総量規制以上の借入と甘い“罠”

総量規制とは貸金業法の法律で、貸金業者からの借入を申告する年収の3分の一以内と定めたものです。
ここで言う貸金業者とは、消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠のことを言います。
貸金業者ではない銀行カードローンの限度額は、これに含まれないです。

総量規制以上借りれる可能性

銀行カードローンの限度額は、総量規制を加味しません。
現在は、総量規制と同等の限度額になっていますが、消費者金融の限度額より高く設定しています。
ですから、キャッシングで銀行カードローンを使用すると、総量規制以上の借入が可能です。

また、消費者金融でも、総量規制対象外の商品としてのまとめローンがあります。
これは、多重債務分を1つのローンにまとめることを言いますが、総量規制以上の借入ができます。
よって、総量規制無関係なのは、銀行カードローンとまとめローンの2つになります。

総量規制と審査

総量規制範囲内の借入対応の消費者金融の審査ですが、大手消費者金融とそれ以外の貸金業者で内容が違います。ただし、総量規制に関しては、必ず超えない契約をしなければならないとされています。

甘い審査の中小消費者金融や街金でも、多重債務者や債務整理者で借りられたとしても、総量規制を超える事はできないのです。甘い審査の貸金業者で総量規制以上の借入ができたとすると、まとめローンか違法業者である可能性が高いです。

まとめローンの審査は厳しくなる

ところで、総量規制ができた背景には、利用者の返済負担を考慮したことがポイントです。
借りても良い範囲を狭めることで、借りれないのは辛いけれど、返済がよりしやすい設定にしたのです。

案の定最近では、総量規制以上のキャッシングができる銀行カードローンの債務整理者が増加していて、消費者金融の債務整理者は減少していると言います。これ以上借りられない、貸さないラインがはっきりしていることで、債務整理に陥ることが少なくなったことが原因だといえます。

で、消費者金融の提供するまとめローンですが、総量規制範囲内のフリーローンよりも審査は一段と厳しくなっています。多額の貸付もありますが、貸金業法で借入金額が大きくなると、金利が低くなります。消費者金融としては、旨味のあるまとめローンの契約には、より慎重になり、フリーローンほど審査は甘くないです。

まとめローン詐欺

総量規制でも借りれたという方の中には、中小消費者金融のまとめローンの契約で、多重債務分の多額の借金ができた方もいます。まとめローンは確かに金利は低くなるのですが、中小消費者金融の水準ではとても高い金利の商品です。

ただ、総量規制以上の借入をしたい、中小消費者金融の甘い審査にすがる方は、どうにかしてこの借金をなくしたいと思っています。そんな申し込み者に対して貸金業者では、総量規制以上借りたいことを条件に、高いまとめローンの契約を迫ります。

確かにフリーローンよりも低い金利なのですが、額が大きいと返済期間が長くなり、総返済額はとても大きいものになります。申し込み者としては、総量規制でも借りれた、長期間返済だけど多重債務もなくなったと喜ぶ一方、膨大な返済額に圧倒される場合があります。

詐欺とはっきり言えないことですが、総量規制以上の借入についてはいろいろと裏がある契約があること。
フリーローンよりも厳しい大手消費者金融などでも、同じようなことがあることを、心して下さい。

総量規制、どうしてあるの?

消費者金融やカードローンの口コミで、総量規制に引っかかって審査落ちしてしまったという方が多いです。

総量規制とは消費者金融関係の限度額であり、多重債務は合算されます。
年収3分の一が範囲内ですが、300万円の年収の方は多重債務者であっても、100万円しか借りれないのです。ですから、新規キャッシングの申し込みで総量規制になっていたとしたら、その場で審査落ちです。

貸金業者の心

貸金業者は今の消費者金融、昔のサラ金です。今でもサラ金と言いますが、法律が違いました。
誰でも、金融業者が決めた金額、金利で自由に貸すことができたのです。
お金を借りると金利が高いのは、当然のグレイゾーンがありました。

しかし、きちんと返済をする方も多く、また専業主婦も多額の借金ができる、それで返済も苦しいけれどできた時代です。貸金業者は儲けも大きく、利用者も高い金利をなんとか工面することで、借金天国に浸っていました。

貸金業者としては、栄華時代だったといえます。
返済しない人には、少し脅しをかけてと、そんなこともあったようです。

総量規制が敷かれてからは、先ず無収入、無職は、審査対象にもならないです。
専業主婦は、貸金業者で借入ができない(例外あり)のが原則です。

そして、総量規制です。
収入があることが大前提であり、限度額が決まってしまうことで、貸金業者としても貸したくても貸せないのです。サラ金時代ならなんとかなる内容でも、審査落ちになります。貸金業法違反が続くと、営業ができなくなってしまうのです。

