お金を借りるには


お金を借りるなら消費者金融会社か銀行なのですが、いきなり消費者金融会社からお金を借りる、借りたいという人は少ないでしょう。まずは、銀行からお金を借りることを考えるべきなのは間違いありません。

それでは、誰もが銀行からお金を借りたいのはどうしてでしょうか。それは、銀行のほうが金利が低いことがあげられます。金利が低いと当然ですが、返済利息がより少なくて済むのです。ですから、消費者金融会社のカードローンよりも、銀行カードローンほうがいいということになります。

お金はどこで借りてもその価値は変わりません。お金はお金ですから、同じお金なら少しでも金利が低いところで借りたいというのが、群集心理でもあるのです。というよりも、当然のことですね。

それと、世間体の問題もあります。今でも消費者金融会社のことをサラ金と呼ぶことが少なくありません。言わば、消費者金融会社イコールサラ金といったイメージが定着しているのです。消費者金融会社としてはいささか不本意かもしれませんが、そういった図式となっているので、そのイメージを払拭させることは難しいでしょう。

実際にアコムやプロミスなどの大手消費者金融会社は、昔からの社名でずっときています。サラ金と呼ばれてバッシングを受けていた時代と同じ社名なのは、消費者金融会社としてのプライドを感じさせずにはいられないところですね。

だからこそ、誰もが消費者金融会社よりも銀行からお金を借りたいと思うのですし、消費者金融会社で借りているということがわかったら、お金に困っている、借金地獄になっているといったあらぬ噂を立てられることは間違いないのです。といったことからも誰もが消費者金融会社からではなく、銀行カードローンに融資の申込みをしたがるということなのですね。

いずれにしても、お金を借りたいときは融資の申込みをしなくてはいけません。そして、申込者が信用に値するかどうかを銀行のほうが審査をしなくてはいけないのです。いうなれば、信用度の審査あるいは返済能力を調べるといったことになります。

友人知人でのお金の貸借りでしたら、すでに知己があるのでお金を貸しても返してくれるという安心感があります。しかし、融資の申込者と銀行ではそういった関係にありません。ですから、融資の申込みを受けてもはいそうですかといったように、すぐにお金を貸してもらえるわけではないのです。

この人にお金を貸しても返済してくれるのか、返済能力はどうなっているんだろう、信用情報は大丈夫なのか…そういったことから融資の申込者の審査を行うのです。この審査基準というのが、銀行カードローンではかなり高くなっています。ですから、誰もが銀行カードローンに融資の申込みをしても審査に通らないのです。

一般的な融資条件というのは満年齢が20歳以上であること、そして安定した収入のあるのとの2点です。年齢はしょうがないのですが、安定した収入の解釈が銀行と消費者金融会社では違ってくるのです。

銀行の場合は、安定した収入のある人の条件は正規雇用されている人と考えるのが自然です。というのも、パートアルバイトの人でしたら銀行カードローンの審査に通らないからです。

安定した収入というのは、収入の多さや少なさで判断するものではありません。もちろん収入が多いほうが返済能力は高く見えます。しかし、それ以上に雇用形態が安定しているのかどうかが重要なのです。正規雇用されている人、いわゆる正社員ですが、こういった人の雇用は保障されていると考えていいでしょう。

一方で非正規雇用の人やパートアルバイトの人は雇用が保証されていても有期限となります。3ヵ月あるいは半年、あるいは1年といった雇用契約を都度結んでいく雇用形態となっているのです。無期限ではありませんが、定年退職まで雇用が保証されている正社員とは待遇がまったく違うということですね。

ですから、銀行カードローンの審査はこういったところを見ているので、審査が厳しくなり、パートアルバイトの人や非正規雇用の人は銀行カードローンの審査には通りづらくなっているのです。

銀行の場合、口座開設者からお金を預かっていて、それが銀行カードローンの原資になるのですから、貸し倒れなどには気をつけなくてはいけません。保証会社が貸し倒れの補填をしてくれるはずですが、それでもないに越したことはないのです。確実に返済できる人に融資をしているのですから、金利も低くできるということですね。

そのため、正社員の人は銀行カードローンの審査に通りやすいのですが、正社員以外の人はどうしたらいいのでしょうか。そうなると、消費者金融会社のカードローンに頼らなくてはいけないということになります。

いずれにしても、消費者金融会社でしたら、パートアルバイトの人でも審査に通ることができるでしょう。というのも、消費者金融会社は銀行と違ってお金を貸すことでしか収益をあげることができません。ですから、多少属性が低くてもリスクがあったとしても消費者金融会社は融資をしてくれるということですね。その分、金利が銀行カードローンよりも高くなってしまうのは、仕方のないことといっていいでしょう。

消費者金融会社の場合は総量規制の問題もあって、借りすぎることができないのが良くも有り悪くもあるといった感じでしょうか。総量規制というのは年収の3分の1までしか借りることができないというものですが、消費者金融会社にのみ適用される法律です。銀行は総量規制対象外ということですね。

ですから、属性のいいときに銀行カードローンでたくさん借りておこうという人もいるかもしれませんが、返済が厳しくなって消費者金融会社のカードローンでお金を借りてさらに返済が厳しくなるという、負のスパイラルに陥ってしまうので気をつけたほうがいいでしょう。

