キャッシングの問題になるのは審査の存在

お金を借りれる業者は、一般には消費者金融のカードローンとして紹介されることが多いでしょう。

ネームバリューがある大手消費者金融では、簡単に申し込みが可能です。それだけではなく、銀行もクレジットカードもキャッシングの機会があります。いずれもカードローンの形になりますし、審査をすることで、お金が借りることが可能です。

審査の存在

あまり気にならない人も多いといいます。それは、普通に借入ができる信用情報だったり、申し込み対象になる20歳以上で安定収入がある部分でクリアすることができると思っているからです。たいていアルバイトやパートの低い収入でも借りれる機会がありますし、正社員にこだわることがないからです。

消費者金融では、学生でもキャッシングが出来ます。カードローンの借入情報サイトでは、様々な情報の中で、唯一金融事故情報がないことが、最低の審査基準であると言われています。その金融事故情報がないと自負があることで、すぐに借りれると軽く思っていることが多いでしょう。

金融事故情報とは?

その種類はいろいろ存在していますが、本当はその金融業者が決める審査基準が決定します。簡単に借りれる、収入さえあれば審査はクリアできるのではなく、金融事故情報の有無は個人信用情報の内容で判断されます。

そこで、大手消費者金融カードローンでは、借りれると思ったけれど、審査に通らない。それはどうして?と思う方もいます。大手消費者金融の審査基準では、借入情報サイトにも詳しいですが、全てが公開されているわけではありません。20歳以上で安定収入とされる公務員などでも、今回は審査に通らないという結果になることもあります。

大手消費者金融だけではない

審査基準に関しては、消費者金融では大手が厳しいとされています。それは、上記の金融事故情報があるだけで審査落ちになってしまうことが口コミで報告されています。その金融事故情報があるとしても借入ができるとされるのが、中小消費者金融です。

この金融業者では、借入情報サイトでは、金融事故情報がある方の審査通過の報告をもって、借りれると断言されることがあります。中小消費者金融では、それぞれ独自審査を持っているので、大手消費者金融ではNGでも借りれる機会を設けています。それが、甘い審査とか、独自審査という表現になります。

審査内容の公開はありませんが、一応は大手消費者金融で借りれない人でも審査に通る可能性がゼロではないという言い方が多いです。金融事故情報があるとしても、試しに申し込みしてみたらと言うのが、大方の情報です。

それぞれの独自審査では、返済能力があれば借りれるとの確信はありますが、審査次第の話しであり、絶対に借りれる保証は100%ではありませんが。

独自審査とは?

我社は独自審査です。ホームページにある中小消費者金融の言葉ですが、巷では独自審査と書いてあることで、甘い審査基準であることを意味していると理解されています。

中小消費者金融の存在

中小消費者金融は、独自審査だと情報が多いです。それは、金融事故でも借りれることが口コミで言われるからです。金融事故の内容では、別名ブラックリストと言いますが、それがブラック対応の中小消費者金融になり、独自審査ではブラックリストでも借りれるとなります。

金融事故とブラックリスト

俗語に近いのですが、個人信用情報で異動情報がある場合を指すと言います。異動情報が金融事故の証拠ですが、データ上で返済が出来ていない、多く借入をしているなどの借金の状況が思わしくないときに、こうした記録が付きます。

例えば、債務整理をした場合は、キャッシング契約が不履行に終わった場合。遅滞が続いているし、延滞している。債務が多いのに、まだキャッシング申し込みをたくさんしている場合などです。

このことは、審査上では、返済がとてもできそうな人ではないのに、まだしつこく申し込みをしてする。他の借金の返済ができていないのに新規の申し込みをしている。こうした行動が異動情報として個人信用情報機関に記録され、審査で目にすることで審査に通らないということです。

独自審査では

この異動情報の内容で、この程度ならOKという範囲があります。それが、中小消費者金融ではそれぞれの独自審査の範囲が決まっているので、借りれる場合、借りれる人などが限定されます。

大手消費者金融では、この異動情報がどんな些細なものであっても審査落ちです。また、中小消費者金融の多くの独自審査でも返済していない異動情報では、審査に通らないのが現状です。

