消費者金融の審査の甘さ、下には下がある?


消費者金融の審査は無情です。個人信用情報機関などで金融事故があるだけで、あなたにはお貸し出来ませんと判定をされてしまいます。審査担当者談では、見ず知らずの方に融資をする時には、過去の実績を見て判断するしかないですからというのが本音です。

申込者がどんな職業で安定した収入があり、過去の返済をきちんとやってきた人でない限り、お金は貸すことができないというのは当然のことです。簡単キャッシング、スピード審査の大手消費者金融では、審査落ちの結果も早いです。

そんな方が中堅消費者金融などに向かうのはごく自然なことです。何と言ってもお金が必要なのですから、即審査をしてもらうのですが、ここでも何かしらの原因で審査落ち。その先は債務整理しかないですねと言われたとしても、諦めない方も多いようです。

中小企業と言われるキャッシング会社の情報は、サイトにも詳しいですが、口コミなどもあり、正規消費者金融などはきちんと確認することができます。闇金も多いのですが、サイト内で人気の中堅消費者金融などでは、キャッシングの成功失敗の口コミも多いです。意外なことに審査落ちをしている方も少なくないことと、その方たちが次に行っているのが、もっと審査が甘い正規消費者金融を探していることです。

確かに、中小企業の消費者金融にしても、大手消費者金融を頂点とすると、ピラミッドのように小さな企業が階下に並んでいると言われています。それぞれのオコボレを拾う形で、規模が小さな金貸し屋的な金融会社も少なくありません。

インターネットではそうした会社を探すことは一応可能です。利用者もそれほど多くはないのですが、一応審査をしてもらってください。そこで、中小企業の消費者金融で審査落ちの方にとって、その下はあまり選択肢がないことと、借りられない現実を知ることが多いです。地域密着型の街金的な消費者金融で相談してみても、色良い返事はないことが多いです。

そして、人によっては、どこで間違えたのか闇金の金融業者に捕まってしまい、四苦八苦している方もいます。本当のことを言うと、大手消費者金融の審査に落ちた時点で潔く債務整理をするべきです。

その後の審査については、もしOKであっても返済金額を増やすだけである認識も持ちましょう。いやいや、最後まで諦めないと言っても、審査はそんなに甘くない現実も知ることが必要かもしれません。

審査基準の違い 甘いとされる消費者金融での審査の秘密


消費者金融の審査は、それぞれ金融業者で違います。甘いとされる中小企業のキャッシング会社でも、微妙に“甘さ”が違います。

その境界線では、信用情報の内容です。過去に債務整理を行った金融事故者に対して、どれだけ寛大な許容範囲なのかということです。年収と限度額の空きのバランス、過去のある延滞記録の数などで、審査の合否が決まるようです。消費者金融業界でも、ここでダメならほかはないでしょうというところでの審査落ちはもうアウトです。

審査の甘い消費者金融の情報では、あそこは良かったけれど、落ちる人もいるよというところが良い金融業者だと思ってください。どんな人も絶対に通るのは闇金ではしかないのです。必ずどんな人なのかを確認する、この経営体質がない金融業者は、正規消費者金融ではないということです。

信用情報は、今までの自分の行ってきた記録です。きちんと返済している人がきちんと評価されて、いい加減な返済をしてきた方に対しては、それなりの評価をするだけのことです。あの消費者金融は審査が厳しいから憎らしいのではなく、自分がまともに返済をしなかったり、延滞をしてきたことが、審査落ちになってしまうのです。

中小企業のキャッシング会社では、できるだけそのあたりは甘く判断しようとしてくれていますが、まるでボロボロの信用であれば、簡単に審査を通すこと絶対にしないことでしょう。

中小企業の審査では、直接面談をして話を聞いたり、電話で長々と事情を聞いてくることが多いです。それも長時間かけて審査と言う名の話をしてきます。関係の内容な話をしたり、どうしてブラックリストになってしまうようなことになったとか、話かけ作戦が続きます。

回答をいい加減にしたり、担当者に嘘の情報を告げるなど、人間性も審査の一つだと言われています。本当に完済につもりがある人なのか、きちんと人の話を聞いてくれる誠意のある人なのかなどを話から読み取ると言います。ですから、同じようなブラックリストの条件の方でも、審査に通る人と通らない人がいます。

もし、最近中小消費者金融などで審査落ちをした方の中で、担当者に対して邪険な口を聞いたり、悪態をついたり、切れたという方はそれが悪かったかもしれません。もっと早く言ってくれれば良かったのにと言うかたもいますが、本当にこんなことで審査に落ちてしまう場合もあるようです。じゃ、今度は紳士的な態度をしよう、それで審査に通れば良いのですが。

保証料って何?


審査の甘い消費者金融は、大手消費者金融で審査に落ちた方にとっては、借入しやすい金融業者として利用者が増えています。自分で信用情報に問題があることは承知であり、審査内容も担当者からの電話で家庭環境を細かく聞かれたり、今までの借金返済の様子などを話すことになります。

そして、1週間以上待たされた挙句に、審査に通らないこともあります。ここは審査の甘い消費者金融だから、誰でも借りられると言うような口コミもありますが、どんな金融業者でも審査があるところでは落ちる方は存在します。

大手消費者金融がダメなら中小企業、中小企業がだめなら小規模と言うように検索をしまくることが多いのですが中小消費者金融の審査落ちの方は、他のところでの借入ができる可能性は少ないと言われています。それでも似たようなところに、もしかしてと思い申込をする方もいます。

中小企業のキャッシング会社でも審査の甘さではなく、借入をする時の違いとして、保証料の存在があります。最初に10%ほど取られた完済後に返金されるものですが、これが掛かる方と掛からない方がいるようです。