北海道のサラ金でお金を借りる


北海道のサラ金でお金を借りるといった人も少なくないでしょう。もちろん、北海道にも消費者金融会社はたくさんあります。

融資を受けるには大手消費者金融会社のカードローンがいいのですが、消費者金融会社の中でも大手消費者金融会社のカードローンの審査は一番厳しくなっているので、中には審査に通らない人もいることでしょう。そうなると、中小消費者金融会社に融資の申込みをしなくてはいけません。

北海道というと金融業界の中心は札幌になります。消費者金融口コミなどもあり、どの消費者金融会社が借りやすいかなどの口コミを調べるのもいいでしょう。札幌を中心に多くの中小消費者金融会社があります。消費者金融キャネット、消費者金融ココリス、エコー信販株式会社、消費者金融エイシン、消費者金融ビアイジ、消費者金融BESTなどが知られています。

大手消費者金融会社のカードローンがよく知られているのですが、北海道のサラ金の中には、北海道限定のカードローンを取り扱っている中小消費者金融会社もあります。当然ですが、ローンカードも北海道限定です。使い勝手を考えたら、大手消費者金融会社などは自前の、大手消費者金融ATM等を持っているので使い勝手も良好です。

しかし、地元に密着したサラ金も北海道には多いので、そういった消費者金融会社を利用するのもいいでしょう。北海道には多くの消費者金融業者が存在しているので、借りるには困らないかもしれませんが、地域密着型の消費者金融会社、あるいは小規模消費者金融会社などは、インターネットにホームページを開設していないことが多く、人知れずといった認知度となっているのです。そういった消費者金融会社のほうが一般的に審査基準が低く、属性の低い人でも借りやすいといった特徴があります。

もちろん、そうはいっても審査があるので、契約までもっていくには審査に通らなくてはいけません。それでも、消費者金融会社などの貸金業者はお金を貸すことで、収益を上げているので多少のリスクを背負ってでも属性の低い人にも融資をしているのです。

もちろん、すぐに中小消費者金融会社に融資の申込みをするのではなく、できるだけ、大手消費者金融会社のカードローンを利用するようにしましょう。北海道でのみ使えたらいいから…というのではなく、大手消費者金融会社のカードローンのほうが使い勝手がいいからです。

即日の融資にも対応してくれているので、いざというときに頼りになります。また、無人契約機が至る所に設置してあるのも心強いです。

融資の申し込みは24時間365日無休で受け付けてくれますし、当日の22時までの申し込みでしたら、オペレーターがいるのでその日中の融資が可能です。ローンカードが発行されるので、近くのコンビニですぐにでもキャッシングすることができるのです。ここまでのサービスは、大手消費者金融会社のカードローンしかできない芸当ですね。

北海道の消費者金融会社で借りるには


北海道の消費者金融会社でお金を借りるには、大手消費者金融会社がおすすめです。自動契約機があるので、対面での申し込みが苦手な人にとっては心強いのが自動契約機ですね。

昨今では、メガバンクなどにもカードローンの自動契約機が設置されていますが、店舗に設置されているので、人目を気にしなくてはいけないので利用率は低いそうです。その点、大手消費者金融会社のカードローンの自動契約機は一つの独立した建屋にあるので人目を気にすることなく、融資の申し込みができて契約の手続きができるのが大きなメリットといえます。

もっとも、大手消費者金融会社のカードローンの審査に通らない人も少なくありません。たいていは審査に通るのですが、延滞履歴などが過去にあるようでしたら、審査に通らないことも十分に考えられるのです。

ですから、大手消費者金融会社のカードローンでお金を借りることができなければ、北海道の中小消費者金融会社あるいは、街金に融資の申し込みをしなくてはいけません。

北海道のサラ金を利用する


大手消費者金融会社のカードローンの審査に通らないときは、北海道のサラ金に融資の申込みをしましょう。中小消費者金融会社や街金になると、かなり審査が通りやすいです。

ただし、カードローンは一部の中小消費者金融会社でしか取り扱っていません。ほとんどは限度額設定のない、借り切りの通常ローンとなっています。取扱商品も少ないので、却ってシンプルに借りることができます。

注意したいのは消費者金融会社の業容によって、借りることのできる額がかなり変わってくるということです。百万円以上借りることのできるサラ金もあれば、街金のように10万円程度が相場といったサラ金もあります。

また、融資方法も銀行振込といったところが多いので、即日融資をしてもらいたいときはできるだけ午前中に行って、融資の申し込みをしたほうがいいでしょう。

属性が低くても借りることができる?


属性が低いとどうでしょうか。たとえばブラックとなった人でも借りることができるのかということですが、一般的にブラックの人はお金を借りることができません。

それはある意味不文律のようなものです。法律で決められているわけでは無いのですが、ある種の社会的制裁といった意味合いが強いのと、債務整理に陥るというのは資金管理がルーズであるということで、通常に審査を行っても審査に通らないといったことが多いためです。

中には独自審査と言って、信用情報機関を通さない審査をするサラ金があります。こういったところでは、現在の属性のみで審査を行うので、時折、ブラックでも借りることができたというケースもあるようです。

それでも、ブラックでも必ずお金を借りることができるというわけではないので、注意したほうがいいでしょう。