ブラックリストにも対応する審査の甘い消費者金融


お金を借りる時に、金融機関に申込をすると必ず審査があります。この審査は、ネームバリューのある金融会社ほど厳しく、あまり名前の知られていないところほど甘くなっている傾向があります。

そして、銀行系の借入は一般的に厳しいのが現状です。インターネットで申込ができる、三菱東京UFJ銀行、オリックス銀行、三井住友銀行などでもカードローンはありますが、魅力的な低金利と限度額は良いのですが、なかなか審査が通らないようです。

ネームバリューがあるといえば消費者金融ですが、ほぼ毎日CMも行っていますから、たくさんの金融会社を知っている方が多いです。さらに、審査ですが、銀行カードローンよりは甘いのです。

CMで行っている消費者金融や銀行カードローンは大手と呼ばれるところであり、審査基準は高いです。それでも、今まで金融事故がない、借りすぎていないなど、借金生活を真面目に行っている方は、審査に通る可能性は高いです。

審査の甘い金融機関を探している方のほとんどが金融事故経験者であり、現在多重債務の方です。そうした方の場合、消費者金融大手や銀行での融資は難しいです。ですので、本来大手での借入をしたいところですが、それができない方にとっては、審査の甘い消費者金融の存在は貴重です。

金融事故といえば、任意整理や自己破などの債務整理経験者です。債務整理後は、個人信用情報機関の記録が残り、5~7年間程度は融資対象からも、審査対象からも外れると言われています。ブラックリストです。

もちろんそれを承知で持っている借金をキレイにするのですが、それにより毎月余裕が出る方もいます。また、借入をしても返済ができるんじゃないか?ということですが、債務整理をしたペナルティとしては、借りられないことになっています。

ところが、審査が甘い消費者金融では、そのような方も対象としているのです。返済の余裕があればお貸ししますということで、債務整理後のブラックリストの方でも収入がある方のみ借入ができます。同じように多重債務者も対象になります。

返済ができるかどうか、借りる前は大きなこと言ったとしても実際にできなければ、一大事になりますから、慎重に審査することになります。申込者としても、多重債務の身である場合では、審査の甘い消費者金融か債務整理なのかを天秤にかけることになります。

審査の甘い消費者金融で借りれたとしても


どこの消費者金融カードローンでも審査に通らないのであれば、諦めることも肝心です。今の自分には、どこの金融会社も貸してくれないんだと認識をして、その原因を考えてみましょう。

一般的に審査に落ちると言えば、

  • 現在多重債務者
  • 延滞を滞納をしている
  • 債務整理などをしてあまり年数が経っていない
  • 総量規制の限度額いっぱいの借入がある
  • などです。

    正直いって、これ以外の原因は思いつかないと言っても良いでしょう。ですから、自分で心当たりのあるものを解決していくことが必要です。

    審査に落ちるような人がお金を借りる事は、結局借りすぎてしまって返済が追いつかないから、多重債務にもなり延滞をしてしまうことになります。何処かで、借金スパイラルを断ち切らなくてはならないのですが、返済以外に生活にはお金がかかります。

    消費者金融系カードローンでは、現在最高18%程度の利息を付けています。10万円を借りたとしても、10万円以上の返済をしなくてはならないのですが、これが多重債務になると、利息だけでも大変な事態になってしまいます。そして、お金を借りれるのは一時的なもので、継続的に借りては破滅をしてしまうのですが、審査に通らない方のほとんどが、何年も継続した借金生活をしています。

    審査の甘い消費者金融は存在しています。ここでは、審査落ちをしてしまった方の内情を見て、ここで貸したとして返済ができる人にだけ融資を行います。この時に審査は甘いですが、必ず返済の確約が取れないと貸してくれませんから、簡単に借りられるわけではありません。

    ただ、審査をしてくれて、例えば数万円でも借りられたら、という方に対しての融資です。多分、安定した収入がある方は審査にも通る事は考えられます。しかし、それが自分にとって大きな負担となってしまったり、やがて返済ができなくなってしまう予想をした場合は、ここで借りない判断をして、債務整理をすることをオススメします。

    大手消費者金融や銀行カードローンの審査に落ちた。では、審査の甘い消費者金融で借りる。これは簡単なことです、審査も通ることでしょう。

    では、返済ができなくなったら?早かれ遅かれ債務整理をする結果になるのなら、少額の時の対処が適切です。審査甘いのは、無理をしてもらって返済をしなけれはならないという事と同じです。思い切った債務整理が必要となります。

    年収の高さとしつこい電話 中小消費者金融のよいところ


    消費者金融には審査が甘いところがあるんだって?消費者金融の審査は、金融会社の利益になるか損になるかの選択の一つです。この人に貸したら得をする、こっちの人は損をするという判定です。

    その基準が、三菱東京UFJ銀行などの銀行カードローンではより厳しく、大手消費者金融系カードローン、銀行系消費者金融カードローンでも、独自の審査が存在しています、銀行では、総量規制対象外で、多額の借入を提供していますが、審査は特別厳しいもので、多重債務で姉だけでも落とされることが多いです。

    そして、銀行は年収の高さがポイントです。多少の多重債務でも、1000万円超の年収の方には、何かと優遇されるようです。最も、この方が何千万もの多重債務であれば別ですが。消費者金融でもそれは同じことですが、一部上場企業や医師などの高収入の方は、審査なども多少は甘くなるようです。

    総量規制は、年収の3分の一という規定があることから、当然のことです。収入が高い方がキャッシングを利用したしても返済の回収率は高く、成約率も高いのです。銀行系カードローンが成功すると言うのは、それだけステイタスがあると言っても良いでしょう。