そして、利用者は、総量規制範囲内でのキャッシングしかできない。
がんじがらめのキャッシング生活が、今の状態です。

総量規制が設定された理由

グレイゾーンの撤廃によって、過去に支払った高い利息をお返しします。
過払い金返還請求がありました。

現在も有効ですが、これは消費者金融にとっては大きな痛手でした。倒産した金融業者も多く、サラ金時代から現在も消費者金融として経営しているのは、力のある会社か合併吸収の形での生き残りです。

この過払い金返還請求と返済ができなくなったら、債務整理ができますのアナウンスで、債務整理者が続出しました。金利設定も決まり、総量規制範囲内だけのキャッシングです。

貸金業者としては、それでも現在は利息を20%以内での金貸で営業を続けているのです。
健全なキャッシングのためには、総量規制も債務整理も必要なものでした。

総量規制でも借りれた

消費者金融の商品で、総量規制対象外とされるまとめローンについては、総量規制無関係で契約ができます。大手消費者金融、中小消費者金融などで提供しているのですが、年収3分の一以上であったとしても、収入が安定していること、多重債務分だけの借入ができる内容です。

フリーローンよりは審査は厳しいのですが、金利が低い商品として知られています。
特に、中小消費者金融のまとめローンでは高い金利の商品ですから、シミュレーションをしっかり行ってからの契約がおすすめです。

総量規制は無関係?銀行カードローンのキャッシング

キャッシング利用者で、消費者金融では総量規制が気になります。

大手消費者金融で、多重債務などで審査落ちした場合は、総量規制範囲だったら中小消費者金融や街金に行こうという方は多いでしょう。大手消費者金融で借りられない方も、総量規制範囲なら中小消費者金融の甘い審査で借りられるのです。

ただし、総量規制以上借りたい。そういった申し込みは審査落ちになります。

総量規制とは?

年収3分の一の消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠の限度額です。
多重債務では、この範囲内の借入ができるとされています。

貸金業法内のもので、住宅ローンやカーローン、銀行カードローンは対象外です。
ですから、甘い審査の中小消費者金融でも、限度額は総量規制となっています。
信用情報で金融事故者だとしても返済能力があれば、総量規制範囲内のキャッシングが可能になります。

銀行カードローンも落ちた

大手消費者金融などで総量規制の借金をした後に、総量規制対象外の銀行カードローンにいったとします。
限度額は関係ないはずですが、多分審査に落ちます。

それではおかしいのでは?総量規制対象外であれば、借りれると思うという方も多いです。
これは、信用情報で多重債務であったり、既に収入に対する返済額が大きい審査で、銀行カードローンは審査に通らないとされています。確かに限度額は別ですが、収入が高く返済能力が多い方は、この時点での銀行カードローンは可能です。

これは、本当に大手消費者金融で借りられない方が、銀行カードローンで総量規制でも借りれた場合は多いです。それは例外的なことが多く、大手消費者金融もあと一回で完済するとか、先のボーナスなどが絶対に保証されているなどの、特殊な例外的な場合です。

銀行カードローンは総量規制対象外ということは?

少なくとも、大手消費者金融より限度額は高いです。
以前は極端に高い事もありましたが、現在も大手消費者金融よりは借りれる額が大きいです。

銀行カードローンは、消費者金融とは違う銀行法の法律です。
もともと総量規制の概念もなく、カードローンでは大きな限度額があり、あとは銀行の独自審査で対応しています。ですから、年収が同じ利用者でも、限度額や金利に違いがあります。
そして、原則的に、総量規制以上の借入が今でもできます。

では、銀行カードローンへ申し込もう

簡単なことではないのですが、それは大手消費者金融より審査は厳しいです。
パートやアルバイトなどでも、一定の年収があれば良いのですが、金融事故のブラック情報があると審査落ちです。

無収入の専業主婦は、ブラックでない場合のみ審査通過です。

配偶者の収入があれば、配偶者貸付ができる場合もあり相談して下さい。
総量規制だけではなく臨機応変な銀行カードローンですが、審査通過のためにはブラックでないことは必須です。

総量規制以上の借金 まとめローンについて

審査の甘い消費者金融で、総量規制でも借りれた。
それがフリーローンである場合、その貸金業者は闇金かもしれません。

どんな場合でも、貸金業者では甘い審査でも、総量規制以上借りたい申し込み者は審査落ちにします。
利用者としては、貸してくれるのは嬉しいことですが、闇金や違法業者の場合は、返済リスクの保証がないです。

総量規制の決まり

大手消費者金融審査落ちで、中小消費者金融が金融ブラックで借りれたという口コミは、とても多いです。
実際に大手消費者金融で通らない方も、バンバン借りることができています。

ただし、審査落ちの理由が総量規制である場合、中小消費者金融でも審査落ちになります。
これだけは消費者金融共通の審査であり、妥協はないです。正規金融業者であるのなら、総量規制以上の貸付けはしないので、それでも平気で行う場合、貸金業者としては疑問です。

