるを得ない結果になります。

したがって、初めてのキャッシングで街金を選択することはないでしょう。

ブラックのための街金ではない

もともと気軽にお金を借りられるサラ金が街金の最初です。サラ金から消費者金融と名称が変わり、大手消費者金融カードローンがどんどんと表に出始め、街金はそのままの姿で過ごしていました。

その時には、昔からの客が借りていた程度でしたが、貸金業法の改正で総量規制ができたり、インターネットの普及によって、中小消費者金融、街金は新たな時代を迎えます。

大手消費者金融と違う審査基準にすること、インターネットでホームページを公開することで、昔の客ばかりではなく、インターネット申し込みの新規のブラックが次々と申し込みに来ている状態です。それで、いつの間にか、街金が大手消費者金融カードローンができないブラックリストが借りれる街金として存在意義が大きくなっています。

ブラック対応、ブラックOK

この言葉を使用している街金はゼロです。それでもサイトで目にするのは、街金のことを記事にしている情報サイトで街金紹介のときに使用している言葉です。この紹介のされ方で、大手消費者金融や銀行カードローンでブラックリストとなった方でも借りれる甘い審査が話題になっています。

全国に点在し、全国対応としている街金が多いです。もし、知っている街金を紹介してほしいと言われた場合、どこにしようかと迷ってしまうくらいです。それだけ国内には、ブラック対応の街金が揃っています。全国対応、地域密着等の街金、特徴ある審査等、挙げればきりがないくらいです。