大手の審査と自社審査の違いについてを検証してみました

大手消費者金融でお金を借りる人にとって、審査は絶対となります。無審査を希望する人もいますが、お金を借りる事は信用性第一ですので、どんなに嫌でも審査を通す必要があります。

大手消費者金融の審査というのは、人によってはもしかすると通り辛かったり厳しいと思ってしまうものかもしれません。キャッシングに落ちたからと他社に申し込めば、大手の場合データが反映されていますので、より借り難くなってしまう事でしょう。

このような時の救世主として街金があるわけなのですが、大手に対抗して出来たとも言える街金の強みがある自社審査では、大手で落ちた人でもお金が借りれたという、実に評判の高い印象を受けます。

実際の所、大手とこの自社審査はどう違うのか謎に思っている人もいるかもしれませんね。そこで、大手と街金の審査基準の違いとその特徴を検証したデータを基に述べたいと思いますが、まず何を言っても審査方法が異なります。機械の審査と人間の手作業による審査の格差は実に大きいです。

会社側がどんなにお金を貸してあげたいと思っていても、大手消費者金融では機械に絶対服従となっていますので、機械がダメだと言えばそれに沿った結果報告しか出来ないようになっています。

一方の街金が得意分野としている自社審査というものは、大手とは一味も二味も違います。それは、機械審査に100%服従するといった事がありません。中小の小会社だからこそ、実現出来た審査方法なのだと思われます。これが大手で借りれなかった人の救いとなって、中小消費者金融の利用者を増大させている傾向に今もあるのでしょう。

会社側が融資してくれる意思が高ければ高い程、街金での融資可決率は高いと言えます。機械だけに委ねないからこそ、融資の可決も大手より期待出来るというわけなんです。

大手の審査は、属性情報や個人の信用情報など一切をスコアで自動で叩き出して、強制的な結果を吐き出しますので情も何もないとの事ですが、街金の自社審査であれば少しでもお金が借りれない人に貸してあげたいという気持ちから、生身の人間で審査をしてくれるのです。したがって、絶対借りれないような人でも、場合によっては借りられたという報告も数多く寄せられているのです。

ほとんどの人が、大手消費者金融で申し込んでも低収入、専業主婦、債務整理、自己破産ブラック、多重債務などの方は機械がマイナス点を沢山つける為、高確率でお金が借りられませんが、自社審査であれば一人一人の人柄や性格を見て、個人情報だけに左右する事なく人間的に審査してくれるので、お金が借り易くなるというわけですね。

審査の比較とデータ検証に関しては大手でお金を借りるよりも、二流消費者金融と言われる街金の方が、審査が甘くてお金が借りやすいと立証されているのが事実なのです。