銀行カードローンは総量規制は無関係

 
総量規制以上の借金をしたいのなら、銀行カードローンを選択したら良いでしょう。銀行カードローンは総量規制の縛りはありません。

総量規制は消費者金融だけ?

正確には、貸金業法上の借金だけです。消費者金融だけではなく、クレジットカードのキャッシングも入ります。

年収3分の一範囲内という決まりがあります。貸金業法の改正で、総量規制の限度額になりました。それ以前はもっと借りれたのですが、個人のキャッシングの範囲が決まってしまいました。

ところが、銀行カードローンは貸金業法ではなく、銀行法であり、厳密には総量規制の限度額の設定がありません。ですから、最初から総量規制以上のキャッシングをしたいのなら、銀行カードローンの申し込みをしたらを良いのです。

ちょっと聞いて、銀行カードローンなんだけど

というものの、実際に銀行カードローン申し込みした方では、総量規制と変わらない限度額であった方もいます。

そんなに大差がないのは、銀行カードローンの自主規制があります。貸金業法の改正で総量規制の決まりができた途端、銀行カードローンの申込者が急増しました。その当時は、銀行カードローンの限度額はとても高かったのです。

そこで、何が起こったか?というと、銀行カードローンの契約者の大量の債務整理者です。ということで、金融庁の指導で銀行カードローンは総量規制と大差ない限度額の指導が入ったということです。

カードローンに関しては総量規制より多少多い程度の限度になっています。それでも、総量規制以上のキャッシングが可能です。

銀行カードローンなら

ネット銀行だけではなく、信用金庫、地銀などでカードローンの営業をしています。地元なら、審査内容も多少は期待ができる低さもあります。口座取引の期間が長いなどでは、借りやすいと言えるでしょう。年収3分の一という総量規制はなく、審査次第で借りれることがあります。

銀行だけは、一応選択肢が多い点でもオススメです。大手消費者金融の債務がない状態での申込が審査通過しやすいと言えます。計画的な返済では、銀行カードローンの方が低金利です。

総量規制は消費者金融だけの言葉であり、銀行カードローンでは基本的に無関係です。多く借りたいときには、銀行カードローンがベストです。

既に、銀行でのローン契約をしていたとしても、それが住宅ローンなどの多額の借入だとしても、カードローンの審査は別物です。借入限度額もそれぞれの審査によるものです。

専業主婦には総量規制の概念はない

借金の選択がとても少ないのが、専業主婦です。専業主婦は、借金の審査対象では、銀行カードローンしかありません。

各銀行カードローンでいうと、ネット、信用金庫、地銀などでも原則的には専業主婦でも借入ができます。消費者金融では専業主婦は申込もできません。

総量規制の関係

総量規制とは、貸金業法の限度額の決まりです。年収3分の一です。専業主婦は、収入がゼロであり、この総量規制の範囲がゼロになります。

銀行カードローンにはない法律であり、消費者金融では収入がない方の借入ができません。そこで、総量規制以上借りたいも何も、キャッシングそのものしたい専業主婦は銀行カードローンしか選択できないことになります。

専業主婦の限度額

銀行カードローンでは、収入がある方は審査でそれぞれ限度額が決まっています。高い収入であれば、高い限度額になります。総量規制を多少意識した限度額になりますが、それでも総量規制以上と言われています。

専業主婦では、それぞれ最初から限度額が決まっています。最大50万円程度となっていますが、20万円程度の場合もあります。これは、収入がない専業主婦専用であり、総量規制を度外視したキャッシングといえるでしょう。

特典としては大きい

専業主婦特有のサービスとして、限度額は何度でも出し入れが可能です。問われる審査で、個人信用情報だけです。

専業主婦の場合は、クレジットカードの情報程度でしょう。キャッシングでは銀行以外では審査通過がままならないことでは、クレジットカードの返済をきちんとしている場合なら、銀行カードローンの契約ができることになります。

専業主婦でも借金したい。返済に関しては、家計のやりくりの範囲内という常識的なことです。

旦那に内緒でも借りれる?

