中小消費者金融で4社目のキャッシングに挑戦

大手消費者金融と中小消費者金融の審査基準は違います。

中小消費者金融の立ち位置としては、大手消費者金融審査落ちもいらっしゃいです。ということで言うと、ブラックでも借りれる金融業者であることは間違いないです。

本当にブラックでもキャッシングができる?

大手消費者金融や銀行カードローンでは、ちょっとした金融事故でも審査落ちにします。

その一つが多重債務です。大手消費者金融では、4社の申し込みできないです。せいぜい3社ですが、借入金額が多い方は2社で手一杯です。いきなり審査落ちになってしまい、面食らうことがあります。

ところが、中小消費者金融では4社まで、総量規制ギリギリのキャッシングができる場合が多いです。中小消費者金融にしてみれば、まだ総量規制範囲で借りれるじゃない?ということです。

4社までのブラックキャッシングをするために

まず借りたい金額を総量規制範囲内で希望することです。年収3分の一が範囲内ですから、それ以上の借りたい金額は表示しないことです。これが大切です。

できれば、2万円余っていたとしても1万円借りたいと言う謙虚な姿は理想的です。その上で、こうやって返済ができるという事をきちんと説明をしましょう。

大手消費者金融と違い、中小消費者金融では話しをすることが多いです。多重債務だけど返せるの?ということで聞いてきますから、返せる金額の希望と返済方法を伝えることです。

事故情報として認めない

4社まで対応している中小消費者金融では、3社の多重債務はブラックとは認めないです。

ここで言うブラックリストは、大手消費者金融の場合があり、中小消費者金融ではとにかく完済ができる契約であれば文句ない金融業者です。ですから、有限実行で挑むことができれば堂々と4社目のキャッシングができます。

信用情報の確認で、中小消費者金融の審査基準に合えば良いことです。信用はこれからに構築するもので、中小消費者金融の申し込む、総量規制範囲内の金額を希望。返済計画を述べて、それを実行する。その行為で、ブラックでも借りれるということです。完済した暁には、中小消費者金融からの信用を得ることができます。

注意事項として

中小消費者金融の借り入れ額だけを返すのではNGです。多重債務全体を延滞しないことが必要です。

4社目だけの完済ではなく、4社全部の返済を毎月できるというのなら、ブラックでも中小消費者金融に申し込みを検討してください。ここだけ返す、あとは知らないでは延滞の金融事故になってしまい、中小消費者金融でも借りられない正真正銘のブラックリストになってしまいます。