お金をなんとかして借りたい


銀行カードローンは、審査が厳しくてなかなか借りることができないとされてきました。今でもその認識で間違いないのですが、実は銀行はお金を貸しすぎていた?といった報道もされているのです。

2017年は、銀行カードローンの過剰融資問題が表面化した年でもあったのです。金融庁の指導等によるニュースなどもあって、記憶に新しい人もいるのではないでしょうか。

消費者金融会社には、年収の3分の1までしか借りることができないという総量規制が法律で定められています。この規制にかかると、消費者金融会社からお金を借りることはできません。抜け道がないことはないのですが、特に策を講じなければ消費者金融会社から融資は受けられないのです。

となると、ここで逆転現象が起きるのですが、消費者金融会社の審査に落ちて、銀行カードローンの審査には通るということも起こり得るのです。銀行は総量規制といった規制の対象外ですから、審査に通ればいくらでもお金を融資することができるのです。

要するに、消費者金融会社の総量規制をいいことにして、銀行のほうが過剰融資をしていたということが、2017年に表沙汰になったということです。金融庁などから指導もあり、銀行カードローンの審査は厳しくなり、言うなれば本来の姿に戻ったということが言えるでしょう。

また、各銀行が自主的に総量規制を導入しているという話もあります。いずれにしても、現在の銀行カードローンの審査は、以前並のハードルの高さとなっているのは間違いありません。

銀行の場合はどうしても、預金者からお金を預かって、そういった預金を集中運用して収益を上げています。原資は預かったお金ですから、融資の申し込みに対して貸し倒れは絶対にしたくないですから、審査基準もそれに伴ってたかくなるということです。反対に金利は消費者金融会社と比較しても、ずいぶんと安く設定しているのがうれしいところです。

銀行で借りる場合でしたら、学資ローンやリフォームローンなど、目的があればそういったローンを利用した方がいいでしょう。金利がさらに低くなっていて、お得感が増します。

銀行カードローンのメリットは金利だけという話もありますが、銀行で借りるのと消費者金融会社でお金を借りるのでは、その意味合いがまったく違ったものになるのは間違いありません。いうなれば世間体というものですが、銀行で借りる場合はありきたりといったイメージですが、消費者金融会社で借入れする場合は、お金に困っているといったように見られがちなのです。

銀行でお金を借りることができないとなると、頼みの綱は消費者金融会社となります。銀行カードローンの審査基準の厳しさは、誰もが知っているところなのですが、やはり銀行でお金を借りたいというのが正直なところでしょう。

消費者金融会社で借りるのを最後の手段としているのは、消費者金融会社がいまだにサラ金と呼ばれていた頃のイメージを、根強く持っている人が多いからです。厳しい取り立てのイメージがサラ金にはあるのですが、今の消費者金融会社は、当時のサラ金と呼ばれた頃の消費者金融会社とは、まったく違う会社といってもいいでしょう。

サラ金と呼ばれていた頃の消費者金融会社は、全国に3万社を超える消費者金融会社があったのです。それがこの10年20年といった年月を経て、2000社を切るまでに減少しました。いわば淘汰された形となり、優良な消費者金融会社が残ったと考えていいでしょう。

消費者金融会社のデメリットは、言うまでもなく金利が高いことです。しかし、それ以外では、貸金業者のメリットを活かしたサービスを展開しているのです。

もちろん、お金はどこで借りても価値が変わりませんから、できるだけ金利の低いところとなると銀行に勝るカードローンはないのですが、大手消費者金融会社となると、自動契約機などがあり、24時間365日いつでも融資の申し込みを受け付けてくれるところもあります。

そういったことを考えると、消費者金融会社のローンは使い勝手の良さや、借りる側に配慮したシステムとなっている点は見逃せません。金利が高いだけに審査基準は緩くなっています。金利の高さも支払期間をできるだけ短くすれば、金利の低い銀行カードローンと支払総額でそれほど劣ることはありません。

お金を借りていくとどんどん、属性というのが下がっていきます。この属性というのが、審査において大きなウエイトを占めているのです。勤務形態でしたら正社員のほうが、パートアルバイトよりも属性が高くなります。これは働いている以上それほど大きく変わらないところですが、他には他社借入れと借入総額などがあります。

他社借入れや借入総額が増えるとどんどん属性が低くなっていき、銀行では審査に通ることはできなくなるでしょう。そうなると、融資を受けるには消費者金融会社に頼るしかなくなるというわけですね。

また、多重債務者となるとどこもお金を貸してくれなくなります。これは単純に借入れ件数になるので、できるだけ他社借入れが少ないうちに、おまとめローンなどに申し込みをして、他者借入れの一本化をしましょう。

ブラックでもお金を借りる方法は?


