審査なしで借りれる金融機関は?

「どうしてもお金が必要だけれども、銀行などの金融機関でお金を借りようとしても、審査に引っかかってしまう」という人がいますよね。それもそのはずで、数ある金融機関のなかでも、とくに銀行は大手消費者金融などと比較して審査が厳しいのです。

ですから、信用情報に不安のある人は、お金を借りられないというケースも多いもの。とくに多いのが、金融事故を過去に起こしている例です。

たとえば、クレジットカードの返済を長期間、延滞するなどで信用情報に事故情報が載ってしまっている方や自己破産した経験がある方、会社を経営するなどしていて、その資金繰りに失敗して過去に大きな借金の延滞をしてしまった方などは、審査に合格しない可能性も大きいのです。

では、このような方がキャッシングを利用したり、カードローンを利用したりする方法はないのでしょうか?

貸してくれる可能性のある業者

何度も審査に落ちたりしていると、どうしても審査のない金融機関や大手消費者金融などの業者を探してしまいがちですが、基本的に審査のない金融機関というのはありえないです。

それでも、人生にはどうしてもお金が急に必要になってしまう、ということがあるもの。たとえば、生活保護を受けるほど生活が困窮しているけれど、さらに病気になってしまって治療費が必要になった、などです。

いくら困っているからといって、ヤミ金やソフトヤミ金などはやめたほうがよいです。ソフトヤミ金もヤミ金も、法外な利息を取り立てるのは同じなので、いかに借りやすくても、返済する段になって困ることになります。

あまりに高い利息をとる消費者金融などは、いくら返済をしても元本を減らせない場合があり、最終的に返済不能の状態に陥ってしまう、というケースがよくあるからです。

大手消費者金融でもラクに借りられるところ

そこで、おすすめなのが、大手消費者金融のなかでも、審査があまりと評判の業者です。これらの業者のひとつにアコムがあります。

アコムのローンは、テレビコマーシャルなどでも有名ですので、多くの方が知っているため、審査も厳しいのではと思われがちですが、しかし、実はこのアコムは審査の通過率が高い、という点でも評判です。その理由のひとつが、アコムのカードローンは信用度の比較的低いと判断されるような人にも、限度額を少なめに設定したうえで貸付をしているからです。

つまり、少額でよいのであれば、信用情報に不安な…がある方でも、キャッシングの審査に合格する可能性がある、ということです。このように、大手消費者金融でもお金を貸してくれる可能性はありますので、ぜひチェックしてみるとよいでしょう。

どうしてもお金が必要な学生向け金融業者

大学生になると、突然、多額の出費が必要になってしまう、という場合も多いです。人によっては、生活費を自分で稼いでいる人もいますが、一方でサークルの合宿などで多くの金額を一度に支払わなければいけなかったりもします。

そこで、親などに頼れない場合に大手消費者金融などの消費者金融や、また、銀行などでカードローンなどの契約をして、どうにかキャッシングで乗り切れないか、と考える人も多いでしょう。

消費者金融などと比較して審査が厳しいと言われている銀行ですが、そのような銀行のなかにも、学生向けのキャッシングやカードを使って返済ができるカードローンのサービスを提供しているところはあります。

銀行カードローンでは難しいとしても、たとえば、アコムであれば学生や主婦であっても、低金利でキャッシングの契約などをすることができます。限度額が低くても、審査に通ることが最優先という人にはおすすめです。

審査に通らない人は

しかし、そういった大手消費者金融で審査に通らない、という学生の方もなかにはいますよね。その理由はなにかというと、例えば可能性としてすでに他の消費者金融や銀行から多くの借金をしており、総量規制に引っかかってしまってお金を借りることができないということが挙げられます。

また、生活保護を受けていても審査には通りにくくなります。もちろん、金融事故を過去に起こしているのは不利な要素です。

このように審査に通らない方などは、ぜひ信用情報に不利な情報が載っている可能性がないかどうか、もういちどここ数年のキャッシングやカードローン、また借金全般に関するふるまいを思い返してみてください。