必ずみられる信用情報

この審査では、どんな場合でも個人信用情報機関を確認します。異動情報の内容で借りれるかが決定的になります。

独自審査では、異動情報ありの金融ブラックと言われていますが、返済能力があるブラックリストなら借りれるというのが定説です。返済ができるというのは、異動情報で遅滞や延滞がないことが必要です。その他の異動情報では、本人からの話しも加味しつつ独自審査が続くことになります。

銀行カードローン、クレジットカードのキャッシング

こちらは、消費者金融以上に異動情報は敏感です。もともとキャッシングが専門ではない商品であるため、それぞれの金融機関の審査のあてとに保証会社が出てきます。二重の審査体制では、大手消費者金融以上の厳しい審査があります。ある意味では、厳しい独自審査と言えます。

独自審査のブラックOKの意味

独自審査の消費者金融の紹介のされ方は、ブラック対応、ブラックOKになります。詳細な説明は不要であり、ブラックリストでも借りれるだろうという内容です。カードローンの審査落ちでもキャッシングができますというのが独自審査の内容です。

審査は存在していることは気をつけて

ブラックOKとある場合、誤解されてしまうのは、ブラックリストでも普通に借りれると思い込んでしまうことです。表現としてはオーバーと誤解されるのですが、あくまでも独自審査で受付をしますという表現です。

これは、ブラックOKも申し込みができる程度と考えて下さい。ブラックリストでも借りれる可能性がある、この独自審査では、過去にブラックリストでもキャッシングができた人がいるというのが本当のブラックOKです。

どんなブラックリストが借りれる?

大手消費者金融審査落ちになった場合、まだ借りたとしても毎月少しの金額なら返済ができる人がいます。大手も独自審査の消費者金融も限度額が同じ総量規制です。それぞれ申込者の年収3分の一が範囲でこれは共通している審査のはずです。借りれる問題としては、多重債務者であり独自審査では、大手消費者金融より多い借入件数を認めています。

独自審査では4社程度が許容範囲であり、すでに3社の多重債務者の審査通過が見込むことができます。それが独自審査のポイントです。独自審査ではこうした大手消費者金融の違いがあることで、総量規制範囲内であるのなら、4社の多重債務が可能になります。独自審査では、この例が最も借りやすい状況だと言います。

ブラックの意味

多重債務が4件までというのは、個人信用情報上では異動情報もありません。まだ総量規制に余裕がある。それだけで独自審査でスイスイと借りれることが多いといいます。

たまたま3社の多重債務で、4社目として独自審査の消費者金融で借りれたとします。総量規制も余っていて、今回借りたのが数万円。返済能力があるのは、安定収入だからです。

どうしても数万円が必要だった、大手消費者金融ではダメだから。この大手ではダメだからという点で、ブラックリストと称することになります。と同時に、債務整理した後のキャッシングをしたい場合でも、ブラックリストになります。

ブラックの幅が広いことで、独自審査でも借りれる場合と借りれない場合があります。基本として、異動情報がある金融事故者でも返済ができるとか、総量規制範囲内であることが基本です。

実際に申し込みしないとわからない

審査では、どのような判断をするのかがわからないです。

ブラックOKの意味としては、申し込みができて、うまく行けば借りれるとの内容です。たいてい大手消費者金融などで審査落ちした後に申し込みをすると思われるのですが、絶対に借りれると思い込みはしないほうが良いでしょう。中には、独自審査でも審査落ちしてしまう場合もあります。

独自審査は必ず借りれるわけではない

個人信用情報機関の異動情報がある方は、金融事故者になります。わかりやすい言い方ではブラックリストです。債務整理者だけではなく、借入情報サイトでは大手消費者金融や銀行カードローンの審査に通らない方を指すことが多いです。

ブラックリストのキャッシング

大手消費者金融で審査落ちということは借りられない。この個人信用情報は、ときが経てば記録が更新されます。ということは、数年経てば又借りれるようになります。その期間は人によって違い、最低でも5年はかかるといいます。

人によって違うのは、金融事故の内容などが関係します。この5年というのは一般に債務整理者を指します。ブラックリストのキャッシングとしては、この期間は審査落ちが続くと言う内容です。そして、大手消費者金融でも銀行カードローンでも、クレジットカードのキャッシングでは全て審査落ちの状態です。

