困った時はどこが貸してくれる?


困った時の銀行頼みとよくいいますが、お金を借りるとなると、やはり銀行が一番頼りになるものでしょう。しかし、銀行カードローンなどは、誰でも借りることができるものではありません。ある程度の属性の高さが必要になるのです。

それでは、どの程度の属性の高さが必要になるのかというと、最低条件として安定した収入のある人ということになります。これは、金融機関でも貸金業者でも同じように、お金を貸す上で条件として挙げていることです。

それでもそれぞれによって解釈が違ってくるのです。銀行の場合でしたらこれが安定した収入、イコール正社員ということになります。これは当然のことで、働かなくてもというと語弊がありますが、ある程度の休業補償もあるので毎月一定した給料がもらえるのです。

ですから、銀行からしたら正社員は返済能力が高いとなるのです。なので、属性というのは信用度あるいは返済能力と考えるとわかりやすいでしょう。

同じ正社員でも、勤続年数が長いほどさらに属性は高くなります。反対にパートアルバイトの人でしたら、銀行から見るとこれは安定した収入の職業とはいえないので、銀行カードローンの審査に落ちてしまうということになるのです。

また、正社員でも属性が低くなることがあります。それは他社借入れが多い場合です。2件程度の他社借入れであればいいのですが、3社以上となると銀行から多重債務者と見られることがあります。

多重債務は、金融機関でも貸金業者でも印象は良くはありません。特に、返済のために多重債務に陥っている人は、返済能力が著しく低いと考えられます。銀行カードローンの審査に通ることはないでしょう。ですから、借入れがたくさんある人で、すぐにでもキャッシングしたいというのでしたら、銀行カードローンの審査にパスすることは難しいと考えたほうがいいと思います。

銀行にもおまとめローンなどの金融商品があるのですが、他社借入れがせいぜい2件程度ということになりそうです。3社からの借入れもギリギリOKというところもありそうですが、審査基準はかなり厳しくなることでしょう。

消費者金融会社で借りる


銀行でキャッシングローンが利用できないとなると、次に頼るのは消費者金融会社です。中高年者の人にとって、消費者金融会社は昔のサラ金のイメージがあることだと思います。

若い人でも銀行で借りるというのと、消費者金融会社からお金を借りるというのでは、かなり世間体が違ってくることでしょう。それでも、銀行からお金を借りることができないということになると、後は消費者金融会社しかありません。

消費者金融会社も、昔のサラ金と呼ばれていた頃とは違っています。利息制限法などで上限金利も確定して、悪評の高いグレーゾーン金利もなくなりました。特に、大手消費者金融会社のほとんどは、メガバンクやネット銀行などの傘下に入っているので、昔のサラ金のイメージは払拭されていると考えていいでしょう。

それでも、消費者金融会社であることには変わりません。銀行か消費者金融会社のどちらかということになると、ほとんどの人が銀行からお金を借りたいと思うのです。

消費者金融会社には、アコムやプロミス、アイフルといった大手消費者金融会社だけではありません。その下に、中小消費者金融会社がありますし、さらに街金と呼ばれる小規模な消費者金融会社もあります。

イメージ的には、昔のサラ金のイメージを色濃く残しているのが、中堅消費者金融業者や街金ということになるでしょう。それでも前述しているように、上限金利が確定しているので、それを超えての融資はできません。上限金利以上の貸し出しを行っているところは、闇金と呼ばれる非合法の貸金業者ですから、気をつけたいところですね。

大手消費者金融会社でしたら、消費者金融会社全体の中でも金利は低めです。ですから、その分審査基準は消費者金融会社の中では、高めとなります。ということは、審査に通らない人も出てくるというわけです。銀行ほどではないですが、多重債務者や安定した収入ではない人に対して、大手消費者金融会社は融資をしないという場合もあるのです。

それでは、大手消費者金融会社で借りることができない人は、どうしたらいいのかというと、消費者金融アローなど、中堅消費者金融会社のローンに頼ることになるのです。いずれにしても、困ったときの銀行ならぬ、困った時の消費者金融アローということになりますね。

審査はどうなっているの?


