自社審査キャッシング

消費者金融アローは中小消費者金融として知られています。
知名度の問題ではなく、自社審査キャッシングの柔軟な内容で借りれる方が多いと言います。

自社審査とは?

各金融会社の審査では、銀行カードローンや大手消費者金融では内容が似ているといいます。

はっきりとブラックリストは審査落ちです。
返済やお金の借り方で、個人信用情報機関に異動情報がついているなど、コンピュータースコアリングでそれを見つけたら、その時点で今回の申込者は審査が通過しないことを意味します。

ところが、自社審査ではその先があります。
異動情報が延滞などではない場合は、異動情報についての審査が始まります。ここからの判断こそ、各社それぞれなのです。大手ではしないことですが、中小消費者金融、中堅消費者金融、街金などでは、ブラック対応の本領発揮です。

消費者金融業界の決まり

大手消費者金融などでもブラックには貸さないという自社審査といえるでしょう。
金融事故者とは、返済がきちんとできない人と判断されます。
信用情報ですべて把握することができます。

キャッシングは総量規制範囲内なら借りることができます。
ただし、他社借入が多くなれば返済リスクは高まります。何の問題もない、計画的にキャッシングしていたとしても、もし返済ができない事になったらという事にならないよう、各社借入件数の限度を決めています。

公表はしていないのですから、信用情報でその件数の借入があった時点で審査落ちです。
申込者には公表しません。

債務整理者

大手消費者金融では5年から10年のスパンで、ブラックリストと認定します。
5年で借入が再開できる方は、比較的少ない金額の債務整理や返済能力が高い方です。
自己破産などは10年程度待つことになります。

延滞

延滞は、現在進行での申込は中堅消費者金融も審査落ちになるほど、ブラック度合いが大きいです。
消費者金融アローでも、返済した上で申込して下さいと断られることになります。
それでも消費者金融アローの公式サイトでは、他社で断られた方もご相談下さいとあります。

延滞していた状態では話にならないのですが。
大手消費者金融は厳しいから中堅消費者金融。しかし延滞者だけは、どの金融機関も審査落ちです。
これは自社審査というよりは業界全体の決まりです。

甘い自社審査は中堅消費者金融や街金

大手消費者金融会社よりも審査が甘い中小消費者金融。自社審査でブラックも対応してくれます。
多重債務者と債務整理者は基本的に対応ですが、総量規制以上だったり、5社の多重債務に対応するところはさすがにないでしょう。自社審査といっても限界があります。とにかくブラックで審査落ちという方は、アローなどの中小消費者金融で自社審査を受けてみて下さい。

専用ローンカードではなく振り込みキャッシングです。
申込方法はインターネットや電話から、大手消費者金融と同じようにできます。
返済方法は元利均等返済です。

街金と言うとヤミ金と同じと考えている方も多いですが、決してそんなことはなく、中小消費者金融・街金ともに正規消費者金融です。消費者金融業者一覧が掲載されているサイトなども多いです。
そこで審査通過ということは、返済能力が認められたことになり、完済実績を作ることができます。
最短数時間キャッシングなどもありますが、ブラックの審査は時間がかかります。

時短よりもキャッシングができるかが問題で自社審査にお任せです。
しかしながら、多少時間がかかるのは我慢です。