    こうした高飛車な銀行や客を選ぶ大手消費者金融の他に、貸金業を行っている中小消費者金融も存在しています。ここでは、銀行などで審査落ちした方も貸付対象としています。年収は高いほど良いのですが、ポイントは返済能力です。消費者金融ですから総量規制は存在して、希望金額をきちんと返済できるだけの収入と気持があるかを確認します。

    気持ち?と言うのは、大手消費者金融などにはない審査で、電話で何度も確認をします。しつこいほど質問をされたり、家庭環境・生活状況を聞かれるそうです。そこまでしないと、返済の判断ができないというのですが、親身になっていると言えば、聞こえは良いのですが、相手を信用するにはそこまでしなくてはならないというのも本音です。

    本当なら、融資対象にもならない方がとにかく貸してほしいと来ているのだから、話は聞かせてほしいということです。ですから、審査の甘い中小消費者金融では、かなりしつこい電話と審査に長い時間をかけることが多いのです。

    信用情報はあてにならない、これからの返済に向けての建設的な審査ですから、真摯に受け止めることが必要なのです。

    審査が甘い中小消費者金融の落とし穴


    審査の甘い中小消費者金融と大手消費者金融は、同じ金融会社ですが審査の過程が少し違います。審査があることは同じですが、基準が違いすぎます。大手消費者金融では、個人信用情報機関の記録と自己申告の内容をスコアリングで数字化していきます。そこで、基準となる数字で、審査の可否が決まります。

    ところが、中小消費者金融では、このスコアリングではなく、人間の目で内容を確認します。審査が甘いということで、大手消費者金融で審査落ちの多重債務者や債務整理後の方も、多少になりますが、スコアリングでは確認することができない返済能力に注目します。

    申告された収入だけでわからない場合は、電話で確認をしたり家庭環境なども聞き、返済はここからいくら出すことができるとわかったら融資対象になります。こんな細かな審査があるのですから、審査が甘いと言っても複雑ですし、時間もかかります。

    個人信用情報機関の情報を無視した審査という点だけでも、マイナススタートになるのですが、審査が甘い消費者金融に申込をするときには、自身でも返済ができるかを確認することが大切です。

    今はお金を借りたい事は重要ですが、消費者金融に借りる事は、返済が大変です。返済の利息は大手消費者金融よりも高く、負担は増大します。お金がほしいときには、返済の事はあまり考えないことも多いですが。審査落ち後の中小消費者金融の借入には慎重になることが大切です。

    もちろん審査の過程で、返済計画などを立て、目処がつかなければ審査は通りません。そして、もし通ったとして、他社借入の返済も同時にしていくのは至難の業です。余談ですが、審査の甘い消費者金融の取立は激しいようです。法律に違反する行為はありませんが、返済できないという事は言わないのがルールです。

    最初からブラック対応なのですが、最大の配慮をしてきっちり返済することが必要なのです。多少無理をして、審査の甘い中小消費者金融で借入をした方が、返済が難しくなった時、より大変になったと言います。

    最初から債務整理の選択をしておけば良かったという声もあります。多重債務などの場合、現在の返済でも大変なのに、新たに返済が増えることで、ますます苦しくなってしまう場合もあります。審査の甘い中小消費者金融の利用者では、比較的早くに債務整理をしてしまう方もいるようです。

    審査が甘いから借りる、その影響は?


    審査の甘い中小消費者金融は、大手消費者金融や銀行カードローンよりも金利が高めです。審査時間が短い大手消費者金融では、即日融資が売り物ですが、中小消費者金融では長い審査時間を要します。

    ただし、大手消費者金融でもOKの方の場合、中小消費者金融でも即日審査が受けられます。良く中小消費者金融の審査時間が長いと言われるのは、その方の信用情報の内容と比例します。銀行系消費者金融を含む大手消費者金融の審査は、コンピューターで簡単に行うことができます。

    ですが、中小消費者金融では人の目で確認をします。内容を精査し、返済能力があれば審査が通ります。中小消費者金融での融資の成約率はとても高いです。消費者金融大手で審査に落ちた方でも、返済能力があれば中小消費者金融で受け入れることが多いです。要は返済してくれたら良いのですから、その審査には時間をかけます。

    審査が甘いということは、どんな人でも借りられると言うよりは、どんな人でも審査をしてもらえると思ったほうが良いでしょう。審査に通る成約率は高いものの、それが申込者の返済に大きな影響がある場合も。だからこそ大手消費者金融などで審査に落ちることで、「戒め」になる事も考えられます。

    中小消費者金融で扱うまとめローンなども注目されています。大手消費者金融などの多重債務者を完済した上で、まとめローンを組みます。

    この場合、金利差がないことで、まとめローンそのもののメリットは少ないですが、1つのローンになること、多重債務解消でブラックリストからも外れることになります。それだけではなく、月々の返済負担がとても小さくなり余裕ができます。

    ただし、多重債務額が大きいと、何年間も返済をしなければならないのです。総返済額は大きくなってしまうことから、手放しでは喜べないのが、中小消費者金融のまとめローンです。

    大手消費者金融の審査に落ちた方で、他社借入が多い場合は、債務整理を勧められることが多いですが、中小消費者金融の融資と債務整理。どちらが自分にとって必要なものかを選択することになります。

    借りられるのは確かですが、そのことで生活がどのように変わるかなどを自分で考えて結論を出すことが必要になります。簡単に借りられるからと借り急ぐのは要注意です。