独自審査の消費者金融でも審査落ちはある

銀行カードローンや大手消費者金融の審査に通らない、借りられない方が借りれる街金などは、独自審査です。個人信用情報機関で金融事故があったとしても、最低返済額ができるのならOK、その程度のブラックならキャッシングができると、審査基準が大幅に甘くなっています。
そのかわり、大手消費者金融より金利は高いです。

審査は甘いが、金利は高い

独自審査の特徴ですが、高い金利と言っても、利息制限法20%を超えることは絶対にないです。
大手消費者金融との違いは、数%です。

融資金額は10万円以下が多いですが、これは総量規制の関係もあります。
大手消費者金融での総量規制で、年収3分の一以上は借りれないと言います。
それは、独自審査でも同じです。

利息制限法と総量規制は、消費者金融全体の審査基準です。
最初から決められた総量規制範囲内での甘い審査が独自審査です。
高い金利で、返済ができることが前提での審査になります。

信用情報はどうでも良いの?

それはないです。アローでは4社以上の多重債務者も借りれたと言いますが、たいていは無理です。
大手消費者金融では2社の多重債務で、総量規制が余っていても審査落ちです。また、債務整理者も5年以上のブランクが必要ですが、独自審査ではこのような方たちが借りれるとイメージして下さい。

個人信用情報機関の金融事故も限度があります。
許容範囲があって、あまりにも金融事故が大きい場合は、独自審査でも審査落ちになります。

絶対に借りれない金融事故

それは延滞です。そして、申込みで無職で収入がないと審査落ちです。
ですから、専業主婦は独自審査でブラックでの申し込みは無理でしょう。

延滞は返せない事を証明しているものですし、収入なしはどうやって返済ができるかが不明です。
要するに、個人信用情報で返済ができないのに貸して下さいとの申込みですから、返済額云々の前に、独自審査でも審査落ちは当然の対応になります。

どんな独自審査の消費者金融がありますか?

大手消費者金融ほどネームバリューがないですから、
独自審査の消費者金融に関しては、必ずリサーチは絶対です。

主な独自審査の消費者金融や街金と言えば、アロー、セントラル、フクホー、フタバ、ライフティ、ユニーファイナンス、スカイオフィス等です。全国対応でインターネット申込みができますが、地域密着型の街金などでは、その地域だけで来店が受付しているところも全国に存在しています。

中でも、カードローン会社ではライフティとセントラルです。
その他は銀行振込キャッシングになることがほとんどです。