カードローンなどの融資の申し込みをする際には、申し込みを受けた銀行などの金融機関、さらには消費者金融会社などの貸金業者は、申し込み者に返済能力があるのかをチェックするために、審査をすることになります。

ここで属性の高い低いが問題になってくるのですが、その人の信用度を調査するために、その人がこれまでに借入れした借金に対して、さらには現在進行形の借金に対しての利用状況や返済状況、加えて与信情報などをチェックしなければいけません。

そのためには、銀行や消費者金融会社の独自審査ではなく、そういった情報を一括して管理している信用情報機関に照会するのです。それによって、他社借入れの状況や延滞や、滞納履歴などがないかがわかるのです。

信用情報機関に照会した情報によって、返済能力に難有りと判断されると、銀行や消費者金融会社としては申し込み者に対して、審査落ちの通知を行うのです。銀行や消費者金融会社の多くは、信用情報機関に加盟しているので、ローンの申し込みがあれば、すぐに信用情報機関に照会を行います。その情報から、審査に通るか通らないかが決まるのです。

審査落ちや審査合格を判断するのは、あくまでも銀行や消費者金融会社です。信用情報機関は、あくまでも情報を開示するのみとなっているので、申し込み者の審査の合否に介入することはありません。

ローン申し込み者が、他の借入れで滞納や延滞履歴があれば、それもすぐにわかります。延滞しても、返済していれば問題ないのでは?という意見も多いのです。しかし、期日までに返済するということを、破っているわけですから、それは仮にうっかりミスであっても理由如何に関係なく、信用情報に延滞歴ありなどといった情報が記録されます。

この情報を得た銀行や消費者金融会社では、返済能力に不安ありということで、新たな融資の申し込みに対して積極的に対応してくれないでしょう。つまりは、審査落ちということになるのです。また、返済不能になった場合も信用情報機関に記録されます。いわゆる、ブラック状態の人ということになります。

このような人は、すぐにでも審査に落ちます。即落ちというものですが、信用情報機関に加盟している銀行は、消費者金融会社がブラックとして登録されていて、債務整理中あるいは自己破産している人に対して、融資を行う事はないと考えていいでしょう。

特に、これは法律で決められているわけではありませんが、社会的制裁と考えるとわかりやすいのではないでしょうか。自己破産は、特に借金を帳消ししてもらう制度ですから、貸金業者にしても銀行にしても、貸し倒れといった損失はかなり大きなものです。

債務整理でも、債務者が返済しやすいように話し合いをする場ですから、返済金利を低くしたりある程度の借金の棒引きもあるので、それについても債権者は大きな不利益を被ることになるのです。

独自審査を行っている貸金業者


信用情報機関に照会することなく、独自で審査を行っている貸金業者があります。銀行でしたら、銀行専門の信用情報機関があります。銀行なら、漏れなく信用情報機関に加盟しています。

一方の消費者金融会社でしたら、大手はもちろん信用情報機関に加盟しています。中小消費者金融会社の一部や街金業者などは、信用情報機関に加盟していない貸金業者も多いのです。

それではどうなるかというと独自審査ですから、過去の貸し借りの履歴というものを照会することはできません。そうなると、現在の属性のみで審査をするしかなくなるのです。言うなれば、過去については不問ということですから、貸す側にとっても大きなリスクがあると言えます。そのため、金利は上限金利一杯の20%の金利で貸し出すことが一般的です。

また、独自審査ですので、審査時間も短縮できます。急いでお金が欲しいという人には、即日融資で対応してくれるのも大きなメリットと言えるでしょう。ですから、ブラック状態で債務整理中の人、あるいは自己破産をしている人でも、信用情報機関に加盟してなくて、独自審査を行っている貸金業者でしたら、お金を借りることができるかもしれません。実際に、金融事故者といったブラックの人でも、お金を借りることができた人もいるのです。

独自審査を行っている貸金業者は、中小消費者金融会社の一部や街金融が多いです。申込者は収入証明書とハンコ、さらには免許証などの身分証明書を忘れずに持っていきましょう。

独自審査だったら誰でも借りることができる?


独自審査を行う貸金業者は、街金などの小規模な消費者金融会社が多いのです。融資額は少額になることに注意したほうがいいでしょう。100万円を借りようと思えば、難しいかも知れません。一般的には、10万円程度の借入れとなるようです。

独自審査ですので、過去の履歴というものは不問となります。ですから、ブラック状態の人でも融資を受けることができるかもしれません。もっとも、現在の属性によるので、安定した収入が条件となります。パートアルバイトでも大丈夫なところが多いので、収入証明書を忘れないようにしましょう。

また、電話での在籍確認は必ず行います。在籍確認がクリアできたら、融資をしてもらえる可能性が高まります。そして、独自審査ということは、信用情報機関に加盟していない貸金業者ということになります。これは、街金などに電話して聞くこともできます。審査内容について独自審査を行っているのかどうかを、聞き出せばいいのです。

あるいは、口コミサイトなどで、ブラックでも借りることができたという街金でしたら、独自審査をしているのは間違いないです。その街金に融資の申し込みをしたらいいでしょう。即日融資にも対応していますし、対面での申し込みであれば即審査で即日融資をしてくれるでしょう。