自社審査でも延滞にはとても厳しい そこで提案が

金融トラブルは、個人信用情報機関に記録されます。よくあるのが延滞です。
たまたま返済期日を守らなかっただけではなく、返済できない状態になってしまうのです。
定期的な延滞は、審査の甘い自社審査でも審査通過が難しくなってしまう事故情報です。

独自融資の中小消費者金融でも延滞は敬遠

審査が甘いということは、自己破産などの債務整理をしてしまった、多重債務者であったという過去の情報ではなく、現在の返済能力の高さを重要視します。

延滞していた事実に関しては、今延滞してしまうのではないか?という疑心暗鬼が起こります。
それを払拭するためには、完済実績を作って信用を得るしかないのです。

そこで、延滞記録も個人信用情報機関から消える過去のものであれば、審査対象にならない可能性が高いです。ですから、現在借入額があり、もっとお金が必要。だけど、少し前に延滞を続けてしまった場合は、自社審査でもキャッシングができないことが多いです。ここは、債務整理です。

自社審査なのに債務整理?

延滞をしていない状態での申込が理想です。しかし、現在は返済ができない、少し前の延滞記録が信用情報に残っていたのでは、キャッシング申し込みをしても借りれないでしょう。

自社審査のメリットとして、債務整理数年後のキャッシングができることです。ですから、債務整理をして返済額を小さくして、任意整理なら完済、自己破産なら数年待てば、延滞記録も過去のものになり、自社審査で債務整理後のキャッシングとして申込ができます。

数年間の長いスパンが必要なキャッシング計画ですが、延滞はそれほど重いブラックなのです。

金融業者側の事情

自社審査でも信用がゼロの方への融資はできないです。
街金業者も延滞していた方の独自融資をするほど人の良いところはないでしょう。
ですが、債務整理をした方に関しては、法律に則って借金整理した方です。

法的には問題のないことであり、少なくとも返済が少なくなっていることでの安心感は大きいです。
街金カードローンができるところもでてきて、自社審査のキャッシングも手軽にできるようになりました。
ここは、延滞していた過去を反省し、債務整理をしてからの自社審査キャッシングをおすすめします。

多重債務者は債務整理は一応検討

多重債務者でも返済ができる方は問題ないのですが、返済が危ないと思ったときが危険信号です。
そのまま延滞してしまったのでは、信用情報に傷がつきます。
自社審査でなんとか滑り込みといっても返済は続きます。

債務整理はどうしても回避したい方は、まとめローンの方法もあります。
返済期間が長い分、少なくとも延滞は避けることができる場合もありますが、自社審査でも要求されるのは高い収入です。それが叶うのであれば、まとめローンも検討してみて下さい。