自己破産後の借り方

自己破産してしまった人でも借りれる消費者金融が中小消費者金融、街金などです。ここでは、パートやアルバイトでも安定した収入があることで申込ができます。

自己破産パートでも借りれる?

中小消費者金融の審査要件では債務整理者の扱いは様々です。最初に自己破産者は相手にしないところがあります。これは除外ですが、任意整理では返済中でも借りれる。個人再生も同様です。

また、任意整理と個人再生では完済後1年経っていないと審査落ち。自己破産では1年以上経っているなどの内容がバラバラです。

債務整理者は信用がない?

大手消費者金融と銀行カードローンの審査基準は、債務整理者は信用しないことで5年以上の借入ができません。ところが、中小消費者金融は債務整理者は債務が少ない、ゼロの部分に注目します。

中小消費者金融利用者の中には、過去の債務整理よりも現在の収入を重視してくれる審査と評することがあります。これが、中小消費者金融のスタンスです。パートでもアルバイトでも自己破産したとしても、収入があれば審査対象です。

審査では何をする?

中小消費者金融では、話しを直接します。自己破産の理由だったり、今の収入についての質問がとても多いです。プライベートの内容もありますが、すべて返済能力の確認です。

自己破産して1年以上経っていて、その間の借入をしていない。パートもアルバイトも1年以上同じところで仕事をしている。自己破産の理由も常識的であれば、中小消費者金融では少額のキャッシングができるでしょう。

できれば、数万円単位の希望と、自己破産から3年以上経っていることが確かなキャッシングの条件です。

例えば100万円のパート主婦

消費者金融のキャッシングでは、総量規制の限度額は33万円程度です。

主婦ですが、返済能力がない。弁護士を介して自己破産をすることは可能です。それから、2年程度経ってから中小消費者金融に行くとしたら、自己破産の事実で既に解決した借金であり、ずっと同じ職場。在籍確認ができた上に今回は1万円だけ借りたいと言うのは有効です。

しかし、総量規制が33万円だからと30万円貸してほしいという希望はかなわないでしょう。年収100万円程度では、10万円のキャッシングも自己破産後は厳しいでしょう。半年くらい返済をしていき、改めて増枠をすることをオススメします。

自己破産後はおとなしく

債務整理後の借入では甘い審査の中小消費者金融だとしても少なめの希望額が妥当です。ここで自己破産は反省していますという態度が肝心であり、謙虚な態度も必要になります。審査に通る秘訣の1つです。