もちろん自己破産などをしていても審査には通りにくくなります。しかし、1社の審査で不合格になったからといって、諦めてしまうのは早計です。多くの金融会社や金融機関などは、独自の項目によって審査をおこなっているため、多くの消費者金融や貸金業者をあたってみることで、自分に貸してくれる金融機関や会社もあるからです。

安全に借金をする方法

そのように、銀行などでは借金をすることができないような不利な状況にある方でも、ヤミ金融などに頼ることなく、安心して借金をする方法もあります。

たとえば、大手消費者金融や銀行系の消費者金融よりも信用度は下がってしまいますが、中小の業者で審査があまりきつくなく、融資をしてくれるところもありますので、そのような消費者金融の情報を集めてみるのがおすすめです。

審査担当者談として、ネット上でもこのような中小の消費者金融の審査に関する話が紹介されているのですが、銀行系などをはじめとした大手消費者金融とは違い、ゆるめの審査をしているのが特徴です。

学生でローンカードを持つことはできるのか、と不安な方もいるかもしれませんが、アルバイトをしていれば融資をしてくれる消費者金融も多いです。利用限度額はやはり収入に応じたものになりますが、ぜひ検討してみてください。

どうしてもお金が必要な主婦がお金を借りるには

専業主婦の方も、突発的な出費や、生活費を補填するなどの目的でお金を借りたいということがあるでしょう。そのようなときはどうすればいいのでしょうか。

まっさきに思い浮かぶのが消費者金融などのカードローンです。このようなローンで審査を受けようとしても、専業主婦で特に収入のない方は、審査に受けることはあまりありません。カードローン審査で落ちてしまうというと、ブラックリストに載っている、あるいは信用情報になにか不利な情報でもあったのか、と思ってしまうのですが、実はそれ以前の問題です。

実は、自分ではまったく収入を得ていない主婦が、消費者金融で融資を受けることがほぼ難しいのです。これは配偶者の同意があっても、あるいは大手ではない中小の消費者金融でも同じことです。

実は、法律上は、収入の全くない主婦であっても、配偶者に収入と同意があれば、総量規制の枠内で融資を受けることが認められています。これを「配偶者貸付」といいます。しかし、実際にこれを活用して融資を受けることができる消費者金融業者はめったにないのです。

配偶者に内緒で借りる方法

では、どうすれば収入のまったくない専業主婦でも借金ができるのかというと、中小消費者金融業者ではなく銀行で借りる、という手があります。

この銀行は、配偶者貸付をきちんと受け付けてくれるところが多いですし、たとえば利用限度額はいくらまで、という専業主婦向けのルールも決められていますので、とくに抵抗なく融資の申し込みをして審査を受けていただくことができます。

しかし、「配偶者に内緒でかりたい」と考えている人もいますよね。実はそのような方にも、利用していただくことができる銀行カードローンがあるんです。一部の銀行カードローンは、実は、配偶者の収入証明なしでこのような配偶者貸付を利用することもできます。ですから、配偶に内緒でお金を借りたい、という方にもおすすめなのです。

過剰な利用は禁物

ただ、いくら収入証明なしで利用できるといても、過剰な利用はしてはいけません。万が一、延滞などということになると、配偶者のほうにももちろん迷惑がかかりますし、内緒で銀行に融資を受けて、それで信用情報に傷がつくかもしれないなどということになっては、夫婦の仲にまでヒビが入ることにもなりかねないからです。

しかし、金融機関や業者によっては、融資に関する書類や通知などが家に郵送されてくることもあるので、そのようなことがないかどうか、必ず銀行に確かめましょう。

どうしてもお金が必要なのに借りれない場合

カードローンや消費者金融、そして銀行カードローン、また、消費者金融系カードローンなどで借り入れを多くしていると、審査にもう通らないということが起こります。

このように、カードローン審査で通らずこれ以上借入ができないという方は、過去に債務整理などをしたという金融事故があったということのほかに、総量規制に引っかかっている可能性があります。

この総量規制というのは、個人の借入の総額をその人の年収の3分の1におさえるという法律によっておこなわれている規制で、カードやローンの審査の際に他社借入の総額を聞かれるのは、これが理由です。つまり、その人の返済能力を超えて貸付をしてしまった場合、返済不能に陥る可能性があるので、それを防ぐために設けられているのがこの総量規制です。

では、このような総量規の限度額を超えて借入をする方法は本当にないのでしょうか?