原則的に郵便物が旦那の目に届かないのなら大丈夫です。在籍確認などがない専業主婦のキャッシングでは、旦那の同意書なく借りれることができます。

総量規制はゼロだと言うのに銀行カードローンでは、銀行法の内容での借入ができます。専業主婦の借入は少ないのですが、返済義務は本人にあります。計画的なキャッシングをすることですが、きちんと消費者金融では絶対に契約者になることができないので要注意です。

旦那に内緒に契約できるものの、旦那の収入証明書が必要な場合があります。内緒キャッシングも大変ですが、総量規制無視のキャッシングができるのは銀行カードローンだけです。

ネット銀行だけではなく、地元の銀行カードローンも存在しているかもしれません。口座があれば簡単に申込ができます。

総量規制以上の借入ができるおまとめローンとは?

まとめローンは、多重債務者の救世主となっています。というのは、宣伝文句ですが、決め手としては総量規制以上の借入ができる点でしょう。

総量規制は年収3分の一の限度額を言いますが、まとめローンでは総量規制対象外として、総量規制より多くの借入ができます。

おまとめローンは?

改めておまとめローンとは、多重債務が1つのローンに借り換えをする契約です。

おまとめローンをするには、申込者が多重債務者であることが必要です。申込では、多重債務分で総量規制のある債務が原則借入ができます。

金融業者によっての判断ですが、たいてい消費者金融、クレジットカードのキャッシングの分の元金の借入です。100万円の多重債務者の場合、金利は含めずに、100万円のおまとめローンということです。

この場合、多重債務の完済をすることで、100万円だけのおまとめローンになり、金利が付くことになります。

おまとめローンの流れ

消費者金融で取り扱うおまとめローンでは、審査通過で金融業者が完済してくれる場合があります。金融業者に完済をして、その元金だけの契約です。又は、現金として申込者が完済しなくてはならない場合があります。この場合、完済は自己責任になります。

おまとめローンでは、個人信用情報上で多重債務解消というメリットがあります。しかも、総量規制以上という借金が可能です。その内容では、完済ができることは前提にしていますが、審査は案外と厳しいこともあると言います。

返済リスク

100万円のおまとめローンでは、金額が大きくなることで多少金利が下がることがあります。5万円では18%の金利ですが、おまとめローンで100万円では15%になります。これが、おまとめローンのメリットとして返済負担が小さくなるということです。

金融業者としては多く貸すことで、審査基準が多少厳しい内容であり、金融事故がある場合は、借入ができないことになります。極端なことですが、数万円なら貸せるけれど、おまとめローンでは返済リスクが高まります。

大手消費者金融でもおまとめローンはありますが、なかなか借りれないとの口コミが多いです。しかし、総量規制以上の借金ができることにおいては、貸金業法でも例外として扱っています金融業者としては完済までリスクはあります。

債務者では多少の返済負担の軽減というのですが、返して方によっては、見かけだけの低金利という言い方もできます。総量規制以上のおまとめローンの場合は、シミュレーションは確認した上で、契約が必要です。

中小消費者金融のおまとめローンは総量規制以上の借入ができる

キャッシングの際に消費者金融では、限度額が決まっています。申込者の年収の3分の一です。これは総量規制といい、それ以上の借入ができません。

甘い審査の消費者金融があると聞いたけれど

それは、大手消費者金融に対する中小消費者金融や街金などです。

大手消費者金融ではカードローンがあるキャッシングであり、審査基準が厳しいとされています。中小消費者金融と街金では、審査基準が多少甘いとされていて、大手消費者金融で借りれない方でも借りれると言います。

ただし、総量規制に関しては、返って中小消費者金融の方が厳しいとの口コミが多いです。大手消費者金融で借りれない理由が、多く債務があるときには、あくまでも総量規制範囲内の数万円しか対応しないというのが、甘い審査の真相です。

ということで、甘い審査の中小消費者金融や街金で大手消費者金融で借入ができなかった総量規制以上の借金をしたいという夢は砕かれることになります。そんなに甘くないようです。

総量規制は厳しい決まり

結局、総量規制という決まができたのは、完済のためです。返済できない事態の減少のためであり、中小消費者金融などでは、返済リスクが高い場合は余計に厳しい内容で審査をすることになります。

多重債務者で少し借りたい、できれば総量規制をはみ出たい場合でも、無理な相談です。

おまとめローンにしない?

