ブラックリストは総量規制いっぱいの借入は無理

総量規制は消費者金融とクレジットカードのキャッシング枠の限度額です。銀行カードローンは総量規制対象外です。

総量規制は限度額が年収3分の一です。よって、パートやアルバイトで申込をしたとしても、自身の年収によって限度額が決まります。低い年収の方は限度額の低いという法則です。

ブラックリストになったとしても

基本的には、総量規制は同じです。ただし、限度額の決定は、消費者金融の審査で決めます。ですから、債務がある状態では少ししか借りられないのは仕方がないことです。

しかし、自己破産後に申込したときはどうでしょう?

自己破産後のキャッシング

もし10年程度前の自己破産なら、普通に総量規制範囲内の借入ができます。大手消費者金融カードローンだって対応しています。

ところが、年数がそんなに経っていない。口コミでブラックリストでも借りれる中小消費者金融や街金に行くと、借りれたとしても少しの場合が多いです。

金融事故の状態では、カーローン、住宅ローン、リース契約もすべて審査落ちです。保証人なしの契約だとしても、本人の信用情報の信頼がゼロです。自己破産の場合は最悪の債務整理であり、金融業者に大きな損害を与えたことになります。

支払いができないので、借金をなしにして下さい。法的に対応できることですが、ブラックリストは借入ができない期間として5年以上は審査落ちです。ところが、中小消費者金融などでは、自己破産後の1年程度で審査次第で借りれます。

総量規制は100%余っている

確かに100%使われていないのですが、実際には収入に対して数万円単位の借入です。決して違反ではなく、これが審査です。ブラックリストだけど返済ができるとされる範囲内のキャッシングができます。

中小消費者金融でもカードローン契約は無理です。中小消費者金融が定める担当者の審査次第で、少しだけ借りれると思って下さい。

ブラックリストであることは隠さない

自己破産したことは、はっきり言って正解です。任意整理でも良かったという判断もありますが、法的に認められた免責があるのなら、多重債務者よりも自己破産者が信用情報的にはきれいです。

10年間待てばまた借りれる

そうです。そのときには、大手消費者金融、銀行カードローンの借入ができます。本当のことを言えば、中小消費者金融と街金ではなく、大手消費者金融や銀行カードローンで借りれる日を待つのが良いのですが。

パートやアルバイトの収入では、絶対に無理したキャッシングはしないことです。自己破産後の行動も気をつけましょう。中小消費者金融では借入ができますが、大手消費者金融の借入がはるか遠くになってしまうのは事実です。