配偶者に内緒のキャッシングと債務整理

夫に内緒のキャッシング。結構聞くことです。そして、夫に内緒の債務整理。これは、内緒のキャッシング後にどうしても返済ができずに行うことがあります。

任意整理ならできる可能性がありますが、自己破産に関しては弁護士などとよく相談をしてください。

夫に内緒

パート主婦などで収入があれば、問題はないです。在籍確認も信用情報も妻だけの内容です。全く知られずにカードローンも振込キャッシングも受けることができます。電話番号も自宅ではなく、携帯電話に対応できるようにすることで、全ての連絡を自分で受けることができます。

最初に夫に内緒と言えば、消費者金融、銀行カードローンでも対応はしてくれるでしょう。バレるとしたら、自分の行動や通帳などを見られたときです。

債務整理について

弁護士に夫に内緒でというと、できれば話したほうが良いと言われることが多いです。

これは、任意整理程度ならなんとか対応ができますが、その他の返済や自己破産では世帯の収入も関係します。これが夫であれば、収入源のほとんどが自分ですから、なんとか妻に内緒の行動ができます。

ただし、夫に収入がないとか、専業主夫では立場が違います。正社員の夫にパート主婦、専業主婦では、特に自己破産のときには夫にすべてを話しをしてからの対応が良いということです。任意整理の場合だけ、弁護士介入で夫に内緒で債務整理を進める事ができますが、その他の債務整理では夫なしでは難しいです。

主婦のキャッシング

主婦という立場の借入は専業主婦だけです。収入がないという点で、どうしても配偶者の立場が必要です。銀行カードローンでは、配偶者が存在しているだけで良いのですが、中小消費者金融では配偶者の同意書がなくては借りられないことが多いです。その夫がブラックならキャッシングができないですし、内緒は無理です。

しかし、パートでも収入がある主婦のキャッシングは、中小消費者金融でも問題はないです。自分の信用情報の金融事故が審査基準に合えば、金融ブラックでも主婦の立場は関係ないです。自身の総量規制範囲内のキャッシングができるばかりではなく、配偶者にバレることもなく、借入ができます。

自分の口座があることは必要です。中小消費者金融や街金では振込キャッシングになります。その時に夫の口座を使用することは絶対にできないです。通帳は見られないようにしてください。これがバレないためのポイントです。