まれに中小消費者金融などのおまとめローンの勧誘を受けることがあります。

それは、多重債務者を対象にしたことであり、既に債務がある部分で、それを含めたおまとめローンです。これは総量規制以上でも対応になりますが、中小消費者金融や街金では、返済期間を長期にして、長く返済を請求することになります。シミュレーションを確認すると、元金とは程遠い返済額になっていることが多いです。

もう総量規制以上の借入したいけれど、と中小消費者金融に行くときにこの勧誘には簡単に載せないことです。中小消費者金融のおまとめローンでは、簡単にオススメができないことがあります。

どうしたら良い?

キャッシングで総量規制以上の借金というのは、よほどの理由があります。

借金というのは、返済を伴うものであり金利が絡んでいます。10万円借りたとしても10万円の返済ではなく、金利が加わります。そして、返済期間が長期化するほど、返済額が大きくなっていくことになります。それを知らないで、中小消費者金融のおまとめローンに乗ってしまうのはとても危険なことです。

どうしても借りたいけれど、総量規制以上の借金というのは、債務整理のことも検討されることでしょう。返すことを考えると、将来のための債務整理の決心をする時ではないでしょうか?

消費者金融にある総量規制以上の金融商品

カードローン会社などでは、限度額は申込者の総量規制範囲内に決まっています。消費者金融系の借入では貸金業法で決まっています。

そこで、どうしても総量規制以上の借入したいという方は、どうしたら良いのでしょう?

総量規制とは?

貸金業法で言う総量規制は年収3分の一です。300万円の年収の方は100万円が総量規制です。その時に、どうしても200万円を借りたいという時には、消費者金融のカードローンでは絶対に希望しても借りれないことになります。

これは、法律を厳守していることです。カードローンで行うキャッシングでは、総量規制は絶対に壊れないことです。

年収200万円の個人事業主が100万円借りた

これは何?総量規制では、200万円の人は60万円しか借りれないはず。

ところが、個人事業主という職業で、これはカードローンではありません。事業資金の申込では、多少高い限度額になります。

事業資金は消費者金融でも商品がありますが、総量規制対象外です。そこで、カードローンの借入では、注意書きとして事業性資金としての利用ができないとあります。個人事業主が、普通のカードローンの借入で事業のために使ってはならないということです。

個人事業主の場合は、事業資金としての申込をして事業資金の借入では総量規制以上の借金ができることになります。

不動産担保ローンも同じ

同様に、不動産担保ローンなども総量規制以上の借金ができます。事業資金にしても不動産担保ローンにしても、カードローンとは違う審査内容になります。

一応は、消費者金融の商品では目的に対応して総量規制を意識しない多くの借入ができます。カードローンというのは、個人が完済が可能な少額キャッシングができる商品です。そこでは、きちんと返済ができるとしての総量規制の縛りがあります。

消費者金融カードローンは総量規制厳守

総量規制に関しては、消費者金融の代名詞的なことです。返せる範囲内として決まった限度額になります。その対象外になるのは例外になっています。

そして、借りるにはきちんとした理由が必要です。事業資金もそうですが、不動産担保ローンでは、担保があるので、返済リスクが低いことで借りれるということです。

審査内容では、冷静に確認することになりますが、実際には、総量規制を基本としたキャッシングになります。総量規制では、消費者金融ではなくてはならない決まりです。普通のキャッシングでは総量規制以上では無理です。

おまとめローンの存在

おまとめローンでは、総量規制以上の借金ができますが、審査は多少厳しい内容になります。多重債務者であることでは、金融事故がないことが審査基本になります。

中小消費者金融でも借入ができるのですが、ブラックリストでは審査通過は困難といわれています。