審査に合格する方法

総量規制を超えて借入をしたいとき、審査に合格するにはどうすればいいのかというと、銀行や銀行カードローンを利用するというのが一つの手です。銀行からの借入は、総量規制対象外になっているからです。

そもそも、総量規制というのは貸金業法にもとづいて認可された貸金業者からの借入の総額を規制するものであり、銀行に関してはその対象外になっているのです。そのため、まずは総量規制に引っかかるほど借入をしてしまう前に、銀行系のカードローンや銀行カードローンを利用しておくのがおすすめです。

そして、このような銀行や銀行カードローンのほかにも、郵便局からの借入や農協からの借入なども、総量規制の対象外になるので、このような金融機関を利用するのもポイントです。

このほかに、住宅ローンや医療ローン、教育ローンなども総量規制の対象外になるほか、事業資金もこれにあてはまりますので、自営業者の方で事業資金を借りている場合もそれをのぞいた額を借りることができます。

おまとめローンは総量規制対象外

また、このほかにおまとめローンも総量規制の対象外になるというのがポイントのひとつです。

このおまとめローンは、そもそも借入の総額が多すぎて利息が高く、毎月の返済負担が大きすぎるという方が、複数の消費者金融や銀行からの借入、銀行系カードローンを一本化して1社からの借金に借り換え、返済負担を減らす、というものです。

これは、債務整理には該当しないため、借金をする際にネックとなってくる金融事故にあたるわけではありません。このおまとめローンも総量規制の対象外になりますので、困っている方は検討してみるとよいでしょう。

どうしてもお金が必要なら稼ぐしか無い

消費者金融や銀行、その他のキャッシングなどでお金を借りすぎて総量規制に引っかかり、もう借りれないという状態になっている人もいますよね。このような人は、さらにカードローンなどで借金をしようとしても審査に合格できず、どうすればいいか迷っているという場合も多いです。

女性であれば、「パパ活でもするしかない」と考えている人もいるかもしれません。「パパ活」というのはいわば「肉体関係をもたない援助交際」といってもよく、食事などを男性と一緒にするだけでお金をもらうという行為のことです。

パパ活の方法

パパ活をするには、だいたい相手の男性と出会い系サイトなどで出会う、というのが常套手段です。この場合には、なんとなくご飯などをおごってもらうようになって、次の段階としてお金をもらうようになるパターンもあります。

また、このほかにキャバクラなどに勤務している女性が、お客さんを相手にパパ活をする、ということもよくあるようです。このパパ活は、キャッシングなどで重ねた借金もうまくいけば返済することができるため、生活に困らないほど現金を持っているという男性を「パパ」にすれば有効な方法です

プロフェッショナルであるキャバ嬢などは別として、これがうまくいく女性のほうが少ないでしょうし、男性はまず不可能ですので、消費者金融やカードローンで借金ができなくなったら、さらなる借金を重ねる、という方法のほかに、お金を稼ぐ、という方法もあります。

借入をせずに稼ぐという選択肢

無職の人で借金がこれ以上借りられない、というのであれば、そもそも職を探して生活を安定させ、借金を返していくことがおすすめですが、すでに自分で仕事をしている人もこれ以上稼げないのかといえば、そんなことはありません。

副業の情報は、インターネット上にいくらでも転がっています。ですから、すでに仕事をしている方でもこのような副業をおこなうことで、さらに収入を得て借金を効率的に返していくことも可能です。

お金を稼ぐ方法で手軽にできるのがポイントサイトを利用することです。このポイントサイトでは、生活に必要なさまざまな買い物を提携サイト経由でおこなったり、保険などの見積りや、ゲームをする、あるいは、データ入力などの作業をする、といったことでポイントを貯めていき、それを現金化することができます。

本格的にアルバイトなどの副業ができれば、かなりの収入が入るはずですが、いまやっている本業が忙しすぎたり、あるいは、子育てをしていたり、といった理由で、なかなかアルバイトなどがしづらい、という方も多いでしょう。

そこで、おすすめなのが先程のポイントサイトのように、家にいながらできる副業を探すことです。