総量規制対象外のまとめローン

ところが、フリーローンではなくまとめローンは別です。
多重債務が原因で、大手消費者金融審査落ち。
この場合、総量規制以上の借入があるとしても、まとめローンの契約は多額の借金ができます。

ただし、新規キャッシングではないため、現金入手が目的ではなく多重債務解消のため、貸金業者が完済をしてその分の請求の形になります。希望価格ではなく、あくまでも債務の部分をキレイにするだけです。

キャッシングではない、多重債務のためのローンです。
それでも、多額の借金で金利が低くなったり、個人信用情報機関の内容として多重債務完済になります。

そのことは素晴らしい事ですが、キャッシングの額は何ら変わらない。少しだけ金利が下がったとしても、返済期間が長ければ総返済額が大きくなるという、デメリットもあります。
しかし、とりあえず総返済額でも借りれた、多額の借金ができ多重債務も解消という内容です。

まとめローンは良く考えて

総返済額対象外、多重債務解消、返済額の負担減少ですが、気をつけなければならないことがあります。
それが、返済総額です。多重債務の金利とまとめローンの金利差が、あまりないとします。
今までと同じ返済を毎月続けるのであれば、絶対にお得です。

しかし、まとめローンにするのは、返済負担を減少したいと少し負担を減らし、返済期間を長くしたとします。毎月の返済は楽ですが、その分長期間の返済になり、結果的に返済額が膨大になります。

中小消費者金融のまとめローンでは、返済期間が最長10年のものもあります。
いかに楽?ということですが、利息ばかりを払っている。そんな感じです。
総返済額以上借りれた、まとめローンで楽々というのは大した金額がない方用です。
または、返済負担を増やしてでも、早く完済した方のためのものです。

甘い審査の中小消費者金融で、とにかく毎月の負担がへるからと、返済期間の長いまとめローンの強い勧めがあるときには、要注意です。あなたの返済、大変な事になってしまうかも?

中小消費者金融での総量規制以上はご注意を

口コミ情報で総量規制でも借りれたのは、銀行カードローン、まとめローンなどです。
違法業者からのキャッシングは別です。

大手消費者金融や中小消費者金融などで、正規金融業者の場合、総量規制以上のフリーローンは存在しないです。もし、甘い審査の中小消費者金融で、担当者がここだけの話しで契約をしたのなら、口コミはしないほうが良いです。ただ、どう見ても怪しい場合のみ、闇金疑いの中小消費者金融としてご紹介下さい。

総量規制以上はどうして借りられない?

貸金業法での法律だからが大前提ですが、貸金業者としては返済リスクが高い契約はしたくないというのが本音です。要するに、法律で総量規制は決めました。

どう見ても、借りすぎでしょう?という申し込み者に対して、総量規制範囲以上ですから審査落ちです。と、言いやすいのです。信用情報も金融事故があり、これ以上借りられない返済ができない人払いのためには、便利なものです。消費者金融としても、総量規制によって客を選別することが可能なのです。

総量規制の範囲は元金であり、返済にはそれに金利がかかります。
15%超の金利では、思った以上に返済額が大きくなります。ですから、総量規制は金融業者にとっては、完済できるとされる目安としなくてはならないものになったのです。

総量規制例外とされるまとめローン

大手消費者金融などでは、厳しい審査です。
しかし、これも返済能力が高い方では、借りられることが多いです。

例外的ですが、審査が厳しいのですが、他社多重債務の分の借入で金融事故もなく、定期的な収入と繰り上げ返済希望であれば、金融業者としても上客扱いです。この対応は銀行カードローンも同じで、総量規制対象外の審査通過はよほどの信用の高さです。ただし、中小消費者金融は別です。

大手消費者金融と、中小消費者金融の総量規制対象外の商品の扱いが大きく違うのは、信用情報の金融事故の有無です。中小消費者金融は、金融ブラックで事故があってもキャッシングができます。

しかし、大手消費者金融などでは、金融事故がないのはもちろんですが、フリーローンよりも審査が一段と厳しくなっていきます。ですから、大手消費者金融でのまとめローンは選ばれし方のものですが、中小消費者金融は違うのです。

総量規制でも借りれたと喜ぶ前に中小消費者金融でのまとめローンでは、同時に債務整理も検討するように言われています。これは、多重債務解消が完済ではなく、債務整理で返済を軽くすることが目的です。
不本意かも知れないのですが、中小消費者金融でのフリーローン審査落ちでまとめローンなら、債務整理の方が妥当です。甘い返済額の負担が、小さくなるの言葉には惑わされないように。

本当の負担減は債務整理ですから。
中小消費者金融での総量規制以上のキャッシングは、注意が必要です。