独自審査とブラックリスト

独自審査の消費者金融と言えば、中小消費者金融が代表的です。全国に散らばる中小消費者金融ですが、ホームページがあるところ、インターネット申し込みができるところ。地域限定でしか受付しない、全国対応などいろいろです。

そして、独自審査の内容も違います。ホームページがあり、口コミ情報が豊富なところもあれば、ホームページもなくて口コミが1つもないところもあります。ホームページなしの中小消費者金融の方が多いと言われています。独自審査の内容では、とりあえず口コミ情報で知るしかないでしょう。

独自審査の幅というのも、現在インターネット上で紹介されているのは、借入経験がある方の情報です。そこで、極甘審査とか、こんなブラックリストなら借りれるとの情報の紹介があります。

全てのブラックリストで借りれるところはなく、もしブラックリストで独自審査の消費者金融に行くのなら、ホームページがあるところで、口コミを参考にしてみて下さい。ブラックリストでも普通に借りれる場合もあります。

独自審査は絶対に借りれるは嘘

独自審査の内容としては口コミでしかわかりません。一応データとして、独自審査で借りれる審査通過率は70%程度だとされています。大手消費者金融では50%をきっていますから、借りれる人数は多くなっています。

この数字では100%になっていないので、独自審査ではどんな人でも借りれることはありません。それは、ブラックリスト対応の審査でも、その個人信用情報ではかせないとか、実は無職で申し込みをしているなどの事情があります。

返済ができないけれど貸してくれという申し込みもあるそうですが、独自審査は甘く見ない方が良いでしょう。ブラックリストでの消費者金融申し込みでは、独自審査だけど、返済能力があることが基本です。

独自審査の内容について

大手消費者金融の審査は厳しいと言われていますが、これはブラックリストにとってのことでしょう。普通の初キャッシングなどでは、1時間程度で借入ができるとか、パート主婦も借りれるなどの口コミが多いです。ただし、ブラックリストでは話しが違います。

すでに経験者

ブラックリストになっているということは、既に借入をしているキャッシング経験者が多いです。もっと借りたいので、多重債務の申し込みをしてみた。返済ができていないので、新規で借りようと思っている。たくさん債務があるけれど、少し足りないから借りたいなどです。

CMもしている大手消費者金融では、余裕のある返済ができなければならないので、多重債務や債務が多い申込者には、審査通過はさせないようです。総量規制という限度額範囲内は借りれるとありますが、この場合でも借り方と返し方も個人信用情報の内容の審査を慎重に行うことになります。

ネームバリューのあるプロミスなどでも、お申し込みは簡単と言いながら、審査はきちっと行なっています。個人信用情報機関の内容を確認してみて、やはり借りれない方はとても多いです。ここで、大手消費者金融がNGだから全てがダメということはありません。

ブラックリストになっても

ここで言うブラックリストとは、大手消費者金融や銀行カードローンの審査落ちを指します。国内にはCMはしていないけれど、貸金ができる金融機関がたくさんあります。いわゆる、独自審査の中小消費者金融とか街金と言われるところです。各種ローンも含め、訳ありとかブラックリストでも借りれるとの情報があります。

審査基準が低いだけの話しですが、大手消費者金融と同じ消費者金融です。総量規制の限度額だけは同じ審査基準になりますが、その他の個人信用情報の内容では、独自審査で判定をします。難なく借りれるとの報告もありますが、総量規制範囲内でまだ返済可能な収入がある。このような事情があることで、独自審査ででは貸しましょうとの話しになることが多いです。

大手消費者金融と大きく違う独自審査の特徴としては、どんな場合でも審査担当者と直接話しをする機会があることです。申込確認上で、個人信用情報の金融事故についての言及とこれからの返済計画を立てることができます。これも審査であり、インターネット申し込みした後でも必ず電話がきて、詳細に話しをすることになります。

このときにうまく話すというよりは、正直に現状を説明した上で、必ず返すと保証ができればも独自審査通過の運びになります。それが、なぜか独自審査では借りれるとの評判になっていますが、審査をしてみないとわからないでしょう。