信用情報の問題なのか、会社側の対応なのかはわからないのですが、このような存在そのものが、闇金と勘違いされやすい部分です。キャッシング会社アルコシステムがこのような金融業者です。

審査の甘い消費者金融を探しても、すぐにはヒットしない会社です。あちこち審査落ちをして、それでも探すとやっと名前が上がる。正規消費者金融であり、ブラックに神対応の金融業者ですが、保証料の存在、小口融資、個人事業主は借入NGなどの典型的な中小企業です。

そして、保証料が本当にあるとしたら、審査は甘すぎるところと言っても良いでしょう。ここでダメなら、次はないとい言っても過言ではありません。保証料の話題が出るところでは、相当闇金に近いと言っても良いのです。

闇金では、手数料などではとにかく金をまき上げるのですが、正規消費者金融においては、この方は大丈夫?と疑いをかけているのもあります。しかし、そもそもお金を貸すのに、その前に保証料と言うのは。利息も払うというのに、この存在自体貸金業者として、大丈夫?と思われる方も多いです。

アルコシステムについては、正規消費者金融であり神対応の貸金ができそう。保証料もあるようですが、それが払えないようであれば、審査落ちは決定です。

ブラックであることを認識しなきゃ


消費者金融では、キャッシングのために審査を行うのですが、その基準の公表はしていません。利用者としては、口コミやホームページの記載されている数字が審査の内容を判断するのですが、審査は甘いと厳しいに区別されることがあり、そのラインは中小企業かどうかということです。

大手消費者金融は厳しい、それ以下は甘いところがあり、甘さのも段階があります。審査の公表はしていない部分で申込者の細かなデータが確認できず、こんな感じでOKと言うのは予想しかないのですが、同じようなブラックリストでも片方はOK、片方は落ちる事もあります。

ブラックではあちこちに短期間で申込をすると、申込ブラックと言われることがありますが、これは金融業者に貸金の申込をしただけで信用情報に記録が乗るためです。大手消費者金融では、この申込を繰り返すことで、未回収リスクを感じることで審査落ちですが、中小企業のキャッシング会社では、申込ブラックですが、今日はどうしました?とフレンドリーなところもあります。

電話なり面接で、直接担当者と話ができるのが、中小消費者金融です。そこで聞かれたことに正直に答えたいが、何しろブラックリスト。申込者がなんとなく見栄を張ったりする部分ですが、ここは絶対に正直になることです。

この正直差がないことで審査に落ちる事もありますが、どんな場合でも虚偽情報があることは審査落ちになります。中小消費者金融では、ブラックリストの見栄やハッタリ、虚偽の傾向などを見透かす事は簡単です。いい加減な言葉で誤魔化そうという方は、その場で審査落ちになってしまうばかりではなく、多分その他の消費者金融でも借りられないことが多いです。

中小消費者金融に申込をする方で、ここで3社目。やっと通ったという口コミも多いですが、普通は考えられないことです。3社目というと、申込ブラックのバリバリですが、中小企業では対応できます。

しかし、信用情報でこれではNGも少なくなく、消費者金融で債務整理を勧められる事も多いです。憤慨に感じられることですが、ここで債務整理の話がでた場合は、従うことをオススメします。いやいや、まだあるはずだというのは無駄な抵抗であり、あったとしても闇金である場合がほとんどです。

闇金は消費者金融と全く異質の金融業者で、審査もないのですが、法律も無関係なので、無茶な返済を迫られる事は確実です。中小消費者金融に審査落ちした場合は、債務整理が妥当な選択です。

審査落ちの原因は延滞


中小企業のキャッシング会社では、審査が甘いので借りられない方はいないという噂もあります。それは間違いであり、どこからも借りられない。全て否決されてしまう方もいます。

審査が甘いのに、ブラックリストも対応していると言うのに、どんなことをしたら審査に通らない?と思ってしまうのですが、審査に落ちる方は、属性が悪いからです。

審査が甘いと言うのに、即決否決された方のほとんどが延滞状態での申込です。最も他の返済のためにここにきたという方が多いですが、延滞は嫌われます。今回もそうですが、過去に何回も延滞を繰り返しているという事実があっても、信用情報上ブラックリストとして審査落ちになってしまいます。

ここで、延滞がなければきっと借りられた方もいるだけに惜しいことです。そこで延滞を解消した、借りられたという話もありますが、翌月からの返済は大変になってしまいます。

貸金業者にしてみれば、信用情報からその方の返済状況を図るしかありません。大手消費者金融ではデータであり、中小企業の中堅消費者金融では実際に顔を合わせて話を聞く事になりますが、その信用で一番大切なのが、延滞と滞納です。

その他のブラックな部分は承知していますが、返済意識が高いことで、とりあえず審査に通ることになります。返済ができないから借りにきたと言うかたもいますし、誰が見てもそんな行為です。

しかし、それは隠して、必死に延滞を回避して信用を保とうとしている方にのみ、中小企業でもキャッシングの機会が与えられると言っても良いでしょう。審査が甘いというのに、全く使えないという金融業者でも、申込者の延滞だけが原因で審査落ちになっていることがほとんどだと言います、金融業者を恨むのではなく、自らの信用情報をキレイにすることです。

このような場合、どこの正規消費者金融でも審査に落ちます。闇金だけは無関係ですが、中小企業キャッシング会社からの闇金行きの方はとても多いですが、金融業者と言っても、闇金は全く立場が違います貸してくれますが、返す金額も尋常ではなく、恐ろしいところという噂が多いでしょう。噂以上の恐怖を味わうことになりますので、警告として闇金はNGです。

消費者金融の審査に落ちてしまうということは、とにかく問題ありの人ということです。甘い審査でなんとか潜り込もうと思っても、正規消費者金融での審査は、なかなか難しい事もありますが、延滞は絶対にNGです。