消費者金融独自審査【借りれる!】街金融の自社審査さほど甘いものはない!

消費者金融の独自審査は甘い!ゆるい!!大手消費者金融で断られた方必見の自社審査!!

dokujishinsa360x120.jpg

審査基準の違い 甘いとされる消費者金融での審査の秘密

2017年05月12日 15時47分

消費者金融の審査は、それぞれ金融業者で違います。
甘いとされる中小企業のキャッシング会社でも、微妙に“甘さ”が違います。
その境界線では、信用情報の内容です。
過去に債務整理を行った金融事故者に対して、どれだけ寛大な許容範囲なのかということです。
年収と限度額の空きのバランス、過去のある延滞記録の数などで、審査の合否が決まるようです。
消費者金融業界でも、ここでダメならほかはないでしょうというところでの審査落ちはもうアウトです。

審査の甘い消費者金融の情報では、あそこは良かったけれど、落ちる人もいるよというところが良い金融業者だと思ってください。
どんな人も絶対に通るのは闇金ではしかないのです。
必ずどんな人なのかを確認する、この経営体質がない金融業者は、正規消費者金融ではないということです。
信用情報は、今までの自分の行ってきた記録です。
きちんと返済している人がきちんと評価されて、いい加減な返済をしてきた方に対しては、それなりの評価をするだけのことです。
あの消費者金融は審査が厳しいから憎らしいのではなく、自分がまともに返済をしなかったり、延滞をしてきたことが、審査落ちになってしまうのです。

中小企業のキャッシング会社では、できるだけそのあたりは甘く判断しようとしてくれていますが、まるでボロボロの信用であれば、簡単に審査を通すこと絶対にしないことでしょう。
中小企業の審査では、直接面談をして話を聞いたり、電話で長々と事情を聞いてくることが多いです。
それも長時間かけて審査と言う名の話をしてきます。
関係の内容な話をしたり、どうしてブラックリストになってしまうようなことになったとか、話かけ作戦が続きます。
回答をいい加減にしたり担当者に嘘の情報を告げるなど人間性も審査の一つだと言われています。
本当に完済につもりがある人なのか、きちんと人の話を聞いてくれる誠意のある人なのかなどを話から読み取ると言います。

ですから、同じようなブラックリストの条件の方でも、審査に通る人と通らない人がいます。
もし、最近中小消費者金融などで審査落ちをした方の中で、担当者に対して邪険な口を聞いたり、悪態をついたり、切れたという方はそれが悪かったかもしれません。
もっと早く言ってくれれば良かったのにと言うかたもいますが、本当にこんなことで審査に落ちてしまう場合もあるようです。
じゃ、今度は紳士的な態度をしよう、それで審査に通れば良いのですが。
dokujishinsa360x120.jpg