ブラックとなると信用情報に金融事故情報として記録されるので、銀行はもちろん消費者金融会社からもお金を借りることはできません。また、一番痛いのはクレジットカードが利用停止ではなく強制解約になることではないでしょうか。

今では5,6枚のクレジットカードを持つことが普通になっているのに、そのすべてが使えなくなるのですから、生活に支障ができてしまうのは間違いないでしょう。ブラックとなると、まずはそういった生活面の建て直しから、取り掛かっていかなくてはいけません。

ブラックとなってしまうと、すぐに自己破産をイメージする人もいるかもしれませんが、大半は債務整理の中でも任意整理を行います。ブラックはすべて借金を帳消しにするのではなく、返済しやすいように話し合いを行うことからまずは行われるのです。それが債務整理ということで、自己破産は債務整理の中の最後の手段ということになります。

そんなブラックの人が、お金を借りることができるとしたら消費者金融会社しかありません。ブラックではお金を借りることができないのでは?確かにそうなのですが、だからといって、ブラックの人にお金を貸してはいけないという法律があるわけではないのです。

ここでポイントとなるのが信用情報機関です。信用情報機関に金融事故情報が記録されていて、信用情報機関に照会することでその人がブラックというのがわかってしまうのです。

信用情報機関に加盟しているのは銀行などの金融機関、クレジットカード会社、さらには消費者金融会社などの貸金業者です。消費者金融会社のすべてが加盟しているわけではなく、消費者金融会社の中でも、アコムやプロミスといった大手消費者金融会社だけなのです。

ということは、中小消費者金融会社や街金などは信用情報機関に加盟していないということですね。つまりは、そこが狙い目となるのです。

中小消費者金融会社や街金に申し込んでみる


ブラックでもお金を借りることができるとしたら、中小消費者金融会社か街金です。その中でも、信用情報機関に加盟していないことが条件となります。やはり、明らかにブラックとわかってしまうと、どこもお金を融資してくれません。

中小消費者金融会社の中でも、一部の消費者金融会社は信用情報機関に加盟しています。ですから、事前にそういった情報を知りたいのですが、信用情報機関に加盟しているかどうかを聞いても、教えてくれるところもあれば教えてくれないところもあります。街金ではほぼ信用情報機関に加盟していないので、どこの街金でも大丈夫でしょう。

おすすめの方法はネットの口コミサイトです。ここでは、ブラックでもお金を借りることができたという投稿が数多く寄せられています。中小消費者金融会社では、WEBで全国どこからでもローンの申し込みができるところもあるので、そういったところが狙い目となります。

どうしてブラックでも貸してくれるのかというと、まずは信用情報機関に加盟していないので、建前としてはブラックかどうかわかりません。実際は知る術があるようなのですが、信用情報機関加盟していない消費者金融会社は、独自審査を行っているのです。それは、現在働いているのかどうかという一点のみです。

中小消費者金融会社や街金の独自審査


中小消費者金融会社や街金の独自審査は、電話での在籍確認と収入が証明できる書類の提出です。仮にブラックであっても、むしろ属性はブラックに陥る前の多重債務のときよりも、現在の属性は格段によくなっているので、問題なしという理屈なのかもしれません。

反対に、無職であれば在籍確認も取れないので、そのときは審査落ちとなります。言うなれば、働いていることで、返済能力があるのかどうかを審査するということですね。

収入証明書は提出を求められることが多いので、必携と考えるようにしましょう。また、免許証などの身分証明書も必要です。仮に在籍確認さえ取れれば、中小消費者金融会社や街金でお金を借りることができるというわけです。

また、確実にブラックでも借りることができるというわけではありません。ブラックというのは金融事故者で、ある程度借金の軽減、利息の軽減などの優遇措置を受けて社会復帰を助けてもらっている状態ですから、その代わりに社会的制裁を受けなくてはいけない立場でもあるのです。ですから、簡単にお金を借りることができると考えるのは間違いですね。

ブラックでもお金を借りたい


中小消費者金融会社や街金でもお金を借りることができなければ、どうしたらいいでしょうか。

そのときは、少額であれば友人知人を頼る方法もあります。しかし、ブラックなど事情を説明すると貸してくれないこともあるでしょう。そのときは身内に頼むのが最善かもしれません。最後に頼るのは身内ということですね。

しかし、誰もが頼れる身内ばかりではありません。身内にも頼れないとなると、ネットで評判となっている、個人間融資掲示板を利用するのも一つの方法です。個人間でのお金の貸し借りに不安を感じる人もいることでしょう。しかし、ヤミ金などから借りるよりもマシと言えますし、リスクは低いです。

多くの人が借りている掲示板もありますから、そのあたりを参考にしてお金を借りるようにしてみましょう。